日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
イニD映画見てきました~
まだ5月だってのに、なんかもう地球がおかしいwww まだ5月だってのに日中の気温が30度とかありえない~。
そんな熱い中、新宿のピカデリーでイニDの映画見てきました。
え~と12時55分からの回を見たのですが、それなりに埋まってまして、あら人気?と嬉しく思ったりして。でも来週の上映時間が夜10時から、とかなんかもう既に打ち切り感がひしひし。。。まだ前売り1枚持ってるのでどこかで使わなければ!!!
映画は試写会以来だったんですがやっぱり良かったですよ、高橋兄弟がカコ良すぎますvvv続きが来年の春らしいので、それを楽しみに生きたいと思います(^^)

映画終わった後は、某カラオケ店に行ってイニD1stの上映会。映画が良い良いといいつつ、やっぱり1stが好きなのねん。そして更に新宿3丁目の雑居ビルの3階にある某イタ飯屋さんで萌えトーク炸裂させていたら・・・やっぱり地球がおかしい、ってんで震度4の地震に見舞われました。ひぇ~~~。震源地は小笠原で震度5強だったらしいんですが都内は震度4。でも結構長く揺れてですね・・・気持ち悪かったです。。。どうしてもね、こう・・・・3.11を思い出しますよね(>_<)
なんか今、地球は活動期らしい、と何かで読みましたがあと50年くらいは大人しくしていて頂きたいです、地球さん、お願い!!!
まぁ、とりあえず何事もなくその後も延々萌えトークをしていたんですが・・・帰りの交通がやはり地震の影響でマヒしていたようで新宿の構内やタクシー乗り場が人で溢れておりました!有りがたい事に私の乗る私鉄は多少の遅延くらいで動いてたのでつつがなく自宅に帰りつくことができましたが、友人がもろ停止してる路線に嵌ったようで・・・。こんな日にこのような場所にお呼びだてしてホント申し訳なくwww
無事、辿りついたと聞いてほっとしております。
いやはや、ほんと自然災害は怖いですねー。最近、また地震が多くなってきたので、ちょっと気をつけようと思います。
それさえなければ(^^;) 本当~に楽しい1日でしたよ、萌えを吐き出すって大切!
スポンサーサイト
page top
花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」
花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」に行ってきました。
マイティくん初主演ですよ~~~~~≧▽≦ ぱちぱちぱち~~~~!!!

という事で。

カルロ     水美 舞斗 (明日海)
アリシア    城妃 美伶(花乃)
ロベルト    優波 慧(芹香)
セルジオ    綺城 ひか理(瀬戸)
マリウス    柚香 光(鳳月)
バルドー夫人 花乃 まりあ(梅咲)

主要キャストはこんなもんかな。カッコは本役さん。
とにかく何が嬉しいって、マイティ@水美の新公初主演ですよ!!実力も人気も新公主演をするに値するくらい有ると思うのですが、柚かれーくん@柚香と同期な為、劇団押し(と思われる)柚かれーくんに遅れをとり、このまま劇団が一人っ子政策をするならもうマイティくんの主演は無いと思っておりました・・・。そして折に触れて「マイティを組替えして~!」と叫んでいたのですが最後の新公でとうとう主演ですよ、おめでとう!!!
しかし、これで各組95期が全員新公主演を果たしたという事で、なんて恐ろしい期なんでしょうwww
ちなみに95期、といえば既に月組のちゃぴ@愛希れいかと宙組のみりおん@実咲凜音、星組のふーちゃん@妃海風が娘役トップとして君臨しており、星では礼真琴、雪では月城かなと、月では朝美絢、宙では桜木みなとが新公主演を果たしておりますよ、すごいわ~~~。今後、組替えとか色々有るとは思うけど劇団はきっとノル・タモ・真琴・轟さんの時のように同期同時トップにして話題作りそう・・・と未来予想(笑)

まぁ、それはとにかく、マイティです。
開演前の「花組の水美舞斗です・・・」って挨拶から銀橋を渡りながらの幕開きソロ・・・これだけでもう感無量www彼女の強みはやはり歌える事かなー。すらっと軍服の立ち姿も美しい。アリシアがドレス着てみせる所の「時間がないんだ」「もう帰るよ!」のくだりが本役さんより若い感じで(学年下なので当たり前なんですが)初々しかったですよ、なんというか、宝塚の王道vvv 爽やかで良かったです。
それに比べて挨拶のぐだぐだ感がもう・・・愛しいです(笑)
95期が長って事でマイティくんが長の挨拶と主演の挨拶と両方を担ってしまい大変な事に。。。(^^:) 泣きこそしなかったんですが、前半、言葉が詰まってしまい・・・何度も客席から「がんばれ~」的な拍手が入りましたよ。1行しゃべっては詰まり・・・思い出してまた1行しゃべっては詰まり・・・でも一生懸命想いを伝えようと一言一言噛みしめるように語る姿に思わずこちらもうるっと来まして本当にお疲れ様です!って言葉しか出てきませんwww1回幕が下りて再び幕が上がった時はご本人様も「大丈夫です、戻ってきました」と言うくらい最初の挨拶はほんとテンパっていたのでしょう。後ろで同期の柚かれーくんがじーっと見守ってるのが印象的でした。ヒロインのみれいちゃんも泣きそうな顔でじっとマイティ見つめてましたね、こういうのも新公の良い所だよねー。
そのヒロインみれいちゃん。彼女も歌えるしお芝居も上手ね~。声質のせいか、本役さんより嫌な子に見えなかった(笑)いやそれでも最後、ロベルトにかける言葉は「ありがとう」じゃなくて「ごめんなさい」じゃないのか?と思ったけど(爆)
他、アニータ役の乙羽 映見さんが歌が上手くて存在感あったかな。

とりあえず、トップスターへの切符、第一関門は突破したマイティくん。これからも頑張って下さい、こそっとまったり応援しております。
page top
女子会!
一人暮らししている高校時代の友人宅へ友人5人で押しかけてきました(笑)
友達が6人分の食事を用意してくれてたよ、すごいーーー!
え~と、前菜用にサルサ、アボカドと貝割れのペースト、ニンジンとグレープフルーツのサラダ、スペルト小麦のサラダ。メインにチキンと新じゃがとキャベツのレモン蒸しなどなど。
そこに私達がパンとチーズとワインとビールとバナナとすいかとケーキとアイス他をもちよって、なんかとっても豪華なランチ兼ディナーを食してきました。・・・・食べるのとおしゃべりに夢中で写真を撮り忘れたのが悔やまれますwww
でもどれも美味しくってみんな女子力高いわ~。

みんな個々ではそこそこ会ってるんだけどね、6人みんなで会うなんて本当に何年ぶり?って感じだったんですがみんなホント変わって無くてねぇ・・・めちゃくちゃ楽しい時間を過ごしてきました。やっぱり竹馬の友って良いですね(^^)
page top
花組「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」観劇
花組観劇~。つい先日来た時は星組公演で、またトップさんが居て・・・などと舞台観たら感傷に浸るかな~・・・なんて思っておりましたがそんな感傷に浸る暇など一切なく!なんというか花組熱いですっっっ
前回がみりおくん@明日海りおのお披露目とはいえ、エリザだったり蘭はなちゃん続投だったりで今回がまさしく新生花組という感じで勢いを感じたというか、一気に若返った感がすごかったです。

お芝居は大石静さん原作の「カリスタの海に抱かれて」。
前情報を一切頭に入れずに観劇したのでどんな話なのか知らず・・・内容はよくありがちな同じ日に生まれた運命の子供であるみりおくんとききくん@芹香斗亜 がヒロインを取り合う話、なのですが、見ていて絶対にみりおくん死ぬな、と思っていたので誰も死なずのラストにちょっとびっくり。基本、ハッピーなお話が大好きなのでこういうの大歓迎なんですがただ、ヒロインが苦手なタイプで・・・辛かったです・・・・。ヒロイン出てきてすぐにね、「あ・・・ごめん、私のだめなタイプだ、このヒロイン・・・」となりまして・・・感情移入できないヒロインは見ていて辛いですwww男2人に思われるようなヒロインでは無いと思うのだけれど。。。 あとこれは私の好みの問題なんですが声が苦手。すごいきんきん声に聞こえるの・・・。アーネストでは思わなかったんだけどなぁ。
相変わらずヒロイン以外の娘役の扱いが残念・・・。いや、男役もそうかも・・・。圧倒的に役が少ないのね。鳳真由ちゃんとかどこに居るの~って感じ。そんな中であきら氏@瀬戸かずやの髭@セルジオがめちゃくちゃカコ良かった≧▽≦
すらっと細身なのにああいう骨太の役も良いですよねー。というか、本当に誰も死ななかったのがびっくりですよ、絶対みりおくんか、あきら氏あたりが死ぬと思ってました(笑)

ショーは稲葉先生なんだけど、すごい良かった~!
今年後半に台湾公演が決まっているみりおくん。ベルばらとこのショー「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」を持って行くのでそれを意識してのショーだと思うのですが、和洋折衷な感じで良かったですよ。海外公演だからって、べったべたの日本物を持って行くよりはこういうショーの方が「宝塚」を理解してもらえるような気がしますよ、オリエンタルな雰囲気もありつつの良いショーでした。
とにかく、あきら氏とマイティ@水美 舞斗 が踊りまくり!ほとんどの場面に出てるんじゃないでしょーか。そしてあんなに踊るみりおくんも初めて見た気がしますよ、リフトもこなしてこちらもすごかった!
黒燕尾のダンスは圧巻!あれ振り付けたの誰でしょう???「さくら」のメロディに乗ってみんな踊りまくる!マイティ?だか誰かが黒燕尾の振り付けの時に「これ、燕尾着て踊るんだよね???」って驚いた、みたいなレポを読んだんですが観て納得。あの衣装でピルエットはするはジャンプはするは、階段上り下りはするは。。。観ていて本当にすごかったです。更にみりおくんはそっからのデュエットダンス!ひぇ~・・・光速リフトまでしちゃって、思わず「みりおくん。。。大丈夫?腰・・・」と要らぬ心配をしてしまいました。このデュエットの時の曲は東北支援曲である「花は咲く」。この曲聞くと、ちょっとうるって来ますね。海外公演にこの曲でデュエットダンス、って良いな、と思いました。

パレードの階段降りはあきら氏→柚かれー→ききくん→かのさん→みりおくん。
花は今後、この布陣で行くのかな。なんというか・・・ききくんが羽根背負っての階段おりにびっくりしました。いやお芝居でがっつりみりおくんの相手役として絡んでいたので2番手だな~、と思ってはいましたが、まさか羽根まで背負えるとは・・・すごい出世したよね~。元星組っこなだけに嬉しい。嬉しいんだけどね・・・
ききくん、もし先日までの星に居たら礼音さん、紅さん、真風くん…の下だよね。それが今じゃ花の2番手。今年12月のタカスペで2番手がずらって並ぶシーンで紅さんとききくんが一緒に並ぶのか…と思ったらちょっと切なくなった。うん、ちょっとね…まぁ、こればっかりはしょうがない。こういうのはホント運と巡り合わせだよね~。
とりあえずお芝居もショーも良かったです。
page top
KKライブ「Ever Onword」参加
久しぶりに加藤和樹くんのライブに行ってきました。最近、舞台でお見かけする事が多かったのでライブの彼を観るのは久しぶり~。ちょっとチェックし忘れたりして新譜も買わずの参戦でしたよ、ごめん~(^^;)

実際、帝劇のレディーベスやら踊るインド(ボンベイ)やらタイタニックやらで舞台が続いた加藤くん、ツアーは久しぶりなんじゃないかな。
今回は「Kazuki Kato Live"GIG”Tour2015~Ever Onward~」と銘打って全国14カ所を巡るツアー。東京は赤坂BLITZで1日だけのせいかたくさん人が入っておりご本人様も嬉しそうでした。
私は友達のおかげで整理番号62番!というすばらしいチケットを手にしていたのですが、残念ながら仕事帰りに直行したので開場時間には間に合わず後からゆっくり入場。なので友人に先入ってて良いよ、終了後に落ち合おう~と言っていたのですが、友人もなにやら色々とお疲れのようで(^^;)良番振って私と一緒に入場してくれました、ありがたや~vvv

オールスタンディングがそろそろ辛いお年頃になってきたのでまったり壁の花でいっか~、くらいに思ってたんですが行ったらそれなりにテンション上がって楽しんじゃいますよね。結局中程よりちょっと後くらいに立って参加してきました。うん、加藤くんばっちり見えたよ≧▽≦
セトリはすみません、もう何を歌ったか、というか歌の題名が出てきません。。。でも懐かしい歌も歌ってくれたりバラード3本続けてちょっとショートドラマ仕立てにしたりさすがに音楽活動長くてアルバムも数出すと選曲に選択肢が出てきて良いですね。「千本桜」を生で聞けたのが嬉しかったです。
トークも面白かったよ。しかし「腹の上のポニョ」はまずいんじゃないかい???自虐ネタ・・・
いや、加藤君って舞台やるとものすご~くストイックになるのか?げっそり痩せるんですよね。タイタニックの時も痩せてたんだけどツアー始まると各地で美味しい物食べるから太るという・・・。今、カコ最高に太ってるらしい。いや別にあんまり解んなかったけど・・・でもスルーの衣装の時のお腹周りがちょっとやばいのだけは私も解った!!!まぁ、すぐ次の舞台が控えてるので(ペールギュントという久しぶりにストレートプレイだそうですよ、そんで私はスルーです、ごめんっ)また痩せるとは思うけど。
基本真面目な加藤くん(笑)
「おまえら~!!!」とライブ中は色々煽っていてもラストは「今日は来てくれて本当にありがとう」ときっちり頭を下げる所がもう、母親目線できゅんとしますよ。イマイチ人気が伸び悩んでるっぽいけどがんばれ~≧▽≦

来年はデビュー10周年の節目の年、という事で色々と考えてるそうです。今年後半の仕事がまったく未定なので又舞台に出るのかじっくりフルアルバムを作るのか。。。ファンとしてはホールクラスでライブして欲しいwwwけど、都内の中型ホールがどんどん立て替え取り壊しされてるので、場所確保がまず難しいかな~。まぁ、場所はどこであれ、とりあえず10周年の記念ライブを期待しております☆
page top
映画「シンデレラ」鑑賞
友達に誘われてディズニーの実写版「シンデレラ」の映画を見てきました。
基本、洋画は字幕派ですが、今回は王子様の声を城田優くんがあててまして、誘ってくれた友人が城田ファンなのでもう一択で吹き替え版を見てきました(笑)
え~と・・・私、すっごい誤解をしていたのですが、この映画。普通~に普通の映画なんですね!!いやあの、シンデレラの声が高畑充希ちゃん(8代目ピーターパンですよv)で、王子様がしろたん、という歌えるコンビを当ててきたのでてっきりアナ雪のようにミュージカル映画かとばかり思っていたのですよwwwなので普通~の映画でちょっとびっくりした(笑)
内容は・・・うんまぁ、シンデレラでした。
かぼちゃが馬車に変身したりシンデレラが真っ青のドレスを纏う所や、ドレスを翻して踊る所が綺麗でしたv
あとはシンデレラと当時上映の10分少々のアナ雪番外編がすごい良かった!オラフが可愛くてこれはもう1回見たいくらい。でもさすがにこの10分の為には通えない~(笑)
page top
礼音さん退団公演千秋楽ライブビューイング
とうとう星組トップスター・柚希礼音さんの退団公演千秋楽ですよ・・・・(涙)
トップはなったらあとは辞めるだけ、とおっしゃったのは誰だっけ・・・(例外がお一人だけいらっしゃいますが)なんかね、礼音さんも専科にいってずーーーっと星組の、ヅカのトップスターで居続けていてくれるような気がしていたんですが・・・。私が宝塚に嵌って20数年。ネッシーさん@日向薫さんのベルばら以降、星組の東京公演は欠かさず観ているんですが、その中で17年間、礼音さんは星の舞台に必ず居たんですよね。つまり私は17年間ずーーーっと礼音さんの居る舞台を観てきた訳で・・・そんな人が明日からの星組の舞台にはもう居ないなんて信じられない。でも今日、本当~に宝塚を退団しちゃうんだな~・・・しみじみ。。。

という事で、新宿のTOHOビルでライブビューイングに参加してきました。いやもう、劇場での生観劇なんてとてもじゃないけどチケット取れません(笑)ムラでは前楽の当日券に2000人並んだ、との情報もありますし某チケットサイトでは冗談抜きで千秋楽〇十万円なんて値がついておりますからねwww 庶民は大人しく映画館で鑑賞です。
トップ様の退団公演は大抵ライブビューイングしてくれるから助かります。しかも礼音さんは何もかもが規格外。北は北海道、南は沖縄までTOHO系の映画館46館がライビュに当てられ、さらにはさいたまスーパーアリーナや台湾でも上映されるとかwwwもちろん史上初ですよ。でもこれで一人でも多くの人がリアルタイムで礼音さんのラストを見送れると思うと、ほんとありがたい。劇団もたまには良い事するよね(笑)・・・というか、最後まで礼音さんで稼ぐよね・・・と思ったのは内緒w
そんなラストデー。今日の日比谷はすごい人だそうで、ただの1ファンな私は近付く事さえ恐れ多いので人様のtwitterをチェックしてたら礼音さんはなんと、BMWの黒のスポーツカー・ガルウィングで登場だったそうですよ、すげ~。

そんで肝心なライビュですが、すごい良かったです。すごい画面が大きく、でも画像が綺麗でカメラワークも良かったです。基本礼音さんを追いつつも他の人を映したりロングにしたり・・・カメラさんGJ、ありがとうございますvvv

お芝居「黒豹の如く」では、星組元組長英真さんと礼音さんが2人でお酒を飲むシーンがあるんですが、そこに礼音さんの部下・真風くんが呼びに来て席を立つ・・・というシーン。英真さんが引きとめるのを断って2人は去っていくんですが、今日は英真さんが「今日くらいいいじゃないか」とアドリブ入れてきた!でもさ・・・この二人にアドリブは危険(笑)案の定、真風くん、すぐに返せず礼音さんも笑いをこらえ・・・(^^;)その後の台詞で動揺したか真風くん、台詞噛んでました。でもね、英真さん、宙に移動する真風くんに「これからもがんばれよ」って・・・こういうちょっとした台詞が全力で私たちを泣かせにきておりますよ、うわ~ん!!
お芝居ラストではねねちゃんが涙こらえて台詞言うのがなんかもう・・・。それを受ける礼音さんも泣いてましたね。そして涙を我慢している下級生たちの姿が画面に映り込んでるのがまた堪らない・・・。英真さんが礼音さんとハグしてばしばし背中叩くのも愛が溢れててラスト公演に英真さんが出てくれて本当にありがとう、と思いました。

ショーももうラストって事で熱かった。
ドルチェヴィータでのかけ声では
柚『星組最高‼︎』 真『星組』 紅『柚希と夢咲、ゴールデンコンビ‼︎』 からの超決め声で 柚『愛してるぜっ‼︎』
って、もうカコ良すぎる≧▽≦
紅さんもショーの中で礼音さんとハグして、銀橋で真風くんとハグして…(涙)礼音さんはともかく真風くんもいなくなって残される紅さんは辛いだろうなぁ。そしてやっぱり直接礼音さんからバトンを受け取ってもらいたかったな。サヨナラ公演に次期が居ないのってやっぱり不自然。トップさんが2番手さんと握手したり、肩や背中を押してあげたり、いかにも引き継ぎますよ、って演出が良いのにね。
「たからづか」では胸に白い花のコサージュを付けて歌った礼音さん、黒燕尾では深紅の薔薇を1輪胸に付けて踊っておりました。ねねちゃんも真っ白いドレスに普段はつけない黒のチョーカーを首につけ、そこにお揃いの深紅の薔薇を付けてました。二人のラストデュエット、ため息が出るくらい美しかったです。

そして始まったサヨナラショー。
内容はムラと同じ…だよね。トップ時代が長かったから聞きたい曲、歌って欲しい曲があれもこれもあって、割愛されちゃうのはしょうがないけどね・・・「チェシンの星のもとに」より「希望の瞳」が聞きたかったな。いやでも英真さんのあの台詞(あれ、生だよね!)が又聞けるとはね、うん、やっぱりこの作品、この曲から星組トップ礼音さんのLEGENDは始まったんだよね。  
大好きな「めぐりあいは再び」から「LIFE is・・・」が又生で聞けたのも嬉しかったけど「ハプスブルクの宝剣」の「Candle in Your Mind~魂に宿る光~」が無かったのは不満、というか残念~。だってリーヴァイさんが礼音さんの為に作曲した曲だよ!礼音さんと新公やった美弥ちゃんしか歌ってないんだよー!このまま埋もれてしまうにはもったいない名曲です。そして、まさかの「ちえちゃん」再びから(紅さんがまたあの扮装をなさるとはwww)ラストは武道館公演で礼音さんが作詞した曲「For Good」。ここでみんな青のペンライト振ってました。いやライビュでは振らないけどwww 最後は礼音さん涙流してました。

そうして最後の退団者の階段下りとご挨拶。
退団者を紹介する柚長も泣いててねぇ・・・色んな組の千秋楽、退団者の挨拶を過去に見てきたけど組長があんなに泣いた司会は初めてのような気が致します。そして退団者のみなさんも普通はみんなやりきった感じの笑顔で挨拶をしていて、むしろ周りの方が泣く感じなのが、今回は退団者さんみんなが泣いてて・・・こっちまでもらい泣きしてしまいました(>_<)

礼音さんはムラと同じで緑の袴に白い豪華な胡蝶蘭のブーケを持ってご挨拶。最近のトップさんの退団階段降りはムラでは燕尾で東京で袴、とかブーケもシンプルに薔薇をリボンで束ねた物を横抱きにして…てのが多い気がしたけど、礼音さんはムラも東京も袴で下りてブーケも胡蝶蘭の豪華なブーケ。そんな「今までのトップさんは…」ってのを覆す斜め上行く感じが最高に好きですv
緞帳は5回あがったかな。その後も舞台上手から緞帳前に礼音さんとねねちゃんが出てきてくれて、なんと銀橋渡ってくれました。最後までサービス精神に溢れたトップさんで・・・本当に星組のトップになってくれてありがとう(>_<)

そして終了~・・・かと思ったら中継はまだ終わらないwww
中継終了後に中継会場にだけ15分くらいのスペシャル映像流れました。この時の為のメッセージを撮影してただなんてどんだけサービス精神旺盛な人なんだ・・・。その中で礼音さんから直々に日比谷に来ないでね、のお願いが!ええまぁ、日比谷、大変な事になってるらしいのでこのメッセージは正しいと思います。後日の報道によりますと1万2000人が集まってお見送りしたそうですよ。もちろん宝塚至上最高の人数です。
あ、スペシャル映像は礼音さんの初舞台から武道館のまでを振り返るダイジェスト映像と「たからづか」オリジナル映像(練習風景などなど)でしたよ、かなり豪華でした。そして気がつけば約5時間、椅子に座りっぱなし・・・さすがに疲れました(^^;)

あー、終わっちゃったな~。
紅さんが居なければ、このまま星から離れても良いくらいなんだけどね・・・ま、色々と複雑です。
今後の礼音さんは・・・先日の礼音さんのお茶会で近しい人に聞いた話では、やっぱり舞台舞台ダンスダンスで礼音さんの身体、かなりぼろぼろらしいので。。。しばらくはゆっくり休養して身体休めて欲しいです。 
page top
「頭文字D」映画試写会+α
5月23日からアニメ「頭文字D Legend2~闘争~」が公開されるのですが、それの「最速先行試写会」なるものに応募したら当たったので行ってきました。これ、70名様限定で今時アナログなハガキで応募だったんですけどね、まさか当たるとは思わず・・・。多分ハガキを書いた人が少なかったんじゃないかしら・・・とか思ったりして(笑)

以下、ちょっとネタばれ書きますので嫌な人はお気をつけ下さいませm(_ _)m




場所は東銀座の松竹本社3階。・・・なんかね、本当に私、毎週銀座方面に出てますね(笑)
12時開場の1時から上映だったので12時25分頃着いたら既に列があったけど、ほとんど待たずに中に入れてくれました。う~ん・・・やっぱり70人はいないような・・・男女半々か多少男性が多い感じでしたね。
試写会はまずはLegend1~覚醒~を上映、そのあと休憩挟まず続けてLEGEND2~闘争~を上映。~覚醒~をまた大きいスクリーンで見られたのは嬉しかったです。
~闘争~は~覚醒~と似た感じで深夜の秋名を今度は健二先輩が車で走っている所をものすごいスピードでFCとGT‐Rが走り去っていく所から始まります。この始まり方、良いな~。
そして、前回空気だったアニキが今回はちょびっとだけ目立ってる!!!アニキカコ良いよ~≧▽≦
ただね・・・その分、啓介が今度は空気(^^;)拓海にGT‐Rの弱点教えに行くシーンとか前回の映画でやっちゃったからね、そこらへんは綺麗~にカットでしたよ(涙)
やっぱね、1時間で中里戦とガムテープデスマッチをやるには無理があるwww おかげで高橋兄弟はじめ色んな美味しい台詞が削られていてちょっと悲しい。。。他の人もそう思ったようで、上映が終わって明るくなった途端、近くに居たお嬢さんがお友達に「涼介の「啓介、乗れよ」って車の助手席に誘う所と啓介の「アニキがしゃべらなくなった!」って台詞が無い~!」と叫んでらして、私も全く同じ事を思っていたのでちょっと笑ってしまいましたvvv逆に「シンデレラ城ミステリーツアー開始だ」って原作では手書きで小さく書いてあるのに、映画では涼介が台詞としてしっかり言ってくれましたよ、これにはびっくり。いや嬉しかったけど。
あとねー、中里ファンは多分あの台詞が無いのに怒りそうですよ・・・。ええ、例の中里さんの代名詞ともいえる版金云々・・・。
でも絵は相変わらず綺麗でしたしバトルシーンのCGも迫力ありました。啓介もカコ良かったよ~≧▽≦ 
声はもう気にしてもしょうがないー。あ、でも諏訪部さんの中里は私、意外といけました。中里は残念なイケメン、というイメージがあって檜山さんが本当に合ってたんですけどね、諏訪部さんも良かったです。
あとは・・・高橋家のゴージャスでスタイリッシュなコンクリート打ちっぱなしのガレージも出てきましたよ。そこに新旧のRX‐7が並んでいると本当にカコ良いvなんだかんだで大画面に兄弟が映るとによによ、テンションあがりました。

~ちょっと追記~
この後、原作を読み返したら、すみません!
アニキの「シンデレラー城、ミステリーツアーだ」の台詞はは手書きなんかじゃなく、しっかり印字されてますねwww
イニDはちょろっと手書きで書かれてる台詞が何気に美味しいので、これもてっきり手書きだと思っておりましたよ、ごめんなさい(^^;)


終了後はちょっくら甘い物でも食べてクールダウン。。。
cake_20150509204633810.jpg

檸檬のワッフル、美味でした。

その後は散歩がてら銀座を闊歩してちょっくら東京宝塚劇場前のキャトルレイヴまで。
いよいよ明日千秋楽を迎え退団される礼音さんのサヨナラDVDが出たので購入してきました。ムラでのサヨナラショーが入っているので、これを今夜見て、明日の千秋楽に備えたいと思いますー・・・って泣いちゃうかな(^^;)
page top
星組観劇3回目
今週も元気に宝塚観劇♪星組公演「黒豹の如く」「Dear DIAMOND」観劇してきました。
来週の千秋楽ライブビューイングを抜かせば、私にとってマイ楽。そう、星組の男役・礼音さんを生で観るのは今日で最後なのです。なのでしっっっかり目に焼き付けよう!と思いつつ・・・。
千秋楽のライビュは多分絶対、カメラは礼音さんをロックオンすると思われ、良くも悪くも礼音さんしか見られないと思うのですね。そうなると、他の子達を今観ておかないと!という気もしてきて、基本、礼音さんを観つつ他の子も観る、という何とも器用な?観劇してきました。ってか、もう目が足りないよ~!!

黒豹はもう内容はあまり考えず、ひたすらカコ良い礼音さんを観ておりました。・・・とはいえ、友達と「なんでセバスチャン@十輝さんは子爵なのに、母親がお針子やってんだろうね?」という疑問にまたもやぶち当たりまして(笑)「いや、ただのお針子じゃなくて高級マヌカンっぽいお針子なんじゃない?」とか「息子が子爵に婿養子に行ったんじゃない?」とか色々想像めぐらしておりました。もうね、こういう観る側が勝手に想像、補てんしていく過程も楽しい、と思うえるくらいには黒豹慣れました(笑)
お芝居ラストの礼音さんの「行きます!」って台詞と、演りきった感の銀橋を渡る礼音さんの表情がものすごく素敵です。

ショーはやっぱり楽しい。
最初から最後まで礼音さん退団仕様なんだけど、なんというかお祭りみたいな感じでね。あの神輿にしても最初見た時はちょっと引いたけど(^^;) やっぱり星組の、礼音さんにはこういうお祭り騒ぎみたいな感じが似合うな~、と。ただ、その分、祭りの後の寂しさも半端ないと思うけど・・・。
今日はベルボーイの礼音さんと紅さんの銀橋での絡みで、紅さんの投げキスを礼音さんが頭突き?で投げ返し、それをまた紅さんが投げ返してました。。。こういうやりとり、良いよねー。
あとダイアモンドスターのシーンでね、もうこの歌詞が泣けるのですよ。

  あなたに憧れて ダイアモンドスター(紅さん)
  あなたに育まれて ダイアモンドスター(真風くん)
  あなたを愛しぬいた ダイアモンドスター(ねねちゃん)

宝塚は退団者に必ず餞のシーンを用意してくれるんだけど、これは礼音さんに向けられる言葉と同時に紅さんたちが心から感じている言葉だろうな、と思うともうね、うるっときます。いや、今日は泣かなかったけどね、千秋楽はやばいかもです・・・。
最後の黒燕尾の総踊りはやっぱり何度見てもため息が出るくらい美しい。星というか礼音さんがトップになってからこういう正統派の男役総踊りがあまりなかった気がするので、ラストにこれが観られて本当に嬉しいです。というか大抵のトップの退団公演のショーには黒燕尾のシーンがありますが、どれもぴんっと糸を張り詰めたような緊張感と一糸乱れない美しさがありますね、やはり特別な何かがあるのでしょうか・・・。いや真飛さん、音月さん、大空さん、壮さんのサヨナラの時にも思ったので・・・。

礼音さんの会も入り出の会服が白に変わったそうで、いよいよカウントダウンに入ってきた感じ。残念ながら劇場で生でお見送りすることはできませんが(すごいよ、某チケサイトとか〇十万とか値がついてるよ、ひぇーーーー!)一応、星組ファンとして、礼音さんを研2の時、稔幸さん主演の「Love Insurance」のポール役を見て以来、見守ってきたので(ファンになったのはもっとずっと後だけどwww)ラスト、スクリーンの向こうから見送りたいと思います(^^)
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG