FC2ブログ
日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
宙組「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」観劇
真風くん、宙組トップおめでとう~~~~!!!
という事で真風くんのお披露目公演「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」を観てきました。あの星組の末っ子が立派になって・・・しかもキキちゃん@芹香斗亜くんを隣に侍らして・・・と星組ファンらしい?変な感動に包まれながら観てきました(笑)

「天は赤い河のほとり」は篠原千絵先生の漫画が原作。これリアルタイムで読んでいたのですが、上演するに当たって読み直したい~!と友人宅に事前に読みに行きました(笑)なのでストーリーはばっちりですよ!!!ちなみに今日の観劇はその友人と一緒ですよ、原作ファンの友人に宝塚がどう写るかもどきどき・・・・。

カイル・ムルシリ    真風 涼帆
ユーリ/鈴木夕梨   星風 まどか
ウセル・ラムセス    芹香 斗亜

ウルヒ・シャルマ     星条 海斗
ナキア皇太后      純矢 ちとせ
黒太子マッティワザ   愛月 ひかる
ザナンザ・ハットゥシリ  桜木 みなと

・・・観終わったすぐの感想としては、いや~、すごいわ、あの全28巻の超大作を良く90分に纏めたね、さすが小柳先生、感動したわ!!!って感じでしょうか。
先にインタビューかなにかで「最初と最後は原作どおりに再現し、その間を原作のエピソードを時系列関係無く当てはめていった」というのを聞いていたのですがなるほど、このエピとこのエピを繋げて、この人出ないから代わりにこの人にその役割を振って・・・・という感じに上手く適材適所に当てはめておりました。
まぁ、原作読んだ者からいうと、え?あの人死んじゃうの?逆にこの人死なないの???って人がぽろぽろ居るんですが(^^;)ウルスラ不在の為、ウルスラの役割をティトにしたのが上手いというか良かったです、ってか泣けました(>_<)

真風くんはやっぱり身長もあるしカコ良いですね~。王子の優雅な佇まいがよく似合っておりました。相手役の星風まどかちゃんは現代から来た女の子、という設定にぴったりのお転婆で快活な感じが良く出ていたかな。歌の苦手な真風くんをカバーするように歌上手なまどかちゃんと組んでいるのも良いし何より二人の身長差が良いですよvウエストサイドで既に観てはいたけど、この二人、改めて良いな~と思いました。
宙組本公演デビューおめでと~!!なキキちゃん。
いや~、足長いね(笑)花でもみりおくんの下で2番手でやってたけど、なんか微妙だったので真風くんの下で「2番手です!」って感じで色々と使われていて非常に満足ですよ。ラムセスもチャライけどエジプトの事考えてるんだよ!って軍人な所もちゃんと出ていたしで良かったです。
しかしラストのカイルとラムセスの銀橋での決闘シーン。あの狭い銀橋の上で素手で殴りあいとかしてすごかったんですが・・・原作ではカイルは鉄の剣に頼らず剣を捨て生身のままで闘うんだけど舞台では鉄の剣でラムセスの青銅の剣を折ってそれで勝負がつくって感じになっていてそれがちょっと残念。いや2人は素手で正々堂々と戦って欲しかったから(^^;)
せーこ姉さんのナキア皇太后、怖っっっ(笑)せーこさんはエリザのゾフィーとか威厳のある役やらせるとすごいね。ナキアもすごい良かった。できればもう少し歌って欲しかったな。少女時代の思い出シーンが思いのほかあって、その子が歌ってたんだけどその分もせーこさんに歌って欲しかった!
ウルヒの星条さんはこの作品で退団。貴重な専科さんが退団するのは本当に惜しいけど千秋楽まで頑張って下さい。

ラストは原作どおりカイルとユーリの結婚式で終わるんだけど、お衣装が豪華でした!!!さすがお披露目!?
来月もう1回観劇予定なので、その他の感想はまたその時に。

ショーはロマンチック・レビュー「 『シトラスの風-Sunrise-』~Special Version for 20th Anniversary~」。
宙組は今年で誕生20周年だそうで、1998年の宙組誕生時に上演されたシトラスを新しいテイストを加えて鮮やかに甦らせた・・・らしいです。でもシトラスって何度も再演されてるよね???確かカナメさんの時代にシトラスの風Ⅱをやり、私もまぁ様@朝夏まなとさんのトップ時代、2015年の10月に「メランコリックジゴロ」と一緒に「シトラスの風Ⅲ」を観てるんですが・・・。まぁ、今回はあくまで宙組誕生20周年記念レビューって事なんでしょうか。

で、観たんですが久しぶりに宝塚の王道のレビューを観たな!って感じでした(笑)まぁ、つい最近みたのが星組さんのサイトーくんのショーだったからね(^^;)
幕開きからパステルカラーのお衣装で華やか。途中、ラ・カンタータで使用されたシーンもあったりでやっぱり懐かしい!そして思いのほか感動してしまった「明日へのエナジー」。
これ、TCAや礼音さんの武道館などなど色々なシーンで歌われており、もちろん良い曲だし私も好きなのですが「感動」という点では初演の姿月さんの時ほどの感動はうけず。今回も又やるのね、又聞けるのね、程度の認識だったのですが・・・すみません、めちゃくちゃ感動致しました!!その理由の一つとして多分、あの圧倒的な人数によるパフォーマンスでしょうか。全ツや武道館の時などはどうしても人数が減っちゃうからね(^^;) でも今日は本公演なので宙組組子がほぼほぼ舞台の上で歌って踊っている。ものすごい迫力でした。終わった後の拍手もなかなか鳴り止まなく、いや~、ほんと最高でした。

男役総踊りは白のスーツでしたね。いや、真風くんとキキちゃんはちょっとキラキラ入っていた変わりスーツだったけど他の男役さんは真っ白なスーツでなんかもう、新生宙組を象徴しているようなシーンでした。
大階段を大羽根しょっと降りてくる真風くんにも感無量。
ほんと、真風くんおめでとう!これからの宙組も楽しみだv
スポンサーサイト
page top
コナン君の映画再び~
コナンの映画「ゼロの執行人」を1ヶ月振りに見てきました。
もう公開されてから1ヶ月もたつというのに、水曜レディースディのせいもあって映画館はほぼ満員!新宿の東宝シネマにお邪魔したんですが一番大きい座敷数499席のスクリーンでやってくれたのですがすごいですよ、ほぼほぼ女性で埋め尽くされておりました(笑)その中の一人として私も見てきたわけですが・・・。
ええと、安室さん大人気で巷では安室の女という言い方もされてるようですが・・・そして私も安室さん好きなんですが、この映画に関しては安室さん目当てというよりFD目当てで行った感がありますよ(笑)やっぱり大画面で見るFDは迫力あって良いのですよね~。前々回の映画「純黒の悪夢」でもしょっぱなからFDのカーチェイスが見られますが、今回の方がよりFDが活躍してくれて良いかな。
いやまぁ、最後はちょっと・・・ですけど。でもでもきっと国が直してくれるって信じてる!!!

やっぱりコナンくん、面白いなぁ。
原作では黒の組織の「あの方」の正体がわかって、そろそろ佳境に入ってきたらしいですよ。噂ではごーしょー先生が平成のうちに終わらせるつもりらしいとかどうとか・・・???とりあえずコナンくんは続いても良いから、黒の組織の決着だけは早くして欲しいと思います-。
page top
鎌倉散策
久しぶりに・・・多分10年以上ぶりにお友達3人と鎌倉に遊びに行ってきました。
ここ数年、鎌倉人気はすごいらしく土日は小町通りは歩けない!という噂まで聞いていたので今日は有休とっての散策です。友達2人も予定合わせてくれてありがたい。しかも一人は鎌倉詳しくて色々案内してくれました、あざーっす!!!

という事で10時に鎌倉駅に集合。
新宿からJR使うのが一番楽なんだけど電車賃が高いので!!!(笑)東急東横線で横浜に出てそこからJRで鎌倉へ。うん、まぁできる倹約節約はしようwww
今日は、良い天気を通り越してめっちゃ暑い!日射しが強かったです。でも木陰に入ったり風が吹くと気持が良いのでやっぱり良い季節なのでしょうね、新緑が綺麗でした。

まずは小町通りを通って鶴ヶ岡八幡宮へ。
有名な大銀杏の木は2010年に倒れてしまったのですよね、幹がなんとも痛々しいwwwでも新芽が出てるという事ですしまた何十年何百年と鎌倉を見守ってて欲しいですね。
そして太鼓橋。私が小学生で遠足に来た頃は普通に通れたと思うのですが、今は立ち入り禁止になっているのですね。

   DdxbHhwU0AIEIk0.jpg

   DdxbFSZU0AAn8do.jpg

その後は源頼朝さんのお墓に行って、お昼にしらす丼を食べて(美味しかった~≧▽≦)江ノ電に乗って長谷へ。
江ノ電に乗るとSLUM DUNKの世界を思い出しますね~~~~!!!思わずこのまま「鎌倉高校前」まで行きたくなったりして(笑)
そして有名な鎌倉の大仏様と長谷寺近くになるカンノンカフェ様の大仏クッキー(笑)写真だとあんまり厚みが解らないけど、大仏クッキー、サブレなみに厚みがあって食べ応えって美味でした。

   DdypzllV0AEb1CA.jpg      Ddyp01-UQAEfTl5.jpg

大仏様はとにかく修学旅行生が多かった!
大仏様の手前の階段の所では修学旅行生が集合写真撮ってましたよ。そういや私も小学生の時の遠足で鎌倉来て集合写真撮ったよね。多分、アルバムに貼ってある(笑)
その他にもはとバスツアーだとか、小学生とか幼稚園生とか・・・。平日でこれだったら確かに休日はえらい混雑になってそうだよね(^^;)長谷寺もそこそこ混んでましたから。
鎌倉散策して思ったのは拝観料が安い!
そりゃ、観るものが少ないからかもしれないけど、鶴岡八幡様は基本出入りは無料で宝物館入場料が200円。鎌倉の大仏様も200年、長谷寺が300円と全て500円以下。京都ならどんなお寺も500円以上はするよねぇ・・・???鎌倉すごい!とちょっと思ったりしました(笑)
最後は長谷駅から海に出て、ちょっと海と戯れてからカフェに入ってまったり。
鎌倉はしらす丼も美味しかったけど、他にも入ってみたい洋食屋さんやカフェがたくさんあってとても1回じゃ回りきれませんね。季節的に緑も多くて森林浴もできたし海見て癒やされたしで、楽しい1日でした。
page top
徒然
身内に5月生まれが居るので母と姉家族と5人で渋谷でちょっとリッチにお食事会。
渋谷は若者の街~という感じでごみごみしていて人も多くて好きではないのですが(^^;)駅からちょっと離れると良いお店が沢山あるのですよね。
今日お邪魔したお店も東急本店に入ってるイタ飯屋さんで駅から10分くらい歩くんですが、ちょっとお高い事もあって客層も高く(笑)テーブルの間隔もそこそこあってゆったり静かに食べられるのが良いです。

               Ddj8_8BVMAAYZbx.jpg

お料理もワインもみんな美味でした、おめでとう!!!
page top
花組「Senhor CRUZEIRO」観劇
今回の遠征の本命、花組水美 舞斗くん、初主演・バウ・ラテングルーヴ 『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男— (作・演出/稲葉 太地)を観劇。
バウホールは何年振りだろwwwえ~と、調べたら1992年10月のヤンさん(安寿ミラさん)主演の「フラワードラム・ソング」以来なので26年振り????(笑)確か、大劇場が建て直しするっていう「さよなら大劇場」というイベントに合わせて観に行ったんだと思うんだけど・・・もう記憶があやふや(^^;)というか、バウ公演のチケットそのものが取りにくいのでバウ公演観る事自体が2回目ですよ、貴重な体験~。

そんな貴重なバウ公演をマイティで観られる喜び。まぁ、逆を言えば東京に来てくれないからこっちまで来るしか無かった訳ですが。。。ぶっちゃけ逸材が揃いすぎている95期の中ではちょっと遅咲きなマイティ。いやいや成績良いし花には同期の柚カレーくんがいるから他の組だったら!!なのでマイティ組替えして~!!!と思ったりもするのですが95期、どの組にもスター路線が居て活躍しているので結局どこの組にいっても何も変わりそうも無いので、こうなったらこてこての花男として花組でがんばって欲しいです。柚かれーくんとの同期並びもそれはそれで見栄え良くて良いと思うので(^^)

まぁ、未来の心配は置いといてとりあえず主演です。
改めてマイティおめでとう~~~~≧▽≦ 星組公演が2時に終わって、速攻バウに移動して2時半開演、というかなりぎちぎちなスケジュールです(笑)

『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男—
作・演出/稲葉 太地

“CRUZEIRO(クルゼイロ)”とは、ポルトガル語で南十字星を指す言葉。一幕では南半球を照らす星の名を持つクルゼイロを主人公に、ダンスと歌を愛した、刹那的な男の生き様を綴るストーリー仕立てのショーを、二幕では南十字星の輝く熱帯夜をテーマにした熱いラテングルーヴをお届け致します。”
との事でマイティ、踊りまくりです。
1幕は確かにストーリーあるんですけど、役がダンサーな役なので1幕から全開で踊るマイティくんvvvなんかもう、身体能力の高さにただただ唖然(笑)
不治の病を抱え、仲間の為に誤解されるような行動をとり最後は仲間から離れ一人、死んでいく・・・というちょっと切ないストーリーなんですけどね、ええと、星を観たあとだと「このあと冥土に行くのね」と思ったり・・・いやいや、まぁそれは置いといて。私はマイティは陽性の人だと思っているのですが影ある役もこなすオールマイティ(別に洒落ではないw)な役者さんでもありますよね。陽気なラテンリズムの中の陰影ある演技が良かったです。
2幕はショーオンリー。まさしくマイティが踊って踊って踊りまくる~という感じです。
途中、真っ白なエキゾチックなドレスを着て女役なんかもやるんですけどね。うん、普通に綺麗なんですが肩や上腕の筋肉がすごくてねぇ(笑)ダンサーの鍛えた肉体!って感じでした。
途中、タンゴを踊るのですが、なんか礼音さんを思いだしたりもしてマイティ「ブエノスアイレスの風」なんかを演ったら良いんじゃ無いかな~と思いました。 

初主演という事で開演アナウンスからすごい拍手がすごくて、みんな待ってたんだな~というのがひしひしと伝わってきました。マイティも2幕はにこにこ楽しそうで客席降りなんかも沢山あって楽しかったです。私は通路から中に4つくらい入った席だったでハイタッチとかできませんでしたけど(^^;)
しかし、私、花組下級生全然知らないのね…と思った公演でもありました、も少し勉強しよう。。。

そんなんで日帰り弾丸宝塚観劇ツアーでしたが、両方とも観られて良かったです!!!

ところで帰りの新幹線の中で夕食の駅弁を食べたのですが。。。
本当はね、新大阪で売っている「たこ焼き」を買って新幹線の中で食べたかったんです!去年、スカピンの帰りはたこ焼き屋さん覗いたら列がすごくて、並んでいる時間がなくて諦めたんです。。。だから今年こそは!!と思ったら。
なんとその数ヶ月後から、東海道新幹線の中で「たこ焼き」を食べるのが禁止になってしまった!!何事~~~!
なんでも、「匂い」でJRにクレームが入ったらしい。ちょっと・・・神経質すぎませんか!そしてどなたかも書いてましたが「日本の企業はクレームに弱すぎる」とあって本当にそれだな~と思いました。クレームってどれだけ入ったのかしら。。。この調子じゃいずれ新幹線内で飲食禁止、お酒ももちろん禁止!とかになるんじゃないかしら。。。
そんなんで、しょうがないから日清のチキ弁と、くやしいから「たこむす」というおにぎりの上にたこ焼きが乗ってるお弁当を買って帰りました。(ってか、たこむすは良いんだ・・・)
まぁ、そんなこんなありましたが楽しかったです(笑)
page top
星組「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge」観劇
1年ぶり(スカピン以来)の宝塚大劇場に遠征。まさかこんなに早く再び大劇場に来る事になるとはwww(笑)
もともとは花組のマイティこと水美舞斗くんがバウ初主演に決まり、これは是非観たい!と思いつつ東上しないので観るなら宝塚遠征しかなくどうしよう・・・と思っていたら友人がチケット取って下さったのでこれはもう行くしかない!!と唐突に決めた宝塚遠征。ふと調べたら、この時期星組もやってるじゃないですか!!時間調べたらはしごもできそうvvvという事で速攻星組のチケットも取って朝6時40分東京発の新幹線に乗り大劇場にやって参りました≧▽≦

まずは星組公演RAKUGO MUSICAL 「ANOTHER WORLD」(作・演出/谷 正純)とタカラヅカ・ワンダーステージ 「Killer Rouge(キラー ルージュ)」(作・演出/齋藤 吉正)。

お芝居の「ANOTHER WORLD」は最初に谷先生、と聞いた時点で期待も何もなく・・・「また大量虐殺か・・・orz」と思っていた所に出たポスターがまたトンチキな感じで(^^;) もう無理・・・と思ったんですけどね。このお芝居落語を題材にしていて、谷先生の落語を元にした舞台は何気に評判が良い!しかも、この作品は「あの世」を題材にしているので、もうみんな死んでるから虐殺もなにもないんじゃない?という意見を聞きなるほど~と思いながら初日の感想を見たら何気に評判が良い!!!
これはもしかして期待できるんじゃない???と思いながら乗り込みました、大劇場!

Dc9d5rlVAAAn_Uw.jpg

そういやこの写真撮ったのも始めてかも???
今回はゆっくりお昼を食べる時間も無いので(^^;) 巷で噂のサンドウィッチ屋さん「ルマン」でサンドウィッチを仕入れての観劇です(^^)

A席だけど大劇場はまだ1階席後ろがA席として残っててなんか良いですね~。東宝の宝塚劇場は1階席全部S席ですからwwwそんなんで端っこだけど1階A席で観劇。
この公演は104期生の初舞台公演で公演前に口上がありました。私、口上観るの始めてーーーーー!!!104期生、40名が緑の袴姿でずらりと並んで銀の扇を持って踊り歌う姿はまさしく未来のトップ候補生達~。さすがに青田買いはしないというか、全然誰が誰だか解りませんでしたが(笑)104期生が活躍し始めたら「私、口上観た観た~」と思うと思いますvvv

さてお芝居のRAKUGO MUSICAL 「ANOTHER WORLD」。
『落語噺「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」「朝友(あさとも)」「死ぬなら今」など死後の世界を舞台とした作品をちりばめ、“この世”と“あの世”を行き来して繰り広げる純愛冒険物語。個性豊かな星組メンバーによる、抱腹絶倒の落語ミュージカルをお届け致します。』という事らしいんですが・・・この言葉に偽りなり!で本当に面白かったです≧▽≦

キャスト

康次郎    紅 ゆずる
お澄     綺咲 愛里
徳三郎    礼 真琴
閻魔大王   汝鳥 伶
貧乏神    華形 ひかる
喜六      七海 ひろき

いや~、みな様の感想を色々読んでたけど全て納得。たしかにこの作品は今の星組、紅さんでしか出来ない作品だと思います。もうねぇ、紅さん、出ずっぱりのしゃべりっぱなし。台詞の一つ一つがほんと面白いのですが、アドリブを挟む余地が無いくらいぽんぽん会話の応酬がすごくて圧倒されちゃいますね。台詞覚えるの大変だったろうな~・・・っとか思ったりして(笑)でも今回、紅さんやあーちゃんは関西出身なのでいつもよりは苦労してないらしいですよ、言葉のイントネーション変えるって大変だものねー。
舞台に本当に悪い人がおらず、ラストもちゃんとオチがあってほっこり、宝塚の舞台としては多分ものすご~く異端だと思うけどこの星組なら許されるというか、こういうのも有りと思わせてくれる楽しい舞台でした。

タカラヅカ・ワンダーステージ 「Killer Rouge(キラー ルージュ)」
こちらはもう、まさに「星組の宝塚のショー!」って感じのオラオラ行け行け系のゴージャスでスピード感溢れるショーでした。台湾公演に持って行くショーというのも意識しているのか、ど派手でしたね。
そしてやっぱりトップ娘役にアニソンを歌わせ、フィナーレで歌謡曲を歌わせるサイトーくん、ほんと裏切らないよね~(笑)いや、良かったですけどねvvv西城秀樹の「情熱の嵐」→及川光博「紅のマスカレード」→西條秀樹「炎」の流れが秀逸でした。
デュエットダンスも紅のお衣装で綺麗だったな~。

また東京で観るので細かい感想はその時にでも。6月が楽しみですvvv
page top
「1789」2回目観劇
私の好きな組み合わせが1ヶ月公演の中で5回しか無いので今日は午後休取って観劇してきました、帝劇の「1789」。
午後1時開演なので午前中お仕事してそのまま劇場へ。半休ありがたいですvvv

Dc4wAx1W0AATJnr.jpg

私的ベストキャスト。
もう翌日は東京千秋楽なので、この組み合わせは東京ではラストです。
前回は加藤くんファンのお友達にファンクラブで取って頂いてP列で観たのですが今回はE列、ちょい上手のお席でもうキャストの皆様肉眼でばっちりですよ≧▽≦

1789の何が好きってやっぱり音楽でしょうか。
そこに豪華な衣装とか市民たちのアクロバットとかセットの使い方とかが好みでそんな舞台のセンターに立つ加藤君、ほんと立派なミュージカル俳優になったよね・・・としみじみしたりして・・・(笑)
ねねちゃんとのコンビもすごい良いなぁと思います。背の高さとか絵面的にも似合ってる。初演で神田沙也加ちゃんのオランプも観ていて彼女も上手いな~と思ったんですが、これは単に好みの問題ですね。私にもっと財力と時間があったら小池徹平くんと神田沙也加ちゃんコンビの1789も観てみたかったです。

オペラグラスを使わなくても観える距離だったので端の細かいお芝居が見えたのが良かったですよ、ギロチンを自慢する夫に嫌な顔をするアントワネット様かなめさんとか、端っこで市民たちと談笑しているロナンやデムーランの笑ってる表情とかね。
そういや前回、ロベスピエールは独りもんで(笑)「サ・イラ・モナムール」で急に女の子がすすっと側に来てカップルになって歌う・・・というとても不自然な振りがあり、観劇した人達に突っ込まれていましたが(笑)今回はそれがすっきり解消されておりましたよ。1幕ラストで軍隊に攻撃された時にロベスピエールが青いスカートの女の子を助けるんですよね。その子が2幕からちょいちょいロベスピエールくんと絡んでくる!その伏線?のおかげで「サイラモ~」の時も不自然じゃなくなってました!!!こういう細かい変化?変更が何気に嬉しいです(笑)
岡さんの低音響く「国王陛下の名の下に」はいつも聞き惚れちゃいますね。
鞭を片手に市民を蹴散らしていくんですが、そこでロベスピエールの顔を踏んだり(!)やりたい放題、ロナンを拷問するシーンもなんか生き生きとしてますよね。いや~、岡さん良いです。
ソニンちゃんの妹ソレーヌもなんか初演より迫力増したというか・・・濃くなった(笑)ソレーヌってソロ3曲もあってすごい美味しい役だよね。パン屋襲撃とかソニンちゃん背低いのにすごい迫力でセンターで踊って歌ってて良かったです。

今日はもうなんかね、加藤くんがイケメン過ぎて辛かったです・・・・。。。なんて(笑)
いやでも、みな様の熱演が伝わってきてなんかほんとじ~んと感動してうるっとしてしまったんですよね。。。良い舞台だったなぁ。。。もうこれで見納め。当分再演は無いだろうし、あったとしてもキャストは一新されると思うのでしっかり心に刻んできました!
・・・DVD発売が決まったんですけどね、キャストが私的ベストじゃないので・・・買おうか悩みます~~~~。
page top
「1789」観劇
や~っと帝劇の「1789」を観劇してきました≧▽≦
この作品、というか曲が大好きでね~。私、ロミジュリとか太陽王とかフレンチミュージカルとの相性が良いようで(笑)、この1789も再演が決まり、キャストも初演とほぼ変わらないと発表あった時、通いたい~!と思ったんですけどね。。。初演でもそうだったんですが、この作品、子役がラストまで出てるのですよね。なので平日の夜公演が6時はじまりなんですよwww・・・・さすがに会社帰りに速攻行っても間に合わない。。。しかも私的ベスト組み合わせが1ヶ月公演してる中で5公演しかない・・・orz
なので色々悩んで結局2公演チケットを手配。もう来週には終わるという間際にやっと観劇してきました。ちなみに今週もう1回観に行きますよんv

という事で私的ベストキャストでの観劇。

ロナン   加藤和樹
オランプ  夢咲ねね

アントワネット  凰稀かなめ
ロベスピエール  三浦涼介
ダントン     上原理央
デムーラン    渡辺大輔
ソレーヌ     ソニン
フェルゼン    広瀬友祐

ペイロール伯爵   岡幸二郎
オルレアン公    吉野圭吾
ラマール     坂本健児

ロベスピエールが初演では古川くんだったけど、今回から三浦君に変更。古川くんのロベスピエールがビジュアル含めてすごい良かったので変更は残念だけど、古川くんはこの後モーツァルトの主役が控えているので素直に出世を喜ぼう(笑)
そして代わりに入った三浦涼介くん。オーディションで勝ち取った役だそうで、彼の事はライダーに出てたりちらほらお噂は聞いていたのですががっつり観るのは多分始めて。なんか思ったより声が低かった!(笑)でも綺麗なお顔していて(ってか好みです・笑)すっとした立ち姿が貴族っぽい。調べたら、三浦浩一さんと純アリスさんの息子さんだそうで!!!ほぇ~。。。知らなかったのでびっくりですよ、そりゃ美形なはずだわ・・・と妙に納得したりして。ダンスもお歌も普通に上手かったです。しかし身長が181cmあるそうですが同じ身長の加藤君(181cm)と180cmの渡辺大ちゃんと並ぶと小柄に見えるのはなぜでしょう。。。加藤くんも大ちゃんもガタイが良いからなー。でも余裕さえ感じる初演キャストに混じってがんばっておりました。

演出は初演と基本変わってない・・・かな。舞台装置も多分、大きな変更は無し。巨大なパネルを使って舞台を空中で二分して貴族が基本上に立ち、民衆が下にいて常に見下ろされている感じが良いですよ、帝劇だからできる大仕掛けなのかな。「声なき声」はやっぱり入ってなくて、この曲すごい良いので残念w東宝版にも入れてえ欲しかったです。。。

ロナンの加藤くん。
初演でも思ったけど、やっぱり帝劇のセンター、ゼロ番に立ってる彼を観ると感動というか胸熱。再演だし今回は安心して観てられましたvイケメンなのはもう隠しようが無いというかしょうが無いんだけど(笑)初演より泥臭くなったかな。カーテンコールの時に胸をどんって叩いてから挨拶するの良いよね。そしてきっちり膝までつくように深々と挨拶するのがきまじめな加藤くんの性格をものがたっているようで非常に好感もてますvvv
オランプのねねちゃん。
久しぶりのねねちゃん、懐かしい~!星組時代と全然変わらないのがなんか嬉しい。やっぱりあの星組で礼音さんの相手役を何年も張ってただけあってヒロインオーラがありますよね、加藤くんとのペアも美男美女で見目麗しくて目の保養。あのドレスのスカートに埋まるようにふんわり膝を曲げて挨拶する姿がとても美しいと思います。
歌も上手くなったよね~(笑)やっぱりねねちゃん、好きです。
渡辺大ちゃんと上原くんの革命家はもう安心安定、もともと歌が上手かったけど大ちゃんもすごく良かったです。
アントワネット様のかなめさんも初演よりしぐさが女優さんらしく素敵でした。初演の時もビジュアルは綺麗だったんだけどね、ドレスで足下隠れてても歩き方がなんとなくまだ男役だったから(笑)
他、相変わらずアクロバットがすごかったりソニンの妹が力強かったり・・・良い舞台でした。

    DcbQcFuVMAAqrj4.jpg

加藤くんとねねちゃん、美男美女かぽ~♪あと1回、楽しみです~。
page top
黄金週間後半!
今年の黄金週間は飛び石。3連休の後、2日間働いてまた3日から6日まで4連休という感じで後半突入。
一泊二日で今年初めての蓼科に行ってきました。さすが黄金週間、あずさの指定があっっっという間に売り切れましたが、ちゃんと指定をゲットしあずさの中でお弁当食べたりまったり蓼科へ。
しかしここ数日東京、暑くてねぇwwwまだ5月だってのに気温が30度近い日もあったりしてとにかく暑い。出発した日も何気に暑くてその感覚で長野に乗り込んだら・・・寒い(>_<) ぬかったわ~~~~。

桜はさすがにもう散っていたけど、新緑がとっても鮮やかで綺麗でした。

   DcVs8pIU0AAURZl.jpg

山の景色も綺麗。
もうね、蓼科行ったら基本何もしないがモットー?なので(笑)美味しい物食べてビールと五一ワイン飲んで、ちょっと温泉行く時間は今回なかったけど命の洗濯してきました。
次は夏休みかな~。
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG