日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
メンタメ2012
メンタメ2012 in 赤坂BLITZ

出演者
鎌苅健太 崎本大海 佐々木喜英 JOKER Honey L Days 米原幸佑  (50音順)

え~と、去年やっぱイケメン集めたライブ+αな舞台?を観てきました。
楽しかったんですが、なんかもうチケ取りの段階で色々とストレス溜まって、無事観れて良かったな、という感じです。←友達に多謝vなのです。

みんな自分の持ち歌を2曲づつ披露したあと、小芝居ってかコントを演って最後に色んなメンバーでのコラボがあって終了、3時間弱のライブでした。
やっぱりJOKERの加藤くんと伊達くんはカコ良いv
そしてケンケンと伊達くんが同じ舞台に立ってる事に感動。こんな事、もう2度と無いと思ったので。。。
でも伊達くんはJOKERの演奏以外、小芝居やコラボには一切出演せず。。。まぁ人見知りさんだしね・・・そこらへんは加藤くんがフォローしてるんでしょうか。
今回の加藤くんは女役(女装ではない)やったり色々がんばってました。

仕切は最初、ハニエルさんかと思ったんですが、関西人の米原くんとケンケンがほぼ仕切ってましたね。やっぱ2人のMC上手いです。なので安心して聞いてられました(笑)

あ、そういやVIP席にいた伊達くんのお兄さんを見たよ!
いや伊達くんがステージ上から「アニキ!」って叫んで、加藤くんが「あ、どうもー」って挨拶したんでVIP席見たら、お辞儀してる人が居たんで、あ、この人が。。。って感じで見たんですが、やっぱり似てた(笑)イケメン兄弟なのねんvvv
スポンサーサイト
page top
久しぶりに萌えてますv
この週末は久しぶりにヲタクな生活をしておりました(笑)

ここ最近はなんつーか、こう・・・がっつり萌えるものが無くてですねぇ・・・トリシシはもちろん好きだけど最近はもう、斜陽なのでコンスタントに新刊やサイト更新があるわけでもなく、トーアユはもともと人口が少なく。。。
久しぶりにΩの影響で原点回帰、紫龍を中心に星矢サイト巡ったりもしたんですが紫龍サイトって少ない!やっぱり黄金人気がすごいですねぇ・・・黄金は好きだけど同人サイト巡るほどでもなく・・・ってんで最近は大人しく?宝塚やTMで遊んでたんですが。

久しぶりにねぇ、嵌ってます「頭文字D」に!!!
いや、これも何年か前に友人から原作借りたらすっごい嵌って、同人も色々買ったりしてたんですが、引越と同時に色々処分しちゃったし原作も途中から追わなくなっちゃったんですけどね。最近、ケーブルテレビを見るようになって、たまたまイニDのアニメ見たんですよ。アニメとCGの合体アニメ、ってんで最初ちょっと違和感あったんだけど作画とか悪くない。ほーーーと思い、ちょっとBOOK OFFに行って原作読んだらもう懐かしい、ってか面白くてねぇ。
そっから私のすごい生活が始まりました(爆)
先週の木曜からほぼ寝ずに(!)you tubeにあがってるイニDのアニメを1st SEASONから4th SEASONまで全部見て(それでも池谷先輩と真子ちゃんのあたりとか樹と和美ちゃんのあたりは飛ばした。。。)同人サイトをめぐり・・・なんかもうホントに寝食忘れ、イニDにどっぷり嵌っておりました。うん、インD面白いよ≧▽≦ 
アニメは結構ちゃんと原作に沿って作られてて、声優さんも良いですよ。
なんたって藤原拓海=三木真一郎、高橋涼介=子安(下は忘れたけど、あの子安だ。。。)、高橋啓介=関智一ですもん、最高v

私のお気に入りはもちろん高橋啓介!もうめちゃカコ良くて可愛い。猫なんだけどワンコタイプ。自分の趣味がめっちゃ解ります(笑)
ちなみに基本、啓介×拓海で涼介×啓介です(爆)(でも処分しちゃったんで、数冊残ってる同人誌は作者さんが好きなせいもあって涼介×拓海・・・という(^^;))
あのぶっきらぼうだけど、弟気質でアニキに甘えまくり、感情がストレートで昔ぐれてたとはいえ何気に素直でお坊ちゃま育ちが垣間見れる所がたまりません。女の子にも優しい、でも超ストイック。みんな言ってるけど、多分「アニキ」って台詞が一番多いんじゃないかい???(笑)恭子ちゃんとのくだりのエピソードは結構好きだったりします。(まぁ最終的にくっつかないしねv)
そんで、啓介×拓海の場合は頼りがいのあるやんちゃな攻めで、めちゃ男らしいけどたまに拓海に甘ったれモードになるのが良くって、涼介×啓介の場合は、もうブラコン全開でアニキに甘やかされ放題の可愛い感じが好きですよー。
ってかサイトもたくさんあって嬉しい悲鳴。自家発電しなくて良いってすばらしい!!!

アニメも慣れるとめっちゃ面白い!
原作だけだとイマイチ解らないレースの駆け引きとか車のコースのラインとかライバルを追い抜く感じが良く解ります。別に車好きってわけでもないし、むしろ車の車種とか良く解らないんですが、普通に啓介の乗ってる黄色いFDはカコ良いと思いますvvv
でも途中でかなり激しくクラッシュしちゃって、色々パーツが変わっちゃったんだよね。。。初期の方が派手だけどシンプルで良かったな~。。。とか解らないなりに言ってみる。
アニメで好きな所は、初期のRED SUNSとして秋名に乗り込んでくる所とか、拓海のバトルを見に来る所。必ず啓介の黄色いFDが先頭なんだよね。そしてその後ろに涼介の白いFCが付いてくる。なんか切り込み隊長みたいで(笑)俺が先頭~!みたいな啓介の拘りっぽいのが垣間見れて楽しい。そしてそれを余裕で許して、啓介のFDの後を走る兄も良いよね~。という、なかなか腐った見方をしております。でもまじでカラーで見るとカコ良いよv

はい、暫くはイニDで遊びます(笑)
page top
「SHOW-ism Ⅳ TATTOO14」観劇
SIBUYAーAXにて舞台「SHOW-ism Ⅳ TATTOO14」」を観劇、場所はライブハウスでも中身はお芝居です。

小林香さん演出の舞台。CLUB SEVENなどを演出してる玉野さんみたいに、独特の舞台(世界観)を作る方のようで、このSHOW-ismも今回で第4段だそう。彼女の舞台を観るのは多分初めてなんですが、彼女の過去演出した作品を観ると歌唱力重視の舞台を作る人なのかな~と思いました。そのくらい、歌がすごい舞台でした。

キャストは7人+日替わりゲスト1人。

水夏希 (次女・ビー)
保坂知寿 (長女・ラム)
シルビア・グラブ (三女・ローズ)
高良結香 (四女・オーロラ)
今枝珠美 (五女・ジンジャー)
Miz (六女・キャンディー)
Jennifer (七女・ファーファ)

ゲスト 中川晃教


ストーリーは、2年前に次女のビーが警察沙汰の事件を起こしたことから自然消滅してた7人のショーグループ「TATTOO14」が再び、ビーの呼びかけで結成して、サンフランシスコで開かれるショーコンテストに出場する為に、ナッシュビルから3500キロをオンボロ車で移動しながら、昔の絆を取り戻していく・・・というようなお話。

とにかくみんな歌が上手くて感動、多分7人の中で一番下手なのは水さんかと・・・・(^^;) 水さんも決して歌が下手なわけではないので、それだけレベルが高いと思われ。。。オリジナルからカントリー、バーレスク、ミュージカル、アメリカンロック。。。と色々なジャンルの曲を歌ってくれましたが、ソロだったりデュエットだったりコーラスだったり。。。どれも迫力で鳥肌ものでした。ライブハウス使っているから音も良いのかな。演奏も生演奏でしたし。

水さんを観るのは宝塚退団後、初だったんですがお仕事を上手く選んでいるようで女優としての違和感無かったです(笑)今回演じたビーもスカートなんて履かないめちゃくちゃ男らしい役だったので、宝塚時代の水さんが好きな人も嬉しいんじゃないかな。
シルビアさんとJenniferさんは帝劇の「レベッカ」や「ダンスオブ・バァンパイア」で観たことある人。、シルビアさんが色んな引き出しを持ってるのは知ってたけど、ジェニファーさんも確か、ダンス~で色っぽい人妻を演じてた人だと思われ。。。今回はぬいぐるみを抱く可愛い末っ子を熱演していて、女優さんってすごいと思いました(笑)
保坂さんもまぁ、39歳、という役は置いといて、可愛くもお酒大好きな長女を熱演しておりました。保坂さんは声が可愛いよね~。歌ももちろん上手いです!
他の方たちはごめんなさい、初めてお名前聞く方たちばかりだったんですが、日本にもこんなに歌える人が居るんだー、って事に感動。ラストの曲がゴスペルっぽくて本当に感動しました。

日替わりゲストは中川くん。
一幕に一曲、二幕に一曲。一幕では中川くんの曲に合わせて水さんが踊っておりました。
でも中川くんは素が面白い!!!
カーテンコールでのMCがなんか一番盛り上がりました(笑)
水さんが女7人、女子力でがんばりましたー的な事を言ったんですが、そんな水さんのこの日の差し入れは焼肉弁当。中川くんに「みなさん肉食系女子、ほんとこの7人すごくて喰われそうです」と言われてました。
そっからなぜか焼肉、ニンニク、キムチの話題になり・・・、中川君が即興で「ニンニクの想いをこめて歌いましょう」とアカペラで歌いだす。
みんなもこの流れにびっくりしつつも、ニンニク~とかキムチ~とか各々が歌うんだけどちゃんと歌になってるすごいさwww
でもあまりに長くて最後は「いつまでやってるの!!!」と今枝さん?に止められて終了。
非常に楽しかったです。やっぱミュージカルは歌が命!と心から思いました。
page top
女子会
久しぶりに会ったTMファンの友人と高田馬場へ会
社帰りに飲みに行きましたv
高田馬場なんてほぼ初めて~の街だったんですが、近くに大学があるせいか駅前とか色々と賑わってましたね。
そして入った居酒屋も賑わってました・・・ってか学生の集団が居たみたいでうるさかった(^^;)
でも普通に料理はおいしかったし飲み放題だったのでビール2杯、サワー2杯、梅酒2杯、カクテル1敗、と遠慮せずに飲んできましたよっと(笑)
そんで色々と話がはずんだ後、なぜかそのままカラオケへ。
うわ、カラオケなんてもう何年も行ってないよ、3年ぶりくらいかな~・・・もっと?既に記憶があやふや(笑)とのかく友人とカラオケにいったんだけど、まぁ時間も遅かったので1時間だけ。でもその1時間で歌ってよいのはTMの曲だけ!というTM縛りのカラオケをしてきましたよ、楽しかった~。
やっぱりTMってか小室さんの曲は歌うと難しいね、ウツ、すごいよvvvそして画面にTM本人たちんのプロもが映ったりしたらもう、興味乱舞!!!30代の頃のウツってほんと最強だったな~。
うん、久しぶりのカラオケはなかなかストレス発散にもなって楽しかったですv
page top
雪組「ドン・カルロス」観劇
トップが歌えるってすばらしい!!!≧▽≦

そんな感想をもった雪組「ドン・カルロス」「Shaining Rhythm!」観劇。
とにかくトップスター・音月桂歌いまくり~なイメージの舞台でした。

「ドン・カルロス」はスペイン・フェリペ2世の息子ドン・カルロスのお話。一応原作・シラーとなってましたがもう完璧宝塚版ドン・カルロスとなっておりました。ってか原作はもちろん史実も無視しまくりー。カルロスは獄中で死ぬことなく侍女と仲良く旅立っていきましたよ、っと(笑)
ここらへんの歴史好き~としては、色々と突っ込み所満載でしたが上手くヅカっぽく纏めていましたね。結局、これって夫婦の痴話げんかに息子とか他の貴族とか巻き込まれちゃっただけ???な感じもしましたが(笑)
娘役トップのみみちゃんも、なんでこういう健気な役が似合うのかvvv可愛いよね~。
しかし、牢獄に捉えられたカルロスに会いに行くのはどうなの。。。フェリペ2世の義弟ドン・ファンが「とてもじゃないが牢獄にはここまでしか近寄れない・・・」と断念した堅固な牢獄に女の子が裸足で石垣よじ登って会いに来るって・・・(^^;)
あげく「男って勝手よね!」って逆ギレ。最近の娘役トップさんは色々すごいね(笑)

ちなみに関係ないけど、この時代の某漫画「サラディナーサ」を愛読してた私は、最初、緒月さんのドンファンがあの漫画のドンファンと同人物ってのに暫く気が付きませんでしたよ、いやイメージがね。。。って漫画知らなければ解らない話です(笑)

ショーはもう、これぞ音月さんの本領発揮!とでもいうような歌いまくり~なショーでした。本来、キムってフェアリータイプかと思ってたんですが、意外と男っぽい、というかダークな役が似合うんじゃないかと最近思ったり。前作、仮面の男の悪役も良かったしね。
お芝居が甘い(というか、弱いというか有る意味情けない)役だったのに対して、ショーでは男役全開。客席を釣る釣る。。。(笑)
他、ちぎ、まっち、沙央。。。と雪もなかなか良い男役が揃ってるよね~。あ、あと組長・ナガさん@飛鳥裕さんが要所要所で踊ってたのにも感動しました。やっぱり立ち姿が綺麗、舞台の奥の方でバーテンさんに扮してちょっとした小芝居をしてるのも良い。ナガさんはこの公演で専科に移動なんですよね。。。寂しいです。
黒燕尾の男役総踊りでは、これまた音月さんがすごいドス。。。いえ魂こもった渾身の「パダン・パダン」を聞かせて下さいまして、なんか、ほんとこれで退団決めちゃうなんてもったいない・・・と改めて思いました。うん、ホントもったいないなぁ。。。

でも次作の退団公演では、北翔さんのご降臨が決定してるのですね。
すごい、キム、まっつ、みっちゃん、と歌上手同期3人がそろうなんて、夢のよう!北翔さんはショーへの出演も決まってるしどうぞ3人で存分に歌いまくって欲しいですvvv
・・・でもそうなると、ちぎがちょっと可哀想かな~~~(^^;)
page top
テニミュ運動会
有明コロシアムにて「テニミュ運動会」なるものが開催されたので行ってきました。
え~と・・・運動会???と誰もが思いつつ参加したこのイベント。まさしく運動会でした(爆)

テニミュキャストが紅と白に別れて運動会をする、という物で。これね~、発想は面白いと思ったんだけど組み分けがなーーー。素直に学校対抗にして欲しかった!そしたら心おきなく氷帝を応援するのに。。。でもそれだと人数的な差とか色々あるのかどうなのか・・・学校関係なく紅白に分かれちゃったんですよね。
なのでトリシシは同じ白組だったけど跡部さまは紅組という・・・。やっぱさぁ、跡部さまも元、絶対勝ちに行く氷帝メンバーが見たかったんだけどね。ま、アニメと違ってこういうリアルでやるイベントは難しいよね(^^;)

紅白に分かれたキャストの面々が色々と競技をしていくわけですが、どこまでキャラを崩さずにやるか、というのもあるわけで、これって実はかなりキャストの力量問われるんじゃないの?とか思ったり(笑)
いや~、でも跡部様役の青木くんはすごかったですv
最初、みんなでラジオ体操をやるんですが・・・かったるそうな亜久津、帰国子女で知らないリョーマ、庶民の体操なんか全く知らないので樺地にお手本を見せて貰う跡部様・・・と結構みんな考えてる。
玉入れなんて、跡部様、玉を全部樺地に拾わせただ投げるだけ。みんなが地べたに座って応援してる所を1人だけ椅子に座る・・・などなど、色々笑わせてくれました。
トリシシはねぇ。。。うん、可愛かったんだけどね、二人三脚で組まないとかありえないーーー。(でもそういう意見(文句???)が多かったのか夜の部では2人組んでたらしいよ!笑)

ま、制作側の初めての事で色々手探り状態だったと思われますが(笑)結構楽しませて頂きましたv
昼も夜も白組が買ったらしいよ!跡部様、残念っっっ(笑)
page top
ベルサイ ユのばら in 西武ドーム
所沢にある西武ドームで開催されてる「第14回 国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました。
お目当てはもちろん、世界初公開の「ベルサイユのばら」と原作者池田理代子先生と元宝塚星組トップスター紫苑ゆうさんの対談です!

という事でベルサイユのばら。

rose1.jpg

これはフランスの「メイアン社」というバラ育成会社が漫画「ベルサイユのばら」に感銘して品種改良して造られたものだそうで。深紅の大輪が非常に綺麗でした。

池田先生とシメさん@紫苑さんとの対談は2時半から。
私たちは1時過ぎに着いたんですがすでにイベントスペースには大勢の人が並んでおりました。さすがシメさん、未だ人気健在です≧▽≦
ちなみにシメさんは20年くらい前に星組のトップスターだった方で私が宝塚に堕ちた原因の人だったりします。
宝塚退団後は芸能界に進む人が多い中、シメさんは芸能活動をせず今は宝塚音楽学校で講師をなさっているので、こうして人前にでてこられるのは非常に珍しいのですvvv私の中では未だに星の王子様ですよ~~~vvv

対談は池田先生がベルばら連載当時、少女漫画家という地位がどれだけ低かったか、歴史物を描くのに編集部に反対され大変だった、、、というようはお話をされ、シメさんはベルばらがどれだけ自分にとってバイブルか、そんなべルばらのオスカルを演る事になってどれだけ嬉しかったか、などなど毒舌交えてお話して下さいました。
シメさん曰く「ベルばらが無ければ私は宝塚に入ってなかったので、池田先生は紫苑ゆうの生みの親です」と言ったら「そんな大きい子を産んだ覚えはありません」とばっさり言われたとか。。。
そんな池田先生は「紫苑さんはファンのみんなの夢を未だに壊さずにいてくれてほんとすごい」とべた誉め。
「男役トップさんは退団されるとみんな髪を伸ばしスカートを履くけど、紫苑さんは未だにこの格好でいらっしゃるので・・・」と。確かに今日も金髪短髪、黒のパンツスタイルで現役時代ばりにカコ良かったですvvv
他、ベルばらは舞台化、アニメ化、映画化。。。と色んな分野で映像化され原作者としてとても嬉しいとか、シメさんもオスカルを演って「夢がかなうってこういう事なんだ、と思った」とかなんかもう色々お話してくれました。
そしてなんと!最後にはシメさんの生歌もありましたよ!!!
ベルばらの主題歌「愛あればこそ」を歌って下さいました。これまた現役を思い出されるような歌声でほんの40分ほどトークイベでしたがファンとして嬉しいひと時でしたv

で、せっかくなんで他の展示されてるバラなんかも見てきたんですが。
バラってほんと綺麗なんですが、色々種類あるんですねぇ。。。。

これは元宝塚トップスター麻実れいさんをイメージされて造られたバラ「Rei」
rose2.jpg

天使の名前の付いたバラ「ルシファー」(白)と「ミカエル」(赤)

rose3.jpg
rose4.jpg

花にも癒され楽しかったですv
page top
エリザベート in 帝国劇場
東宝エリザべート初日。

長い長い東宝エリザベートの幕が開きましたね、5ヶ月間のロングランです。
個人的には今回のエリザはほんと力入って無くてですね、マテのトート以外見所が無いという(^^;)
作品はすごい好きなんだけど、何十回も観てるとある程度キャストに魅力がないと見続けるのは辛い。なのに、今回トートもエリザも微妙(元宝塚男役トップの縛りをどうにかしてー!!>_<)ルキーニに至ってはもう、勘弁してくれ~の高嶋兄。
せめてルキーニ、Wキャストにして選ぶ権利を頂戴よ、、、って感じでどっかでマテトート1回観られれば良いや~くらいに思ってたんですが、友人から初日のチケットが余ってるから行かない?とお誘い頂いたので行ってきました。

そんなんでエリザベート初日。
劇場内なこんな感じでエリザ一色。エリザ、トート、ルドルフのタペストリーが天上から下がっておりました。
これはマテ・トートv
eriza1.jpg

本日のキャストは以下の通り。

エリザベート 春野寿美礼
トート 石丸幹二
フランツ・ヨーゼフ 岡田浩暉
ゾフィー 杜けあき
ルドルフ 平方元基
少年ルドルフ 加藤清史郎
マックス(エリザベートの父)今井清隆
ルドヴィカ  春風ひとみ

今回から出演のオサ@春野さんエリザと岡田さんフランツ。
お二人ともすごい緊張してたように思いますwww 特にフランツの岡田さん。最初の「皇帝の義務」の「許可する」「却下!」って台詞がなんか裏返ってる、ってかたったこれだけなのにすごい早口!(笑)
でも母親に逆らえない神経質そうな若い皇帝って感じで見栄えも良かったです。歌も問題なし~。ただその分、後半の年取ってからがちょっと物足りなかったかな。。。細すぎてちょっと威厳にかけた。

主役のオサエリザはねぇ。。。。。正直、1幕最初の前髪降ろしての「ぱぱぁ!」はちょっときつかった(爆)
そしてやはり元男役にエリザの音域は辛い物があるのか???高音が出てませんでした。「私だけに」もなんか無理矢理最後のキーを出してたけどちょっと・・・かなり不安。でもまぁ始まったばかりだしね、今後良くなる事を期待。
その代わり?岡田さんとは逆に後半は良かったですよ、特に「私が踊るとき」はトート時代もパートが違えど歌ってた歌なのか、すごい男らしく(いや、エリザが男らしかったらダメなんだけどね(^^;)とってもオサらしかったのですよv)カコ良かったです。あとはまぁ。。。好みの問題ですよね。私は・・・ごめんなさい(笑)

石丸さんトートはこのお二人に比べて前回から演ってるせいか、一番安定しておりましたよ。特に歌に磨きがかかっておりまして、個人的に「愛と死のロンド」と「最後のダンス」が鳥肌もんでした。
ただ、前回に比べたらちょっとSっ気が薄まった感じが。。。(笑)前回は伊礼くんたちに野獣トートと言われてたけどちょっと落ち着いた感じ?
最後通告の場面で羽ペンを舐めたりするシーンが無くなっててちょっと残念。それでもドクトル・ゼブルガーのシーン、寝椅子に寝転がるシーンがめちゃ色っぽく、エリザに拒絶されても「にやりv」と笑う余裕を見せるトート閣下が健在で嬉しく思いました。普通、ここではトート閣下拒絶されて可哀想~(>_<) となるのに、なんという自信!やっぱり闇の帝王はこのくらい俺様でないと。
ただビジュアルが・・・ほんとポスターは素敵なのにね、なにがいけないんだろ???

そんな歌がすばらしかった石丸さんですが、ルドルフとの「闇が広がる」では思い切り歌詞を忘れて飛ばしておりました(爆)>カーテンコールで謝っておりました。
聞いてるこっちが「あれ???」ってびっくりした(^^;) ってかこれまた初出演のルドルフ@平方くんもさぞかしびっくりしたんじゃないでしょーか。
そんな平方くんのルドルフ、この声どっかで聞いたことあるな~と思ったらしろたんのロミジュリでティボルトをやってたんですよね。。。いや知ってはいたけど、改めて声聞いて、同じだ!って(笑)
平方くんのルドルフはう~ん・・・可もなく不可もなく。。。って感じ。歌は上手いので遜色はないけどこれといって特長が無いというか。あとは人それぞれ、好みの問題かな。

そして!!!もうねぇ、加藤清史郎 くんがめちゃ良かったですよ!!≧▽≦ 今日の一番の見所は彼かと・・・・(笑)
プロローグ、大人にまじって一生懸命踊ってる姿がまず可愛いvってか背低いっっっ
そして「ママ、何処なの?」では高音が綺麗~に伸びてて歌も上手い!彼、このままテレビで消耗されるよりミュージカル役者になって欲しいなぁ。。。と思ったり。
うん、是非10年後にルドルフをやって欲しい!と勝手に希望(笑)

他、ゾフィーの杜さんは「強く~厳しく~」と威厳と貫禄はあって低音はすばらいんだけどやっぱり高音がつらそうだったり、マックス@今井さんがめちゃ上手かったり。
そう、今回初めて歌の上手いエリザパパが来ました!寺泉憲<<<村井国夫<<今井清隆って感じで今回のマックス公爵、すごい良いですよvvv・・・かなり庶民的ですが(^^;)
そしてトートダンサーが相変わらず、良い感じに踊り狂っておりました。
え~と初演ほどじゃないけど相変わらず露出狂で地べた這いずりまわる。。。的な(笑)

あとは前回と演出が少しずつ変わってたようですが、なんか宝塚版と混同しちゃってるので、かなり曖昧。。。
そんな中、確実に演出が変わった場面が2場面。
一つが子ルドルフとトート閣下のシーン。
今まではフェンシングの剣をトート閣下に向けてたけど、今回からは銃になりました。
多分、その銃がルドルフが最期に自殺する時に使う銃かと。>イケコ細かいなっっっ
そしてもう一つがそのルドルフの最期のシーン。
ルドルフとトートの死の接吻が、前までは銃で撃った後でしたが、今回は先にキスしてトートは離れ、ルドルフは一人で引き金を引いておりました。うん、前よりあっさりで私はこっちのが好き。
前を歩いてたお嬢さんたちは「なんかあっさりすぎて物足りない~」とおっしゃってましたが(笑)
あとは・・・多分気がつかない所で、それなりに変化はあると思います~、イケコだからね(笑)

初日という事で、挨拶がありイケコ@小池修一郎もご登場。
なんかぼけぼけの挨拶をしましたよ(爆)オサの事を思い切り「瀬奈さん」と呼び間違え、「すみません。。。先日の宝塚での「ロミオとジュリエット」の製作発表会でも「エリザベート」と言い間違えましてwww」と訳のわからん言い訳をしておりました。イケコ、本当~に忙しそうだけど、宙のテルのお披露めの銀英伝、大丈夫かな??とちょっと不安に思ったり。
あと脚本・歌詞を書かれたミヒャエル・クンツェ氏、音楽・編曲をされたシルヴェスター・リーヴァイ氏もわざわざウィーンからいらしたようで、舞台にあがり「すばらしい!」的なコメントをして下さいましたv

そんなんで終演時間は10時近かったような???
おかげで加藤清史郎くんは労働法だかなんだかでカーテンコールには舞台にあがりませんでした、残念~~~。

劇場を出る時に読売新聞の号外が出て配っていたのでゲット。
なんだかんだで話題のエリザ、次は来月マテ・トートです(^^)

eriza2_20120510135021.jpg
page top
まっつお茶会
雪組の今は・・・3番手?4番手??もしかして別枠2番手?(笑)のまっつこと未涼亜希さんのお茶会に行ってきました。

まっつのお茶会は初めて。まぁ成り行きで。。。(^^;)
おまけにまだ私、雪組公演観てない~!!ってんで大丈夫かしら。。。と思ったんですが、色んな意味で楽しかったです。
とにかくまっつがクールでねぇ!(笑)ってか。。。まっつすごい人気なんですけど。。。

今回の役がフェリペ2世陛下なので、まっつが壇上に上がると同時に、私たちが起立して「フェリペ2世陛下に万歳三唱~!」って万歳でお出迎えしたんですが。。。まっつクール!!!(笑)反応微妙!!!

クイズかなにかで「男役らしいポーズをして下さい」という注文には、逆に「どんなポーズが男役っぽいの?」と返され、花組時代の「Le Paradis!!(ル パラディ)」のラストの男役総踊りの時のポーズをお願いしたら「う~ん、でもそれは組違いだから。。。」と拒否されたのに結局「ああ、あのエキサイター的なポーズね」と花組時代のポーズを決めてくれたり、なんか始終クールなんだけど面白かったですよ。

写真撮影もこの人数こなすの、時間かかるな~と思ったら、早い早い。まっつがもう、率先して立ち上がって握手して。。。って私たちの方が煽られる。
途中、本音がぽろりと出たりなかなか楽しいお茶会でした。

まだ公演は始まったばかりで、この後、雪は真夏の梅芸、博多といって年末は音月さんの退団公演~と予定がびっちりなんですよね。
相変わらずジェンヌさん、過酷ですが頑張ってください。
とりあえず私は来週、雪組観劇ですv
page top
JOKERライブ in 品川ステラボール
加藤和樹と伊達幸志のツインタワーユニット「JOKER」の1stライブ“GAME 2012~ROCK ON~”に行ってきました。
JOKERは去年の年末?にシングル発売イベントに行ってるのでそれ以来?まぁユニット結成発表から色々ありましたがシングル曲聞いてファンも落ち着いたようで(笑)昨日、ミニアルバムを発売してのライブ、めちゃ盛り上がりました。
もうねぇ。。。久しぶりに揉まれたよ!(笑)
スタンディングだったんですが、チケットが100番代だったのでそこそこ前方に居たのですが。。。1曲目「NO1」が始まるともう、みんなすごい一気にヒートアップ!前後左右から押されてどうしようかと(^^;) よけようにもよけられないしねー、2~3曲くらいは自分の場所キープするので四苦八苦しておりましたが、まぁなんとか途中からは落ち着いて見ることができました。まぁ加藤くんも伊達君も身長180cm以上なんですごい良く見えるのでたすかりました(笑)しかしこんなにぎゅうぎゅうのライブハウスも久しぶり~。
先日行ったTMのまったり感と雲泥の差ですが(笑)50代の安心安定のライブも良いですが、今日みたいな20代の若い子のライブも良いですよね、なんか楽しい(^^)

ちなみにそのTMの小室さんがこのJOKERの曲を1曲書き下ろしておりますが、TMファンとしてはかなりびっくり。
いや・・・男性ヴォーカルに小室さんが書き下ろしをする事が非常~に珍しいので。。。(私が知ってる限り片手くらいしか居ないよ。。。)まぁ同じエイベックスだし今小室さん、仕事選べる立場じゃないしお金稼がないとね~と思いつつ・・・TMファン(ウツファン)としてはちょっと複雑なんですが(笑)まぁ加藤くんだからいっか~的な。

で、ライブですが昨日発売されたミニアルバム6曲と先にだしたシングル2曲とこれだけでどうするのかな~と思ったら・・・怒涛の新曲お披露目でしたね。半分以上知らない曲だった気が・・・。え~と・・・だったらフルアルバム出せば良かったんじゃない???と思いつつ、今から次のアルバムが楽しみだったりします。
加藤くんはもうライブ慣れしてるからね、MCも普通~に安心して聞いてられたし、伊達くんは基本話さないスタンスなのか?ときどきぼそっと呟くコメントがツボで、加藤くんがそれを突っ込んだりして結構この2人良いコンビだな~と思いました。
なにより伊達くんがホント楽しそうでねぇ!!!!
昔とおんなじ笑顔でちょっと嬉しかったですよ、なんか安心しました(笑)

「FIRE SOWL」では井出卓也くんがまさかの乱入、スペシャルゲストで生ラップを披露してくれました。井出くんもめちゃカコ良い!!そしてテンションが高い!(笑)加藤くんにすごい懐いてるよね(大笑)
伊達くん曰く、誉めたつもりで「井出くんはいつも明るいよね」と言ったら「伊達さんが暗いんですよ」と返されたとか。。。うんまぁ。。。(^^;)
井出くんはアンコールでも出てきてくれて「NO1」にラップで参加してくれました。そして最後までテンション高く「JOKER is NO1!!!」と言って去って行きました。できた子!!!

ちょっと先だけど全国ツアーも決まったようですし、まだまだ走り始めたばかりのJOKERですが応援していきたいと思いますv

そうそう、色々とお花も届いていたんですがなんとAXSのヒロからも来ておりました。
se01V.jpg
ヒロ、マメだよねー。
JOKER、小室さんにも曲かいてもらったしヒロとも懇意だし、このまま大ちゃんにも曲かいてもらったら良いんじゃない???とか思ったり(笑)
とりあえず、なんかとても楽しいライブだったので次も非常~に楽しみですv
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG