FC2ブログ
日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
年末
今年ももう終わり~。
相変わらず30日迄お仕事でしたが、上と掛け合って今年は午前中だけでなんとか仕事納める事ができました。半日だけでも違うからね、良かった良かったvvv

今年もたくさん観劇出来て良かったです。特に星組!!紅さんがスカピンでお披露目してくれたので、何年振りかでムラにも行ったし東京公演もたくさん(ライビュいれたら7回・・・かな)観られたしでほんと楽しかった~!
あと、今年の初めに密かにここ数年滅多に人前に出ないという子安さんを生で観る!という目標を掲げたら、3月頃にわりとあっさり叶ってしまい(笑)あららら・・・と拍子抜けしたのですが、結局このイベントでしか子安さんはイベント出演がなかったようなので貴重な体験できて良かったと思いましたvそしてもちろん、関さんにもお会いできましたよ、トークイベントで著書にサイン入れて頂き握手をした時に「啓介さんが好きです」ってのと「Weiβの復活待ってます」ってのを伝えられたので満足です(^^)
あとは・・・聖地巡礼にも行けたし、なんだかんだでイベントにも参加したしでやりたいこと素直にやってますね~(笑)
ええ、そんなこんなで良い1年でした。
来年もまったり行きたいと思います。
スポンサーサイト
page top
星組千秋楽ライブビューイング!
星組公演「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」の千秋楽のライブビューイングに行ってきました!
最近は宝塚もライビュに力を入れてくれて、トップさんの退団公演や「エリザ」みたいな人気演目じゃなくてもライビュをやってくれるのがありがたいね、生観劇じゃないけど、リアルタイムで見られて嬉しかったです。特に今回はしーらん@壱城あずささんの退団公演だったので、彼女の階段下り見られて嬉しかったです!!

という事で星組千秋楽。
お芝居は映画の話なんだけど、それをまたライビュという映画館で見てるのがなんか不思議というか面白かったです(笑)
みっきー@天寿光希さんのアドリブも面白かったな~。渋い役が似合う学年になったよねー、そんなアドリブで笑いを取るみっきーを腕組んで慈愛の眼差しで見つめる紅さんがまた良かったですwww
音波みのりちゃん、一時期ものすごい爆上げされてて(メイちゃんの執事ヒロインとか)トップ娘役くるか???と思っていたんだけど、良い具合に別格2番手の地位を手に入れたのかな、お芝居での怪演(笑)が良かったです。
今回で退団の夏樹れいくん。お芝居ではジョセフィン・ベイカーという女役で、銀橋渡りもあるし見せ場もあるのですが、前半30分で出番が終わってしまうのでこのまま出ないのは残念だな~と思っていたら、なんとラスト、紅さんとあいりちゃんが逃避行で乗る巴里行きの列車の出発の笛を鳴らす駅員さんが夏樹さんだと聞いて、確かめたかったのですが観劇では確かめられず・・・。ライビュじゃ無理かな~と思ったら、なんと中継スタッフさんが夏樹くんの笛を鳴らすシーンをばっちり抜いて映してくれましたよ、スタッフさんありがとう、GJです≧▽≦やっぱり中継スタッフさんもファン心理わかってますね♪

お芝居はちょいちょいアドリブはあったものの、基本、雰囲気を壊す事はなく静かに幕が下りたんですが・・・ショーがすごかった(笑)くしくも今日はクリスマスイブ。もうねぇ、クリスマスネタをすごいはさんでくるくるくる。。。
中詰め、アパショナードのしーらんとみっきーの曲では、二人ともトナカイの角のカチューシャを付けて熱唱。やっぱりしーらんへの拍手がすごかったなぁ。最後は側転決めてからのなぜか花組ポーズ決めてました!
そしてめちゃ盛り上がって収拾つかなさそうな所をしーらんの「礼真琴~!次よろしく~!!」って叫んで次のシーンに繋げたのがほんと、すごすぎて・・・(涙)この言葉、きっとしーらんは次の場面に繋げる為のかけ声はもちろん、「私が退団した後の星組と紅さんをよろしくね☆」って言葉を礼くんに託した叫びだったんじゃないかな~と勝手に解釈致しましたvvv
そして更にすごかったのが紅さん。セ・マニフィークを歌うのに黒のロングスーツ着てるんですが、本気のトナカイの被り物して出てきましたよwwwもうそれ見て客席も拍手喝采だけど組子も笑ってた。特に礼くん、めっちゃ笑ってた(笑)銀橋ではそんな礼くんに紅さんが被り物の角でつついたりなんか微笑ましかったですよ。その横で嫁なあいりちゃんは、可愛い角を髪飾りみたく付けていたのですが、旦那の暴挙(笑)にも動じずしらっと踊っていたのが可愛かったですよ、いや~、良いコンビっ!
うん、紅さんのすごい所はだまって立っていたらものすごいクールビューティーで素敵なのに、今日みたいな千秋楽で全国にライブ中継されて何万人と見てる人がいる中、平然とトナカイの被り物して決めポーズする所ですよ、本当に最高≧▽≦
そして星組名物(と勝手に思っております)3組デュエット!映像なので、まぁピンポイントで見たい所が観られるわけじゃない所がライビュの辛い所なんですが、それでもわりと紅さんを中心に他の2カプも映してくれたりして、ほんとリアルタイムで千秋楽観られて良かった~と思いました!

そして退団者の階段下り。。。今回は3名だったけどみんな緑の袴姿で綺麗だったな~。しーらんにはもちろん同期のかちゃ、カイちゃん2人と紅さんから真っ白な薔薇の花束。千秋楽ご挨拶では紅さんも「今まで何人もの退団者を見送ってきましたが、今回は感慨もひとしおです・・・」って(>_<) 紅5のメンバーだったりスカピンで隣りの距離で演技して助けて貰ったり・・・本当に紅さんとしーらん、良い関係だったよねwwwしーらんも星組生え抜きで、ほんと頼もしい素敵な男役さんでした、長い間お疲れ様でしたー!

さて、こんなんで無事に今年の観劇納めをしてきましたよ。
帰りはイブなのでタカノで苺のショートケーキ買ってちょっとはクリスマスイブらしい事もしたりして、良い日でした。
来年も沢山観劇、そして星組さんを観たいです≧▽≦
page top
「HEADS UP!」観劇
KAAT神奈川芸術劇場にて「HEADS UP!」観劇。
こちらの公演、去年上演されて、観た友人から「非常におもしろかった」と聞いて気になっていたんです。そしたらほぼ初演メンバー変わらずで再演決定したので、ちょうど横浜で行きたいお店もあるし~ってんでゆうひサンファンの友人と観てきました!

「HEADS UP!」はラサール石井さん原案、演出の、普段表舞台に登場することのないバックステージで働く舞台スタッフの奮闘を描いたオリジナルミュージカル。

出演者は以下。ちゃんと役名あるけど、スタッフ名の方で(笑)

舞台監督  哀川 翔
舞台監督  相葉裕樹
演出部   橋本じゅん
制作  青木さやか
アルバイトくん  池田純矢
老俳優  今 拓哉
女優   大空ゆうひ
劇場付雑用係  中川晃教

基本、コメディで舞台の幕があがるまでに色々とトラブルがあり、それをなんとか乗り越えて上演、と思ったら舞台上でもまたトラブルがあって・・・のドタバタなんだけど、ちょっとほろりとさせるエピソードもあったりでとても面白かったです。

ゆうひさんは宝塚退団後、始めて観たんですが綺麗な女優さんに変身しておりました。プロポーション抜群だよね(笑)しかし、この舞台ミュージカルなんですがみんな歌上手さんがそろっていてすみません、ゆうひさんが一番・・・いや、けっしてゆうひさんも下手では無いと思うのですが、周りが上手すぎたというか・・・ごしょごしょ・・・(笑)
そう、相葉っちも久しぶりに観たのですが、さすがクリエ(CLUB SEVEN)、帝劇(レミゼ)と色んな舞台を踏んできただけあってものすごく歌が上手くなっててびっくり!お芝居も堂々としていてセンターに立っても遜色なく、良かったです。
中川くんはこの舞台のキモな役なんだけど、一見地味~な雑用係。私、中川くんの普通?の役って始めて観たかも(笑)でも相変わらず歌は上手かった!見かけによらずキー高いんですよね、中川くん(笑)相葉っちとの掛け合いとかすごい耳に優しかったです。
他にも今さんや哀川さんなどなど濃いキャストさんが笑いを提供してくれて、こういうオリジナル作品良いな~と思いました。そういや哀川さんがゆうひさんをお姫様抱っこしてましたよ、さすが!!!

良い舞台を観た後は以前お邪魔した星座のカクテルを作ってくれる「星蔵」さんへ。
何気に12星座とかお☆様関連のカクテル(ペガサスとかドラゴンとか~♪)があるのですよvvvこじんまりしたお店で天井にはプラネタリウムが映し出されているので店内は薄暗い感じ。それがまた落ち着いて良いんですよね-。
今回はドラゴンと蟹座のカクテルをお願いしたんですが両方とも美味しかったです。
楽しい舞台観て美味しい物食べて、萌え語り沢山できて良き1日でした(^^)
page top
横浜散策
年内最後の有休かな~・・・という事で師走のこの時期に有休取って横浜に行ってきました。ちなみにうちの会社ブラックじゃないけどホワイトでもないので、毎年かなりの日数の有休捨ててますよんwww

今日お邪魔したのは横浜にあるシュウマイで有名な崎陽軒さん。
崎陽軒さんって中華しかないと思ったら、なんと本社ビルの中には洋食のレストランがずらり~。
その中の1階に入っている「アポリータム」さんのプレミアムアフタヌーンティーが安くて美味しい!という噂を聞いたので行ってきました。あ、アフタヌーンティーは要予約ですよ!なので1ヶ月近く前から力入れて予約したら窓際の広いテーブルに通して下さいました、ありがとうございます。
そして出てきたのがこれ~≧▽≦

DQ0Zy3jVoAADwFg.jpg

いつみても3段重ねはテンションあがりますね~!!ちなみにメニューはこんな感じv

【上段】
◆マンゴープリン
◆求肥の冷やしぜんざい
◆モンブラン
◆苺のロールケーキ
◆いろいろなお茶菓子
【中段】
◆ラフテーのテリーヌ
◆クラムチャウダー
◆野菜と肉団子のトマトグラタン
【下段】
◆タラモハムサンドウィッチ
◆桜海老と豆乳チーズのチヂミ
◆プティスコーン

味はもちろん美味しく量もちょうど良い感じで満足度高いっす。なによりこれで2,150円(税込)ってのがすごくないですか!!!非常に優雅なティータイムを過ごさせて頂きました。

その後はせっかくだからとシーバスに乗り赤レンガ倉庫へ。
海が青くて綺麗~。

DQ09LHhUMAAhQEk.jpg
DQ09M8gUMAEOV8H.jpg

ちょうどドイツ祭りをやっていて、屋台が沢山でていてワインやソーセージ、ポテト、あとホットワインなんかも売られていてとても食べたかったんですが・・・如何せんお腹一杯でねぇ。。。クリスマスのオーナメントなども売っていたので雰囲気だけ味わってきました。またの機会に行きたいぞ!!!
あとは横浜をぶらぶらしてお茶をしながら夕方には横浜を後にしました。良い休日でした!
page top
星組「ベルリン、わが愛」観劇+紅さんお茶会
今の星組、なんとお茶会1000人集める人が3人も居るそうで!!いや、紅さんと礼くんと七海さん・・・。うん、そりゃチケット難にもなるわよねー・・・と納得しつつの今日は1日宝塚デー♪

ほんと、思わぬチケット難となった星組公演「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」。一応これがマイラスト観劇ですよ。まぁ最近はトップの退団公演でなくても千秋楽にライビュをして下さるので生ではないけどもう1回観劇?予定ではありますが、とりあえずマイ楽です。

お芝居はもうスーツ姿の紅さんが良いですね~。
2回目という事で周りも良く観る事できました。紫藤りゅうくんや天華えまちゃんとか映画スタッフの中に居たんだね-。今回退団する夏樹れいくんは女性役だけど前半で出番が無くなるので後半何かで出ないのかな~と思っていたら、ラスト、テオとジルが乗る汽車の発車の笛を鳴らしているのが夏樹くんらしいですよ。気がつかなかった!!!やっぱりショーはもちろん男役だけどお芝居でもラスト男役で締めたかったのかな~・・・。ライビュで確認してみようと思います-、が映像が夏樹くん抜いてくれるかしらね(^^;)こればっかりはライビュじゃしょうがないですね。まぁ観られるだけ良しとしよう(笑)

ショー「Bouquet de TAKARAZUKA」はなんとも昭和チックなんですが、古臭いというわけではなく・・・紅さんはクラシックが似会うんだな、と思いました。
そんな紅さんが空中に浮かぶブランコに乗っての幕開きなんですが、片手は手すりをがっちり握っているのですがもう片方の手は自由で色々な振りをしてくれるのですが、その手がほんと美しい。。。私、紅さんの大きな手が大好きなんですよ。なのでもうこの手、指先の動きをオペラグラスで思わずガン観しておりました。
3組のデュエットダンスもほんと眼福。やっぱ星組はこうでないとー!!と勝手に古き良き時代の星組を思い出したりしてね(笑)黒燕尾の男役総踊りが無いのが残念ですが個人的に満足度の高いショーでしたv

そして観劇終了後は、ダッシュで紅さんのお茶会へ。
まぁご本人様もつい先ほどまで舞台に立っていたので、絶対に私たちより早く到着、なんて事はないからそんなに慌てる事はないんですけどね(^^;)そこは気持ち的に早く行かねば!という感じで会場へ。おお、今日も賑わってる~≧▽≦
基本的にレポは禁止なので内容は語れないけど、相変わらず笑いの絶えない楽しいお茶会でした。
そうそう、ご本人様もblogに書いてるから大丈夫だと思うのですが・・・お茶会にゴールデンボンバーの歌広場さんもいらしてましたよ、ほんと一ファンとしていらっしゃっててとても好感のもてる方でした。
page top
「髑髏城の七人」観劇
生まれて初めての劇団新感線ですよ≧▽≦
こちらの劇団、えらく人気でチケットなんぞ取れないだろうとはなから諦めていたので(過去、浦井くんやら天海さんやら美味しいキャストさんご出演の舞台がちらちらあったんですよね~(>_<))チケット取りの努力もした事がなく、いつも面白そうだな~と指をくわえていたのですが(笑)今回ご縁がありまして初観劇してきました!!!
今回観劇した「髑髏城の七人」は新感線の代表作の一つらしく初演は1990年。それ以来7年ごとにブラッシュアップされて上演されているようで今回も「花」「鳥」「風」「月」とキャストも違えば内容も微妙に違う内容で1年通して上演するとか。ちなみに「月」の後にラスト「極」というのが控えているそうですよwもう1大プロジェクトですね(^^;)
そんな中、今回私がお邪魔したのは「月」。この月は更に「上弦」と「下弦」とに別れていて(つまりキャストが違う)私は「下弦」にお邪魔してきました。
なぜこちらの公演に行くことが出来たかといえば、今回この「下弦」の主演がマモ@宮野真守くんで友人がこのマモのファンクラブに入っているからなんですねー(笑)友人からありがたくもお誘い頂いたのでマモのファンクラブ枠でチケット取って頂き無事初参戦となりました、あざーっす☆

髑髏城の七人 下弦の月

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり

捨之介◇ 宮野真守
天魔王◇ 鈴木拡樹
無界屋蘭兵衛◇ 廣瀬智紀
兵庫◇ 木村了
霧丸◇ 松岡広大

のぎ平◇ インディ高橋
珊底羅の生駒◇ 中谷さとみ
贋鉄斎◇ 中村まこと
渡京◇ 伊達暁
頞儞羅の剣布◇ 肘井美佳
真達羅の爪月◇ 安田栄徳

極楽太夫◇ 羽野晶紀
狸穴二郎衛門◇ 千葉哲也


会場は豊洲にある「ステージアラウンド」という新しい箱。この作品が杮落としです。新しい劇場ってなんかわくわくどきどきしますよね≧▽≦
しかし・・・豊洲というか、厳密には豊洲からゆりかもめで二駅行った「市場前」という駅になるのですが何にもない(笑)目の前が更地だったりしてかなり寂寥感がありますwwwそこにぽっかり劇場があるという感じ(笑)
中に入ると本当に円形で目の前ぐるっと180度スクリーンが。そしてなんとこの劇場、客席が動きます(笑)そこにスクリーンの映像が迫ってきたりでちょっとアトラクション的要素もあったりとなかなかすごかったです。

内容は新感線のオリジナルストーリーで織田信長が滅んで秀吉が天下統一を成し遂げてる時代の話。まぁ、織田信長の影武者だった男や森蘭丸が活躍するのですが、大まかな内容以外まったく知らなかったのでラストがどうなるのか、みんな死ぬのか生きるのか・・・ととどきどきはらはらしながら観ていましたが、いや~、面白かったよ!!!シリアスだけどお笑いもあったりダンスもある。ミュージカルかと思ったらそういうわけでもなく、音楽はロックっぽく英語の曲なんかもちょいちょい使ってたりします。あ、極楽太夫さんはマイク持って歌ってたけど(笑)明らかに歌うのはそれくらいかなぁ。ダンスも踊る人と踊らない人がいたり・・・殺陣はみんな頑張ってましたけどvvv

主演のマモ@宮野真守は舞台で観るのはテニミュ以来。新感線の主演なんてすごいなー。もともとスタイル良いし足も長いので着こなし姿がなかなかカコ良い。へらっとした遊び人が似合うよね。でもやる時はやる、真剣な表情との差が出ていて良かったし殺陣もがんばってこなしておりました。
天魔王の鈴木拡樹くん。え~と・・・メイクがすごくて私の知ってるあの2.5次元の申し子の鈴木拡樹くんなのか途中、自信がなくなりました・・・。そんくらい王子様な拡樹 くんの面影はなく、白塗りに隈取りのメイクで唇ゆがめて話す姿はすごかったです。いや、誉めてますよ、それくらい迫力あってすごかったという意味です。うん、ほんと色んな意味で彼すごいわ、2.5次元舞台に引っ張りだこな理由が解った気がしました。
廣瀬智紀くんと木村了くんは青エクや弱ペダ出身の子。他、テレビや舞台でちょいちょいお名前はお見かけしていたけど多分ちゃんと観るのは今回が初めて。二人とも殺陣がんばってたし身のこなしもなかなか良かったですよ、廣瀬くんが口から血を滴らせるのはなかなかにぞくりとくるものがありましたwww松岡くんは2ndテニミュの金ちゃんだったんだね、ほー。すばしっこくて身体能力高かったです。

極楽太夫の羽野晶紀さん、こちらも色々とお名前はお見かけしてましたが始めて生で観ました。ちょっとキンキン声なのがダメな人はダメかもしれない。でも可愛らしくも強い太夫を演じておりました。・・・もうちょっと若い時に観たかったな~(笑)
他、なんかもう色々とすごかった。。。4時間公演(途中休憩20分)だったんですが、全然飽きる事なくあっという間に終了、駆け抜けてった感じです。スクリーンの映像が迫ってきたり髑髏城の地下に実際に潜り込む感じがしたり劇場込みで非常に見応えのある公演でした。
こうなると下弦の月もちょっと観てみたくなったりして。。。う~ん・・・噂通り「劇団☆新感線」、最高でした≧▽≦

ところで観劇中、ずっと「髑髏城の七人」の「七人」って誰だろう???と考えてて、「誰と誰と・・・」と想像してたんですが、2幕髑髏城に乗り込んでいくところでその7人が逆行を浴びてシルエットが映し出される演出がめちゃくちゃカッコ良かったんですが、その七人のメンバーが意外で(大笑)うん、意外な人がメンバーに入ってたりしてね、新感線ってほんと面白いな~と思いました。

DQlonsGUIAA3JYn.jpg

DQloo1ZUQAAfC27.jpg
page top
「スカーレット・ピンパーネル」観劇
宝塚でもイケコ演出でも無いスカピン(笑)を赤坂のシアターACTで観劇してきました。
え~と、こちらのスカピン=スカーレット・ピンパーネルはブロードウェイ版を元に石丸さちこさんという演出家が手がけたものなので曲は基本同じだけど歌詞がかなり違ってたりします。宝塚版に慣れてたらそれがちょっと気持ち悪いかもwww
去年の秋に上演された時はスルーしたのですが今回は観劇してきましたよ、ピンパーネル団に見知った名前がちらほらあったのでね(^m^)
という事で今日のキャストさん。

パーシー・ブレイクニー         石丸幹二
マルグリット・サン・ジュスト      安蘭けい
ショーヴラン              石井一孝
ロベスピエール/プリンス・オブ・ウェールズ(二役)   上原理生
デュハースト      泉見洋平
アルマン・サン・ジュスト  松下洸平
オジー       久保貫太郎
ベン         久保田秀敏
エルトン       多和田秀弥
ハル         東 啓介
ファーレイ     藤田 玲
マリー・グロショルツ        則松亜海

石丸さんの舞台を観るのはエリザのトート以来?そして安蘭さんはそれこそ宝塚以来かと。。。(^^;)
正直、初演をこの二人で華々しく飾ったので再演は今回ピンパーネル団も一新されたようだし主演クラスも変わっても良かったのでは・・・ええまぁ個人的にはしろたん@城田優にパーシーを演じて欲しいってだけなんですが(^^;)それにしてもピンパーネル団との年の差がなぁ・・・と観るまでは思っていたのですがお二人の圧倒的な歌の上手さにやられました(爆)
やっぱりすごいな~石丸さんvvv
もうすばらしいとしか言いようのない歌声、しみじみと聞き惚れてしまいました。聞いてたとおり歌詞が宝塚版と全然違うので、うむむ・・・と思う事度々だったのですが石丸さんの歌声に途中からもうどうでも良くなりました(笑)いやだって本当に良かったんですもの。久しぶりにミュージカル観た~!って感じになりました。
もちろん、歌上手なのは石丸さんだけではなく・・・安蘭さんのマルグリットも石井さんのショーヴランも上原くんのロベスピエールもソロがみんな上手くてすごかった!
正直、星では解らなかった旋律が鮮明にわかったりしてね(^^;)いや感動致しました。

石丸さんはトートより全然役に合っておりましたね。
洒落者の貴族という感じで会話も小気味に冗談も言えば気むずかしい顔もする英国紳士を好演しておりました。アドリブもちょいちょい挟んで笑いを誘っていたりと、なんとも余裕を感じました。
安蘭さんのマルグリットはすみません、思ったほど美人!!って感じの女性像ではなかったのですが気の強い感じが出ていてラストはパーシー以上に剣を持って大立ち回りをしたりと色んな意味で強い女性のようでした。
石井さんのショーブランは粘着質っぽくて、マルグリットへの未練たらたらな感じがすごく良かった!(笑)

歌の歌詞はもちろん、内容も微妙に違っていて王太子シャルル殿下を救出するというのは宝塚版だけなのですね。なので、歌詞以外にも歌の順番が違っていたりこの歌がこういうシーンで歌う歌になってるの~???とかちょいちょい新鮮な驚きもありました。あと宝塚版の方が状況説明が親切かな。こちらだとショーブランとマルグリットの関係が曖昧で、そもそもなんでマルグリットがサンシール侯爵の居場所を教えたのかとかがイマイチ解らなかったです。なので脳内でなんとなくヅカ版を保管しながら観ておりましたwww多分、そういう人多いんじゃないでしょーか(^^;)

ピンパーネル団はやっぱりパーシーとの年齢差がちょっときついかなぁ(^^;) なんつーか親友、友達っていうより親子とか師弟に見えなくも・・・ごしょごしょ・・・
でも若い子たち・・・というととっても失礼ですが、テニミュに出てた子たちがこういう舞台で頑張ってる姿は非常に嬉しいです。そして泉水洋平くんを久しぶりに観ましたよ、陰陽師シリーズ以来じゃないかしら。背が低いいのが残念なんだけどセンターの石丸さんも決して高くは無いので良いバランスかな。むしろ東啓介くんが一人背が高くて(調べたら187cmですって)良い意味で目立っておりました。
ラストはヅカと同じで二人でイギリスに帰りましょう~と船上で歌ってジ・エンド。後味の良い素敵なミュージカルでした(^^)
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG