日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
ヤングマガジン大アート原画展2013
渋谷のヒカリエ・イベントスペースで7月26日から29日まで「ヤングマガジン大アート展2013」が開催されるというので行ってきました。
もちろんお目当てはイニDですよv

しかしこの手のイベントはジャンプ系や少女漫画系では行ったことあるのですが、マガジン系は全くの初めてなのでどんな感じなのかしら・・・と思ったんですがすんなり中に入れましたよ、良かった。

入口では等身大の拓海さんがお出迎えしてくれました。

inid.jpg

この拓海さん、大好きです。なんか普段のぼーっとしてる感じじゃなくて高校生らしく笑ってていつもと雰囲気違う感じが良いな~と。ちなみに14巻の表紙ですね。このイラストをウェルカムボード?にした主催者さんグッジョブです!!

中に入ると作品ごとにパーテーションで仕切られていたのですが、イニDコーナーは入口ほぼすぐに設置されてまして他に比べて何気に人だかりがして女性率が高かったのは・・・・やっぱ人気高いのですねぇ(笑)
壁に1巻から46巻までの表紙のカラーがずら~っと並べられてて圧巻でした。
こうして並べてみると、主人公拓海くんはもちろんですが、啓介さんやFDの表紙も多いのですねぇ。
ちなみに私が一番好きな表紙、というか啓介さんはこれですよん。

inid3.jpg
絵もこの頃が一番好きかも・・・。啓介さんカコ可愛いですよね~v

しかし講○社さんすごいな~、と思ったのが展示してある原画全て撮影可という事。ちなみにこの展示会の入場も無料ですよ、すごい太っ腹~。と言う事でみなさんパシャパシャ撮っていたので私もがんばって啓介さんを中心に涼介さん拓海さんを捕獲してきました。みんな譲り合って写真撮ってるのがすばらしいなvvvと(笑)

Sげの先生の作業机を再現、という事でイニDの生原稿とかも飾ってあったんですが、その原稿自体は86の絵だったんですがその側に資料として赤城・大沼の白鳥さんの写真とかがあってちょっと受けました(笑)ああ、この写真の白鳥さん見ながら先週のヤンマガとか描いたのかしら~とかね、勝手に妄想です。

そして来年公開予定の映画の映像もしっかり見てきましたよ!
ムービーで撮ってる人もいて、ああ、すごいな~と。

で、新着映像を見たんですが!啓介めちゃ良いです!!!5thのキャラデザがひどすぎたのであまり期待してなかったんですが、やはり宣伝部にかなり意見が行ったのでしょうか・・・(笑)啓介良いですよ、なんというかカコ可愛い啓介が戻ってきた!という感じです。この映像だったら通える!!!と思いました。
ただ内容は・・・オリジナルじゃなくて今までの集大成、もしくは焼き直し・・・なのかな。台詞とか無かったので断定できないのですが、1巻最初の「慣性ドリフト!?」ってところかFDvs86の啓介が追われてるシーン、が映っておりましたので。う~ん・・・もう少し情報が欲しかったな。でも来年夏がものすごい楽しみになりました☆

inid2.jpg
スポンサーサイト
page top
話が早い(笑)
ツイッターで繋がってはいるけど、会うのはお久しぶり~な友人と
「久しぶり~、今度飲みに行こうよ」
「いいよ、いつ行く?」
「明日、暇だよ」
「私も暇~」
「じゃ明日」
という短いやりとりで速攻、本日の飲み会が決定致しました。

人数少ないと、細か日程調整とかしなくて超楽ですね~。
という事て本日飲み会。狙ってるお店があるのですが、前日だと予約がもうできないので直接行くしかないという・・・時間的に無理かな~。まぁ、池袋なんていくらでも飲む所あるので良いのですけど♪

下の画像は先日食べたリコッタチーズのパンケーキ。
めちゃ美味しかった!・・・けどカロリー過多気味ですwwww(^^;)

pan.jpg


追記
無事、手羽先食べれた~!!
めちゃ美味しかったですvvv
tebasaki.jpg

ちなみにこのお店に行きました(^^)
tebasaki2.jpg
page top
頭文字Dが終わっちゃうよ+α
昨日は、腐なお友達と長時間、延々と萌え話をしておりました。まぁ、主にお☆様の話ですけどー。ってか27年たって未だにお☆様、語る事があるのがすごいね。10月にはまた500スぺでオンリーもあるのがなんとも。でもこうやって長期で愛される作品ってすごいと思いますv

そんなんで土日遊び倒したので(笑)今日はへろへろ~。でも会社涼しくて助かる~、みたいな。
そんなまったりな今日、朝一に飛び込んできたニュースがこれ。

※ ※ ※ ※ ※ ※

『頭文字D』公式
新劇場版『頭文字D』アニメ映画化決定!2014年 夏公開! 「ヤングマガジン大アート原画展2013」で映像を初公開! 公式サイトオープン【initiald-movie.com】(アニメ宣伝U)
 
さらに、アニメシリーズもラストバトルを描く『Final Stage』の制作が決定! mv.avex.jp/initial/initia… (アニメ宣伝U)

ヤングマガジン大アート原画展2013は2013年7月26日(金)〜29日(月)11時~21時30分(29日は18時)、渋谷ヒカリエ9階で開催です。『頭文字D』コーナーで新劇場版『頭文字D』映像を初公開します!(アニメ宣伝U)

※ ※ ※ ※ ※ ※

更にWEBニュースで「頭文字D 18年間の連載終了 来週のYMで最終回」というニュースが流れ。なんかやっぱりしんみりしてしまいましたね~。私がリアルで拘わっていたのはほんの数年、さらに濃く拘わっているのはそれこそここ1年くらいなんですが、こうしてリアルで最終回を迎えるというのがこう・・・なんとも寂しいですね。もう1週、残ってますが次号は正座して読むかも(笑)


そして夕方6時には来年100周年を迎える宝塚が来年のラインナップを発表する、というので待ってたら6時にヅカのサーバー、アクセス集中して堕ちる始末・・・orz
それでもなんとか情報手に入れましたけど・・・なんかヅカも色々と迷走してるようで・・・まぁ星が小池先生の新作で1本ものミュージカルで良かったかな。そして壮さんの雪も日本物だけど前田慶次って事で、また壮さんの殺陣が観られそうでこれも良いか、と。・・・宙と月はごめん・・・花は1回くらいは・・・って感じ(^^;)
とにかく今日は色々発表事があってテンションが変な私でございましたよ。。。
page top
「FROGS」観劇
渋谷のAiiA Theater Tokyo にて「FROGS」観劇。

「FROGS」は岸谷吾郎さんが演出、ポルノグラフィティの進藤晴一さんが主題歌製作、アミューズの若手が出演のダンスミュージカルで2009年2月以来の再演。
その時とはキャストが一新していて今回は主役のカケルが小関裕太くん、フクロウが平埜生成くんでした。

前回観た時、すごい良いミュージカルだな~と思って今回チケット取って4年ぶりに観たんですが、よく纏まっていてやっぱり良いミュージカルでした(笑)
休憩無しの1時間50分くらい?で、ダンスシーンも多く飽きさせずに一気に観せるって感じです。アミューズの若手の登竜門的な作品でもあるようだし、始めて舞台を観る人にも良い舞台じゃないかな~。

私が前回観た時は「おたまじゃくしーず」も居たのですが、今回は無し。
しかしなんと前回の「おたまじゃくしーず」の中に小関くんが居た事が発覚!いや、舞台上でカケルが「俺も昔おたまじゃくしだったから・・・」って台詞があり、「?どういう意味???」と思ったらバックに当時の映像が映し出され、その中になんと小関君が(笑)
本人も舞台上で「非常に照れてます」って言ってましたが・・・いや~、まさかあの可愛い子達の中からかえるを演る子が出てくるとは。
アミューズって若手を育てるのも上手いな~、と思いました。

ちなみに私の2009年2月の日記に
『おたまじゃくしーずも可愛かった!そして彼らもまだ小さいのにダンスが上手い。このまま成長したらどんなになるんでしょ・・・・FROGS予備軍ですかね(笑) 』
と書いてるんですがほんとその通りになったよ、すげーーーーー!と1人で悦に入っております(笑)

キャストさんたち8人、すごい良かったですが滑舌がちょっと悪いwww 台詞が聞き取りにくかったです。
ダンスはアクロバティックが多い感じでしたが(これだと派手に見えますよねー)私のような素人からしたらすごい踊ってるーって感じで観ていて気持ち良かったです。前回のキャストも4回の再演をしてるので、またこのメンバーでも1~2年後に再演してくれたら、より成長していて良いんじゃないでしょうか。

岸谷さん、寺脇さん、小倉さんの声も健在でv 新録したのかは解らないけどちょろっと大人の声が入るだけでも舞台が締まる感じが良いですよ。
是非又再演して欲しい舞台です。
page top
テニミュ2nd 氷帝戦全国大会 観劇
TDCホールでテニミュ「氷帝 全国大会」編観劇~。
このホール、ほんと見にくい(>_<) 下手にアリーナだ~vvvと喜ぶと段差がなくて酷い目にあいますwww 今日もアリーナ11列目だったんだけどね、ちょうど段差がない席で前の方の頭ともろ被りでめちゃ見にくい!だったら段差のある第一バルコニーの方が全然良いかも・・・って感じの観劇でした。死角があるとものすごいストレスなんですよねーーーーー。

そんで氷帝戦ですが。
つらつら思い出すにテニミュ1stは多分この「氷帝 全国大会」が一番観てるんですよね。そんでDVDも繰り返し見てたんで、なんかそれを又生で観てる、ってのがなんとも変な感じでした。比べちゃいけない、と思いつつもつい、あ、ここは瀬戸くんが。。。とか思っちゃうわけですよ(^^;)

オープニングは1stと違って比嘉メンバーの客席から登場~で幕開き。
今回は比嘉メンバーが日替わりでなくメンバー5人がフル出場、って事でかなり美味しい、というか目立ってましたね。アドリブとかみんな上手い!
そっからの青学の「ザ・トップ」~「氷点下の情熱」への流れ。1stと全くの逆ですね。1stは「氷点下~」で始まりそっから「ザ・トップ」でしたから。
でも「ザ・トップ」は好きな曲なので今回もやってくれて良かったです。思うに、氷帝都大会編で「Do YourBest!!」をやらなかったのが相当ファンからクレーム?が行ったと思われ。。。やっぱりメインテーマは良い曲多いから、それを使って欲しい!!と切に思ってたので(あともうメインテーマは刷り込まれちゃってるのがあるよね)今回はちゃんと「ザ・トップ」を使ってくれて嬉しかったです。氷帝のテーマも変わらなかったけど、こちらは変にアレンジされちゃってましたね。わざわざこのメンバーでハードルあげなくても!!!と思ったり(^^;) まぁ破たんしてなかったから良いけど。
そして!青木くんの跡部様は相変わらずお美しかったんですが・・・。
こ・・・声が!なんかすごく高くなっちゃってて、第一声の「お前ら、だまって俺に付いてこい!」が一瞬「え!?今の誰の声?誰の台詞???」と考え込んでしまいました。なんでこんなに声、高くなっちゃったんでしょう?それとも私が勝手に低い声で跡部様を想像してたのかしら???いやでも前回までは全然違和感ない声だったと思うので・・・できればもう少し低くどっしりした声でお願い致します。

しかし・・・何度もDVDでも観た!と言いましたが、所詮DVDはとばせるので見てたのはお気に入りのシーンだけだったようで・・・忍足vs桃城の試合なんてすーっかり忘れておりまして(笑)非常に新鮮な気持ちで見させて頂きました。忍足役の子(すみません、もう名前覚えられせんよ。。。)声がめっちゃ良いな~。
手塚の試合の時の青学メンバーによる「不撓不屈へのオマージュ」は、ソロパートがことごとくみんな音が取れず、えらいこっちゃwww になっておりましたが(^^;) リョーマ@小越くんパートになると安定していてホッとしました。さすが初期からやってるだけあります、音程もダンスも安定していて安心して聞けます。まぁテニミュって、段々上手になっていく過程も面白いというか、醍醐味だと思うので青学のみんなもがんばれっっっ!!>同じ理由で「タイブレーク」もがんばれ~と思ったり。

トリシシはねぇ、ごめんね。
この2人が悪いわけじゃないの。2人もすごい良いよ、良い黄金ペアだと思うよvただ。。。ケンケンと瀬戸くんor伊達くんが好きだったからなぁ。。。
今回、黄金ペア対決のシーンで1曲、トリシシソングが増えていたんですが!!・・・正直、これをケンケンと瀬戸くんで聞きたかったです。
しかし、トリシシが1曲増えて、嬉しい~!と思ったのもつかの間、次の「シンクロ」がトリシシソングから氷帝ソングに変更されてました・・・しくしくしく。トリシシでがっつり歌わせて下さいよーーーー!
試合はまぁ、1stと同じ流れで。
あ、すごい細かい事ですが長太郎@白州くんの「死んでも止めます!」って言い方がすっごい良かったです。他の誰の言い方より一番私の理想の言い方でした。次回も是非、あの感じでお願いします!!

次の観劇はもう凱旋なんで9月。
それまでにキャストがどれくらい成長してるか楽しみですv
page top
雪組「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」観劇
やーっと壮さんの「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」を観劇してきました。
今年の2月に名古屋の中日公演でプレお披露目を観てはいますが、やはり東京大劇場で「雪組の壮一帆です・・・」ってアナウンス聞くのは格別ですねー。ほんと壮さん、トップおめでとうございます!

ベルばらは今回は「フェルゼン編」という事で・・・2006年に星組で湖月わたるさんトップ時に演った「フェルゼンとマリー・アントワネット編」をベースに壮さん仕様にした舞台でしたね。
そう、「マリー・アントワネット」がついてないのでアントワネット様の出番が少ない~(^^;) せっくの壮さんとあゆっち(愛加あゆちゃん)のお披露目公演なのに「夜霧のボート」のシーンがカット。その代わりにこの公演で退団する国王16世@ソルーナさん(磯野千尋さん)のシーンと台詞が増え、壮さん仕様で国境越えのシーンで殺陣がある、って感じでしょうか。

幕開きはいつもの通り「ごらんなさい~vごらんなさい~v」で始まるんですが、あくまでフェルゼンを目立たせるためか、例のごとく池田理代子先生のイラストの後ろからフェルゼン@壮さんがご登場なんですがオスカルやアンドレはイラストも無く、オープニングでは扮装もしておらず他キャストと同じ扱い。え~と・・・それくらいは2人別格で目立たせても良いんじゃないのでしょうか。ただでさえオスカル@ちぎちゃんもアンドレ@まっつも出番少ないんだからーーーと思ったり。
初めに人形っぽい演技で仮面を付けた3人がオスカルとフェルゼン、アントワネットの出会いを劇仕立てでみせたのは面白かったです。(しかし雪は、人形芝居、とか仮面舞踏会、とかほんと舞台上でよく使われるよねー)

こう改めて観ると、ほんとフェルゼンってひどい人なんですが・・・・・(笑)
台詞でメルシー伯に「あなたは勝手な人だ」とかオスカルに「君にこの気持ちはわからないだろう」とか暴言の数々を吐いて「いやいや、あなたの方がよっもど身勝手だよ!」とか突っ込みたくなるんですが・・・壮さんがやると、なんというかひどいんだけど(爆)美は正義というかなんとなく許せちゃうのがファン心理でしょうか。いや決してフェルゼンの人となり、好きじゃないんですけど(笑)
壮さんはベルばら役者ですがフェルゼンを演じるのは初めてと言っておりましたが、すっとした立ち姿が美しく似合っておりましたよ。ベルばらメイクの青いアイラインも気合入っておりましたしー。

そしてお茶会でも見どころの一つ、とおっしゃってたスウェーデンの国境を超えるシーン。
ここはカコのべルばらでは無かった、壮さんの為に作られたシーン。本当に「水戸黄門」で「勧進帳」で「暴れん坊将軍」なシーンでした。ジェローデル@ともみんが「このお方をどなたとこころえる」的な台詞を言った時、吹き出しそうになりました。壮さんの殺陣はほんとにカコ良いvプレお披露目の「若き日の唄は忘れじ」でも殺陣のシーンありましたが、昔剣道をやってたというだけあって腰が決まってるんですよね。友人は壮さんの事を「剣豪トップ」を呼んでおりますよ、私も同意です。
そして本当に国境の柵を脚で蹴っとばして国境越え。いや~、活動的だわ、このフェルゼン様v

あゆっちのアントワネット様は出番が少ないけど、やっぱりラストはうるっときます。この人はお芝居が上手い人なんだなぁ、と。「さよなら、パリ。さよならフランス!!」と叫んで断頭台へ登っていくシーンは迫力でした。ふっくら体系のあゆっち、牢獄でのやつれた感をどうするのかと思ったけど、メイクでちゃんと出してましたね。壮さんの「王妃様ーーーー」の叫びと相まってちょっと泣かされましたよ、悔しい!!(笑)
ちぎちゃんのオスカルはこれまた出番少ないけど、女々しいオスカルじゃなくて良かった!な~んか演じる人によってオスカルってものすごく女々しく女っぽくなっちゃったりするんですが、ちぎちゃんのオスカルは凛々しかったですよ。もっとももっと出番が多かったなら、植田爺の演出で女々しくされちゃってたかもしれないけど・・・
バスティーユの場面もカッコ良かった。ダンス上手いしね。次作では女役だけど、ダンス教師の役なので、楽しみです。

フィナーレはなんと!「愛の棺」ですよvvv
20年ほど前(!)杜けあきさんと一路真輝さんが演ったベルばらの時のフィナーレでフェルゼンで特別出演したシメさん@紫苑ゆうさんが同期のニナちゃん@仁科有理ちゃんと踊った「愛の棺」です。その後、花、宙、星で演ったフェルゼン編ではこの曲使われる事なくて寂しかったんですが・・・まさかここで使って下さるとは。
そして男役総踊りの黒燕尾での「オマージュ」。これはわたる君の時とほぼ同じ振り付け。雪組男役を従えて階段を降りて一番前で踊る壮さん・・・感無量です。
ただ・・・フィナーレナンバーがこれだけなのが物足りない感じですよ・・・。「薔薇のタンゴ」も「薔薇のボレロ」も一切なし。。。。壮さんの体力温存・・・ですかね(^^;)でもオスカルちぎちゃんやアンドレまっつのダンスが無いのが残念。
それでも大階段を羽しょって降りてくる壮さん観られて満足です。
page top
壮一帆さんお茶会
雪組トップ、壮一帆さんのお茶会に行って参りました。

雪組トップになって初めてのお茶会!!ファンとしては何が重なってもこれを最優先で行くべきでしょう!という事で加藤くんのライブも振って(笑)行ってきましたv
現在雪はベルばら公演中なんですが・・・実は私、未だに本公演を観ておりません。一応1回はちゃんと観劇しますけどね~。来週に。

そして向かった某ホテルの某披露宴会場。
すごい!人が一杯居るよ~!!!

花組2番手あたりからずっと壮さんのお茶会参加してますが、途中、お茶会の人数がなかなか増えずやきもきもしましたが・・・(スタッフ、なぜトップと同じ日にお茶会設定する!!、とかがつがつしてないのが壮さんファンクラブの良い所、とはいえここはもう少し貪欲にポイント制とかにして人数増やそうよ!とかまぁ色々。。。)やはり「トップ」と「ベルばら公演」という肩書きはすごいのか・・・すごい人数多くて壮さんも嬉しそうでした。
あ、ちなみに私は宝塚関係ではファンクラブ関係、一切入っておりません。入って無くてもお茶会は参加できますよんv興味がある人やこの人のお茶会に行ってみたいな~、と思ってる人はその人宛に「お茶会に行きたいんですけど」ってお手紙書くか、劇場の外でチケ出ししてるほどの人ならスタッフさんに聞けば案内してもらえますよー。
一番手っ取り早いのは、近くにお茶会行ってる人が居て連れてってもらう方法だと思いますけど。←ちなみに私はこれ。

という事で壮さんのお茶会。
「翔けろ!ペガサスのごとく」(別名・行け行けフェルゼン・笑)のBGMで登場。
全身白のブラウスにパンツ姿で相変わらず細くて綺麗~。でも毒舌(笑)このギャップがたまらんのですvvvちなみにあゆっち、色々とばっさり切られてましたよ、大丈夫かいな、このコンビ。。。(笑)でもちゃんと指輪を贈ったらしく。壮さんの愛は深いよ・・・

さっそく公演中のベルばらの話から次の公演のポスター撮りの話から、プライベートまで色々と話す話す。
壮さんは司会者の方が1つ質問を投げかけると、それ以上の、それこそ10倍の言葉で返してくれるのですよね。そして話す時も色んな方向に顔を向けて私たちを見てくれる。こういう心使いが嬉しいです。
ちなみに壮さんはベルばら役者。
今回で5回目のご出演だそうで。衛兵隊、ジェローデル、アラン、アンドレ、ときて今回初のフェルゼン役だそうです。

壮さん的、今回のベルばらの見所はやはり国境を越えるシーン。
あそこは「水戸黄門」と「暴れん坊将軍」と「勧進帳」が合わさったもろ時代劇風味なシーンらしい。そしてジェローデルともみん@夢乃さんと立ち回りをするので「このシーンは2人バスティーユだよね」、と言ってるらしい。確かにオスカルのバスティーユと同じくらい迫力ありそう。。。
でもあのシーンは壮さんもお気に入りで、数あるベルばらの中でも名シーンとして残ってくれるのではないか、と言っておりました。

このベルばらの後は雪組は二手に別れて全ツへ。
花組時代、壮さんが「カナリア」を演ってる時に同期の蘭寿さんが東周りの全ツで震災後の仙台に行っており、すごい印象深い公演になったと色々聞いていたので、自分も絶対行きたくて今回その思いが叶って良かったとか。日本人として被災地を訪れたく、自分たちの公演で少しでも何かをお届けできたら。。。とおっしゃっておりました。
私は仙台までは行きませんが、市川へ観に行く予定。ポスターが「ナルシスノアール」なんですよね。「ナルシストな感じで」という注文でポスターは撮られたらしいですが。
星組のOGさんからも期待されてるようですし、星組ファンの私もめちゃくちゃ楽しみですよv

そしてその後はまた本拠地に戻っての「Shall We Dance?」。
「先日、衝撃の配役発表がでましたが・・・」って、やっぱ壮さんたちもちぎちゃんの女役は衝撃だったんだ!(笑)
でもあゆっちが演るより自然だと思うし、私は俄然、楽しみになってきました!ショーも雪はずっと斉藤先生が多かったけど久しぶりの大介先生のショーという事で楽しみ、と言ってましたよ。

そんなんで相変わらずマシンガントークで楽しかったです。
ちなみにトップになったのに、相変わらず写真撮影ありました。これもう、要らないのにな~。私の年にもなると別に自分の写真はいらない(笑)壮さん単品が良いです。。。
それよりはもっと色々トークして欲しいな、ってのが正直な所。
あ、でも終了後に出口で壮さん、お見送りで1人1人に薔薇模様の飴を手渡しで下さいましたよ、トップ様なのに~~~~!!

そんなんで相変わらず、楽しいお茶会でした。来週はそんな壮さんがフェルゼンを演じるベルばら観劇です。
page top
7月7日
今日は7月7日、七夕の日ですね~、東京、ものすっごい快晴の夏日です。気温30度軽く越えてるんじゃないかな。

ヲタク活動なんかをしていると、日時には結構みな様拘りますよね。
今日は誰誰の誕生日だ、とか今日は○○カプの日だ~、とか。私は数字に疎くて人様の誕生日とか覚えるのが本当に苦手でして(^^;) 人様が踊ってるのを見て、ああ、今日は○○の日なのね~、などと思い出すような人間なんですが・・・。
そんな私でも今日7月7日がセブンの日!ってのは忘れてないですよー。
そう、今日はRX-7の日vつまり高橋兄弟の日なのです!なので今年くらいは私も踊っておこう!とがんばりました。こういうのはのったもん勝ちですからね。自分が楽しければ良いのだvうん。

しかし私が嵌るジャンルって7月に祭りするのが多いかもしれない。
スラダンはジャンプ作品なのにキャラの誕生日が全然解らなくてねぇ・・・(花道と流川くらい?解ってるのって)私の愛する仙道くんの誕生日が解らないまま連載を終えられ・・・そうなるとファンは捏造するしかないわけで(笑)仙道君の背番号が「7」だったんで7月生まれ設定が多かったような気がしますよ。そして仙流なみんなで7月11日は「仙流の日」と踊ってたような気がします。今でも7月11日になると、「あ・・・仙流・・・」と思い出すのでこれはも刷り込まれてるんでしょうvvv
そして今年からは「セブンの日」ってのも刷り込まれそうです。
今日7月7日なんて語呂も良いのでこの日が誕生日のキャラも多いんじゃないかな~。みんなおめでとう!←誰がいるかは知らないwww

ところで。
3次元でも今日は色々と重なってる日なのですよね。
1年365日あるのに、なぜ重なる時は重なるのか・・・。
今日は夜は雪組トップ壮さんのお茶会があるので、そちらにお邪魔する予定なのですが・・・なんとその予定を入れた途端、加藤くん(加藤和樹ね)がライブをやる、と発表しまして。くーーーーー!すんごい行きたかった!。彼のソロライブは久しぶりだし、「デビュー7周年の記念ライブを7月7日にやる!」ってコンセプトがすごい良くて、ほんと参加したかったんですけどね・・・。先に壮さんのお茶会入れちゃったのと、やっぱりトップになって初めてのお茶会、長年応援していたファンとしては行かないわけにはいかないでしょう。。。という事で壮さんを取ったんですが。
ちょっと・・・非常に残念です。土日でずれていてくれたらな~~~~~!

まぁそんなんで7月7日、2次元3次元で色々楽しみたいと思いますv
page top
オペラシティ
実はクラシックも普通に好きなんですが、如何せん、観たいもの聞きたいものが多すぎてクラシックまで手が回りません・・・
そんな中、母が行く予定だったクラシックコンサートのチケットが降ってきましたvいや母が都合が悪くなったから代わりに行ってきて、と。こういう機会でもないとね、ほんとなかなかクラシックには足を運べないので喜んで行ってきました!
場所は初台のオペラシティコンサートホール。
読売日本交響楽団さんの公演で、内容がベートーベンの「皇帝」と「田園」。両方とも知ってる、というか(笑)好きな曲なのでそれを生で聞けるのが嬉しい!!!

しかし・・・会社から直接会場へ行ったんですが、6時半開演でまさに飛び込んだ感じ。6時半開演は会社帰りにはなかなか辛い。結構送れてくる人も居たかな。
クラシックの音や技術云々は語れるほど詳しくも耳も越えてないので語れないのですが(^^;)こういう曲を生で聞く、というのはやっぱり心地よいものだなと思いました。ピアノも迫力あったし弦楽器の音色も綺麗。まったり心地よすぎてつい睡魔が・・・なんてのもクラシックの醍醐味でしょうか。。。。

オペラシティホールのホワイエには軽く軽食やワインを飲めるラウンジもあるのですが、今回は「皇帝」と「田園」の間に15分の休憩があるだけでしたので、トイレなんかに行っちゃうともうラウンジでどうこうする時間はほとんどなく・・・。30分とか休憩いれられちゃうのも手持ちぶたさで困る時がありますが、15分ってのも短すぎてゆっくり会場を見まわる暇もありませんでした。。。ま、会場散策は次の機会に。

久しぶりのクラシック、なかなか堪能させて頂きました。
page top
フルーツ食べ放題~♪
フルーツの美味しい季節vという事で。
某有名フルーツパーラー千○屋さんのフルーツ食べ放題に行ってきました。
フルーツ食べ放題、と言ってもフルーツサンドやサラダ、パスタ、カレーなどの主食もあります。でもやっぱり目を引くのは美味しそうなフルーツ。
この季節はマンゴーを中心に桃、巨砲、メロン、キウイ、パイナップル、ランブータン、ライチ、オレンジ数種類・・・などなどがてんこ盛り。その他におひとり様1品で焼き立てワッフルや店舗で売ってるケーキなども食べられ大満足の内容です。

でも・・・昔ほど食べられなくなったのが悔しい~!!!
ほんとどれも美味しいんですけどね、もう無理・・・・・。その横で後輩ちゃんがもりもりとカレーを食べて、私の分のワッフルも半分食べてくれ・・・・ああ、若さってすばらしいvvvと思いましたよ、くくく・・・(笑)
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG