日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
「エリザベート(石丸×瀬奈)」観劇
昨日、帝劇にてエリザベート観劇。
昨日のキャストは トート石丸×エリザ瀬奈+ルドルフ伊礼+ゾフィ寿さんというラインナップ。

城田トートと同じくらい石丸幹二さんのトートを楽しみにしておりました!!!
実は劇団四季時代の石丸さんを15年前に1回だけ観た事がありますv
当時、石丸さんは某コーヒーのCMに出ておりまして(違いがわかる男・・・ってやつね)そのCMの石丸さんがめちゃカコ良くて(昔からミーハー/笑) 生で観たい!と思い、当時上演されてた「美女と野獣」に行ったんですよね。もちろん石丸さんは主役の野獣役!!!
しかし・・・このお芝居の野獣って最初から最後までほとんど野獣の姿してるんです(爆)
人間の姿に戻ったのはラスト10分くらい・・・・・ろくろく石丸さんのお顔を堪能する間もなく幕が下りました・・・(笑)
なので、イマイチ石丸さんご本人の印象が薄い(^^;)
で、それ以来ずっと石丸さんの舞台を観る機会は無かったんですが、今回やっとトート閣下で巡り会いましたよvvv
石丸×瀬奈コンビは非常にレアなコンビらしいので、もうじっくり観劇させて頂きました。

ビジュアルでいうと石丸さんトートはちょっと微妙。
ポスターは綺麗なんだけどなぁ、何がいけないんだろ????
首が太いんだよね。なので横顔は良いけど真っ正面から見るとちょっとバランスが悪い。
カツラをもっとボリュームもたせて、メイクももっと濃く派手にやっちゃっても良かったんじゃないかな。
でも、指先まで黒いマニキュアしてたりして動きはしなやか。
そしてとにかく歌が上手い!!
「最後のダンス」の歌にちょっと変なクセがあるかな~と思ったけど(山口さんと似た感じなので、四季特有のクセなのかもしれない・・・)最初だけで後はまったく気にならず。
「闇が広がる」のルドルフとのデュエットは石丸さんと田代くんがピカイチという感想を読んだんですが、石丸さんの歌を聞いて納得。ちょっとこの2人で聞いてみたかった。
今日の伊礼くんもかなりがんばって声を出してましたけどね~。

そして石丸さんのトートを観て思ったのが、すげーS!しかもドSだなっっっっという事(大笑)1幕で、エリザがフランツに最後通告として手紙を渡した後のシーン。
トート閣下が黄泉の国へ誘うのをエリザは突っぱねる訳ですが、大抵のトート閣下はそこでものすご~く切ない表情をなさるのですね。
哀愁を帯びてるというか、拒絶されてトート可哀想・・・な流れになって、宝塚版ではそのまま「愛と死のロンド」を切々と歌い上げたりするんですが。。。
石丸トートは、そこでにやっっっと笑うのですよ、なんという自信!!!思わずSだ・・・と思いました。
更に2幕のドクトル・ゼブルガーのシーン。ここでもエリザは「まだあなたとは踊れない!」と再度トートを拒絶するわけですが、そこでも石丸トート閣下は笑うのですよ。にやっと・・・
怖え~~~・・・・すごいよ、石丸さん。さすが野獣トート!By伊礼+田代くん
同じ役でも演じる人が違うだけで色んな解釈があるのね~と改めて思いました。
まさに「みんな違って、みんな良い!!」ですな。
あ、ちなみにラストでエリザをお姫様抱っこして棺に収めるのは、やはり城田トートだけのようで、石丸トートでは普通に棺にいざなうだけでエリザが自ら棺に入ってました(笑)

他は、やっぱり何度観てもエリザが木から落ちるシーンの映像は笑えます。
普通に舞台上で演出すれば良いのに~。あそこだけ画面が浮いてるよ。いや、あの民族主義のシーンも浮いてるけど。
あのヒトラーのシーンは本当にいらない。なんで19世紀の物語に20世紀の話を入れるのか理解不能。初演は無かったんだからそのまま増やさなくて良かったのにぃ。
エリザが「死にたい」と言って、トートが「待っていた!」と叫ぶシーン。なぜみんなここでエコーがかかるのか・・・・(笑)
ハンガリーとミルクのシーンに伊礼くん発見!
まぁ、1幕は最初以外出番無いものね~。
ルキーニはいい加減、ダブルかトリプルキャストにして頂けないでしょうか・・・。
降りてくれ・・・とは言わないから、せめて選ぶ権利を観客に与えて欲しい。
あとは。。。何かあったかな。
まぁ思い出したら後で追記という感じで、楽しい観劇でしたー(^^)
スポンサーサイト
page top
観劇とお茶会の狭間に
午前中は秋晴れ~って感じですごい良い天気だったのに、夜雨に降られましたよ・・・ううう。
昨日なら1日中傘持ち歩いてたのに~><!!

そんな移り変わりの激しいお天気の中、今日は帝劇へ「エリザベート」を観にいき、その後、某ホテルで開かれた宝塚雪組の壮一帆さんのお茶会に参加してきました。
エリザは初の石丸さんトートだったのですが・・・いや~すごかった(^^:)
あのトート閣下はドSです!(爆)うんまぁ・・・・感想は改めて。

エリザを公演中の帝国劇場ですが、帝劇のロビーには東京土産やら東宝関係、エリザ関係のグッズなどが色々と売ってまして、覗くだけでも楽しい。で、基本グッズには手を出さない私ですが、それでもつい手が出てしまう時があります。
今回はこれ。
eriza_20100927001617.jpg

オーストリア王室御用達ベーカリー“フリッツ・ラート”の「エリザベートの花冠のクッキー」です。
エリザの公式サイトのblog内で、ルドルフ伊礼くんもご紹介してましたが、この「フリッツラート」、今回日本初上陸だそうで帝劇でしか売ってないそうです。多分エリザ期間のみの限定販売なんですかね???
このクッキーの他にも「カイザークーヘン」とか「リンツァートルテ」とかここでしか買えないお菓子が並んでます。
おいしそうだし、缶も綺麗なのでつい手が出てしまいました。
クッキーがエリザの花の王冠のような形をしていてすごい可愛いんですよー。
まだ食べて無いので味は知りませんが・・・・(^^;)
伊礼くん曰く、このクッキーは紅茶と相性が良いクッキーらしいので、今度、エリザファンの友人が遊びに来るので一緒に食したいと思いますv

その他に城田、伊礼、浦井くんの写真集やブロマイドなんかも売ってます。ちゃっかりとね・・・・Byルキーニv
でも城田のブロマイドを買った友人に中身見せてもらったけど、普通~のブロマイドなんですよね。なので多分伊礼くんや浦井くんも普通の写真と思われ。
ここで、トート閣下やルドルフ皇太子のコスをした写真を売れば売れるのにね~。東宝、下手だな~。
城田のトートコス写真なら1枚くらいなら私も買う!←(笑)

エリザを観た後は、お茶会まで時間があるので、四谷のアトレの1階にある「POUL」へ。
宝塚の日曜の公演時間が4時になったので、その後のお茶会となると始まるのが8時過ぎとかで終わるのが10時。終わった後に夕食を食べる時間も無いので、行く前に腹ごしらえです。
前回はキッシュを食べたので今回はクレープを注文。
poul.jpg
見かけの割には量がしっかりあって(これにパンもついてます)大満足v

壮くんのお茶会は、これまた面白かったんですがこれもまた改めてv
いや~、壮くん、最高です(^^)
page top
宙組「銀ちゃんの恋」観劇
小田急線・急行に乗って40分。はるばる相模大野まで宙組地方公演「銀ちゃんの恋」を観てきました。
まぁ結構遠かったけど、友達と話してたら着いちゃった・・・という感じ(笑)そして、はるばる観にいって良かったです。銀ちゃん最高♪

これの原作はご存知「蒲田行進曲」なわけですが、今回、銀ちゃんを演じた祐飛くんと小夏を演じた野々すみ花ちゃんは2年前、花組時代に1度銀ちゃんを青年館でやってるんですよね。
それが今回は主演の2人は変わらず周りが花組から宙組に変わって全国公演用に内容がパワーアップして戻ってきましたv
またあの祐飛くんの銀ちゃんに会えるとは思わなかったので、嬉しかったですよ。
いや~、ほんと、祐飛くんってこういう「俺様」な役、似合いますよねv(←褒めてますよv)
あの派手な衣装から、台詞回し、ツンからデレまで(笑)何もかもがはまってて上手い!
朋子さんに振り回される所とか、大部屋のみんなに肉をご馳走してあげるシーンとか最高。
紫の柄入り、ラメ入りのスーツや銀とプリントされたネクタイがあれだけ似合う方も今のヅカでは祐飛さんくらいでしょう(笑)
すみ花ちゃんも、やっぱりこういう健気だけど芯の強い女性、良いですね。前作のトラファルガーの人妻より全然良かったです。ってか、小夏を演じてるすみ花ちゃんって本当に綺麗vvvそして宙組で上演という事で、新しく配役されたヤスの北翔海莉さん。上手いっっっ
友人はヤスにしては北翔さんはスターオーラが出すぎてる~と言ってましたが、私的にはOK。
ただスタイルは良すぎたけどね(^^;)ヘタレな感じは出て良かったと思います。ってか、ほんと北翔さんてお歌が上手いのね。ソロのシーンはちょっと感動ですよ。

青年館クラスのお芝居から、全ツ仕様のお芝居にバージョンアップしたので、細かい所で場面が増えてましたね。
専務の悠未ひろさんや秘書の愛花ちさきサンが歌ったりまぁちょこちょこ。
アドリブもすごくて、前半ちょっと・・・かなりコメディっぽかったのは、前回の花組さんたちより宙組の生徒さんたちの方が芸達者な方々が多いからでしょうか(^^;)
ご当地ネタもバンバン出たし、客席降りや通路を使っての登場がも多々あって楽しかったです。

そして、さすが全ツ。
なんとフィナーレがありました!!(笑)
あの蒲田行進曲をジャズ風だかボレロ風だかにアレンジしてみなさん踊る踊る。
黒燕尾の総踊りまで出ましたよ。でも少人数の割りに微妙に揃ってないのは、やっぱり個性の強い宙組さんだから?(笑)
池田屋の階段落ちの階段を使ってのフィナーレの階段降りもありました。
みんなが普通のお衣装で挨拶する中、さすがトップの祐飛さんは電飾の着いたタキシードに羽を背負ってご登場。いや~、祐飛さん素敵ですvvv

最後まで銀ちゃんっぽい終わり方で、宝塚らしくないけど非常に楽しい作品でした。
page top
花組「麗しのサブリナ」「EXCITER!!」観劇
花組「麗しのサブリナ」「EXCITER!!」を観劇。
お昼公演だったんだけど、家を出る時、雷を伴った豪雨で行くのくじけそうになりました(^^;)
まぁ駅に着く頃には雷はやんでくれたけどね、急に涼しくなって衣替えが間に合いませんーーー。

「麗しのサブリナ」はその昔、オードリー・ヘップバーン主演で映画化されたロマンティック・コメディ。映画は見てないんですが(友達からDVD借りたんだけど見る暇なかった(^^;))見て無くても内容は理解できるし、宝塚版で充分楽しめる作品でした。
やっぱりラストがハッピーエンドは良いですなぁvvv
最近の花組は「太王四神記」や「虞美人」と大作が多かったので、こういう軽いノリだけどがっつり恋愛物ってお芝居も久しぶりで良かったです。
なにより、真飛と壮くんが敵対してない!
なんと今回、お2人は兄弟ですよーーー。なんて素敵なご兄弟vvv
仕事一筋、ひたすら真面目な兄の真飛と、プレイボーイで離婚暦3回有り~の憎めない弟の壮くん。いや~、良いバランスです。ってか、こんな軽い役(褒めてます)の壮くんも久しぶり。お尻怪我して情けなかったり、なんとも愛すべきダメダメな次男坊を熱演してくれました。
そんな弟のために苦労する、できる兄貴・真飛vvv兄弟としてがっつり組んだ二人のお芝居や会話が良かったです。

そしてサブリナ役の蘭乃はなちゃん。
今回から新娘役トップになりましたが、笑顔が可愛い娘ですねー。
階段降りの時とか、笑顔全開で本当に楽しそう、嬉しそうでこちらもにっこりしそうな笑顔。
基本、笑顔が素敵な人が好きですよv
そして、真飛によりそう感じがなかなか似合ってよろしいかと・・・・
あとやっぱり目がいくのが組長のハッチさん。サブリナの父親役だったんだけど、いや~渋いっすね。こういう人が出ると芝居が引き締まります。
いつまでも歌って踊れる組長で居てくださいv

ショーは去年、ベルばら外伝と同時上演だったスパーリングショー「EXCITER!!」の再演。
このショー、好きだったので又観る事ができて嬉しいです。
前回はねーーーー、ベルばらと一緒だったから、ベルばらをもう1度観る気がせずショーも観られなかったんですよねー。
友人に言わせると、「EXCITER!!」はベルばらをがんばって観た人だけが許されるご褒美なショーだったらしいです。・・・・確かにそうかもっっっ(笑)

もうねぇ、幕開きから階段使ってのノリノリのショーで惹き込まれますよ。
あの主題歌も大好きvカコ良いですよねー、帰りはこの「ばちっばちっ・・・♪」って歌詞が頭の中を駆け巡りました。
その後に蘭乃はなちゃんも一人銀橋で主題歌を歌うのですよね。なんか娘役さんもフューチャーされて嬉しいです。
他、Mr.YUの場面とか、珍しくこのショーは退屈なシーンが無くて(爆)どの場面も好きですよ。今の花組、真飛・壮・愛音・涼未・・・以下豊富な男役~って並びが良いのかも。
ただ・・・・まっつが今回の公演を最後に雪に移動してしまうのですよね・・・ううう・・・よりにもよって雪。。。。
ラインダンス前にまっつがソロを取ってたのは、やはり劇団からのお詫びの気持ちなのかしら・・・とか思ったりして。
まぁ、どこに行ってもまっつらしく頑張ってください!

さて、花は始まったばかりなので、週末に壮くんのお茶会に行って舞台の裏話などをたっぷり聞いて来月、もう1度観劇したいと思いますv
週末はエリザ含めて、宝塚週間(笑)
page top
ユースケーション2010
瀬戸くんお誕生日おめでとうでした~・・・・←過去形
という事で、9月13日生まれの瀬戸祐介くんをお祝いするトークイベントが星陵会館であったので参加してきましたv
題して「ユースケーション2010」(笑)

今回の企画会社はWPさんではなく、今年4月に創立された新しい所。
別にWPさんと比べるつもりはないけど、やっぱ色々と手際が悪いのは否めない・・・・機材トラブルとかで15分くらい入場も開始も遅れたし、物販場所もあんな狭い場所じゃなくてもう少しなんとかならなかったのかな~・・・とか、思うところはあったけど、総じて楽しい満足いくイベントでした(^^)

最初は、なんか瀬戸くんが某河川敷からW杯の日本のユニフォームを来てこの会場まで走って来る・・・というムービーが流れました。
後で話してくれましたが、ゲリラ撮影を慣行したらしく、朝9時の平日渋谷の交差点をあの格好で走ったり、上野のハチ公の前を走ったり・・・・かなり勇気ある撮影をしてたようです・・・・ああいうのって恥ずかしいよね(^^;)
そして、いよいよ瀬戸くん登場・・・・BGMはC翼!!・・・・・なんでやねん・・・・と突っ込みたくなったのは内緒(笑)

事前に募集した質問の答える形で色々話してくれました。
去年取ったという教育実習の話は面白かった!自分も通った道なので瀬戸くんの気持ちが良く解ります。
私も教育実習で日本史と世界史を教えなくてはならなくて、毎日睡眠時間3時間とかで本当辛かったよ~。瀬戸くん、本当がんばったよね、すごいです。

あと毎回恒例(?)の瀬戸マニア検定。
大抵、blogを読んでればわかる問題だったりするんですが、難しくなってくると「昨日の僕の睡眠時間は何時間でしょう?」とか「最初に流したムービーの撮影期間は
何日でしょう?」とかもはやマニアとか関係ないような質問も出てなにがなんだか・・・それでも全問正解の方が2名居ましたよvうわ~、尊敬vvv
ちなみに、個人的に気になった質問は「僕の誕生日、テニミュメンバーで一番にメールくれたのは健太くんですが、2番目にくれたのは誰でしょう?」という質問で「1・聖二、2・悠来くん、3・圭ちゃん」というもので、答えは1の福山君だったわけですが・・・個人的には、久保田くんと細貝くんは、じゃ、いつ頃送ったんだろう???というのがすご~く気になりました(笑)

スペシャルゲストでは、平田くんと内藤くんが登場。
平田くんがバスデーケーキを持って登場したんですが、名前呼ばれる前に出てきちゃって、内藤くんが止めててもう1度最初からやり直し~とか、なんかここのコーナーはぐだぐだ(笑)
3人でトークを繰り広げるんですが、普段まとめる瀬戸くんが今回主役にまわっちゃってるのでね(^^;)でも面白かったです。
そうそう、このコーナーの前に瀬戸くんが1度引っ込んで、着替えて再登場してくれたんですが・・・・なんとびっくり、氷帝の冬バージョンの制服着てくれました。
なんでも、テニミュ1stシーズンが終了して卒業したけど、ミュでとうしてもやり残した事がある!といって、秋葉原の某コスプレショップさんで自前で制服を調達してきたそうです。
久保田くんと細貝くんがミュで制服着てたのがすごい羨ましかったらしい(笑)

今回はツーショが無いかわりに、握手会。
これが又なんとも・・・・(笑)
ツーショじゃないからさくさく流れて終わるかな~と思ったら!長かったです。
だって瀬戸くんとしゃべり放題だったから(爆)普通、あんまり長いとスタッフさんが流したりするんだけどね、誰も止めるスタッフが居ない!なのでもう話したい放題・・・と言ってもそこは瀬戸くんもこっちも解っているから適度にみんなちゃんと切り上げるけどね。私もこんなに瀬戸くんと会話したの始めてだよ・・・ってくらいには会話が成立しました。
いやまぁ、基本、何話して良いか解らない小心者なので、直前までTさんと「どうしましょー、何話しましょーーー><」って言ってたんですけどね、なんとかなりました(笑)

こうしてまたみんなで瀬戸くんのお誕生日を祝えたのが嬉しいですねー。
来月はまた舞台もありますし、色々楽しみです。

さて、ベント終了後にはMさんに混ぜていただき、例の焼き肉屋さんへ。
ここ、まじ美味しいし安いのでお薦めですv
で、まぁ私たちと同じ行動を取るファンの方たちが何人かいらっしゃったんですが・・・・。
笑ったのがイベントでお隣に座ったお嬢さんと、イベント中お話させて頂き、終了後に「じゃ、またどこかでお会いしましょうねv」とお別れしたんですが、その数十分後にこの焼肉屋さんで遭遇した事。あらら・・・・さっきお会いしましたよね・・・的で可笑しかったです。


page top
「ヘブンズ・ロック」上映会・2
先月についでTOKYO FMホールへ、イケメンユニット「ココア男。」主演のテレビドラマ「ヘブンズ・ロック」の上映会イベントに行ってきました。
先月に1話から4話までが上映され、今回は5話から8話最終回まで一気に上映です。
内容はね~、うん、相変わらず5話6話くらいまでは阿呆らしいんですが(褒めてますv)ラストは結構感動。予定調和とわかっていても、それが良いっ!て感じでなかなか面白かったです。
イケメン君たちが熱くなって青春する単純なお話って結構ツボなんですよ(笑)

上映後はトークイベント。
今回のメンバーは鎌苅健太くんと米原幸佑くんと鈴木勝吾くん。相変わらず米原くんはちっちゃいです(笑)勝吾くんもそんなにでかくなくてケンケンと同じくらい?始めて生で見ましたがめっちゃ綺麗な子だな~と思いました。
司会は前回と同じ方で前回同様、さくさくと進めてくれて面白かったです。
大変だった事とか、メンバーで気付いた事、とかを話してくれたんですが、勝吾くんが「ドラマの撮影に入って始めて、ああ、みんなちゃんと役者さんなんだーと思った」と言ってましたが確かに・・・ココア男。って最初はライブとコントしかやってませんでしたからね(^^;)
あと、スペシャルで監督が来てくれて、またなんか色々とメンバーいじられてましたね。
監督が寝坊したおかげで撮影スケジュールが変わって、ケンケンが朝一で泣きの演技しなくちゃいけなくて大変だったとか、某アカペラのシーンを26回も撮り直したとか・・・こういう裏話聞くとドラマ撮影って本当に大変だな~と思います。
う~ん・・・ちょっとメイキングが入ってるDVD-BOXが欲しくなりました・・・
が、まぁとりあえず2ndシングル『Let me free ?強引なほど、、、/CROSS MIND』が気に入ったので、こちらはCD予約してしまいました(笑)
次のイベントにはいけないけど、いずれZEPPあたりでライブをして欲しいな~と思います。
うんまぁ、演奏技術は???ですけど(笑)がんばって練習して下さい!!
page top
エリザベート(城田×瀬奈)観劇
2010年東宝版「エリザベート」をやっとこさ観てきました。

今回は初のトート閣下がトリプルキャスト。その他、エリザとゾフィがダブル、ルドルフもトリプルと、またキャストの組み合わせを考えるのが大変~と思ったんですがわりとすんなり決まりましたよ(笑)
まぁ全キャストは観たいけど全組み合わせは観なくても良いか~という考えのもと、悩んでいたら城田ファンの友人から城田の千秋楽を観ない?と誘われたので、まずはそれに乗っかりました。
ちなみに城田の千秋楽は10月28日で朝海エリザで浦井ルドルフで杜ゾフィ。
そしたら後は瀬奈エリザ×石丸トート+伊礼ルドルフ+寿ゾフィの日を探せば良いわけで・・・この組み合わせが4公演(!)しかなくて苦労しましたがこちらも無事ゲットv。
ちなみに今回山口トートは割愛です。初演から観てるのでさすがに飽・・・・ (^^;)

そんなんでエリザ観劇まで遠い~と思っていたら、幕が開くと同時に城田トートの株が急上昇(大笑)
そこにもって、ファン会報で「トートは今回限り」なんて宣言しちゃうもんだから、こりは後悔の無いように城田トートをもっと観ておくべきか!?と思い、瀬奈エリザ×城田トートを探してたら、トークイベントが開催され、しかもA席8,000円がその日だったら6,500円で販売と公式サイトにあったので急遽、会社休んで行って きました。
初のシロタントートですよ~。

ってことで昨日のキャスト

エリザべート  瀬奈じゅん
トート      城田優
フランツ     石川禅
ルキーニ    高嶋政宏
ゾフィ      寿ひずる
ルドルフ    伊礼彼方

ちなみに今日は伊礼くん@ルドルフの初日でもあったみたいですねー、結構伊礼くんファンが来てたみたいです。いや拍手がね・・・すごかったから(笑)
さて久しぶりのエリザ。宝塚版と微妙に違うのですがどっちの解釈も私は好きです。

瀬奈エリザは宝塚時代に1度やってるだけあって遜色ないけど、やっぱり少女時代はちょっと辛い(^^;)
でもまぁ、女優さんが1人でエリザの人生全てを演じる訳ですから、どこかに無理が生じてもどこかが合えば良いと思っているので、中盤から後半は良かったですよ。「私だけに」の最後も綺麗に伸びてました。
そしてシロタントート。
最強の美ジュアルトートではありますが、それと同時にもうねぇ・・・・・でかい!!!
最初の幕開き、亡霊に混じって舞台に立つと一人だけ頭1つでかいよ、もう巨人兵のようだった・・・と言ったら友達にすごい嫌がられたけど(笑)そんくらいでかかった。
そして「愛と死のロンド」の場面。瀬奈シシィが城田トートの隣りに立つとシシィ小っちゃいっっっっ
いやもう、身長差がすごくて思わず笑ってしまいました。だってあの(!)瀬奈様がめっさ小さく見えるんですもん、城田トート、どんだけでかいの???って思ったらつい・・・・すみません。
でもやっぱり舞台はあれくらい身長があったほうが見映えがして良いですね。 城田は絶対舞台向きの人だと思います。
そして一番不安視されてた歌も良かったですよ。
1曲1曲ものすごい丁寧に歌ってるな~って感じでした。だから歌詞もちゃんと解る。ただ。。。。エコーがすごいかかってるのが微妙といえば微妙。
ドクトル・ゼブルガーの場面でマントを脱ぎ捨て「待っていた!」と叫ぶ所もめっちゃエコーがかかってて、どんくらい待ってたんだよ・・・と思わず笑いそうになりました(笑)
そういやこのシーン、すごい老人のように腰曲げて出てくるんですよね。こういう解釈したトートは始めてだったんで新鮮でした。
その他、瀬奈とのデュエット「私が踊る時」も伊礼くんとのデュエット「闇が広がる」も良かったので、このまま千秋楽までがんばって欲しいですー。
あ、あと子ルドルフ君がめちゃ可愛かった!!!
フィナーレの挨拶でうまく挨拶できて伊礼くんに親指グッとたてて笑ったりしてね、可愛かったですよ。この子が育つと伊礼ルドルフになるのね・・・・(笑)

終了後は指揮者の塩田さんを司会に瀬奈・城田・石川さんの3人でトークイベント。
いやもう、面白かったですvvv色々裏話とか教えてくれたりしてね。
シロタンは毎回胃薬飲んで舞台に挑んでいるそうですよ、が・・・がんばれvvv
石川さんは今までWキャストだったのが今回初のシングル・フランツ閣下。今日は前まで一緒にやってた鈴木綜馬さんが観劇なさってたようで。
正直、フランツは綜馬さんの方が好みだったんですが、年取ってからのフランツ閣下は石川さんも好きです。
その石川さん曰く、瀬奈さんは華奢で細いけどさすが元男役だけあって握力はすごいらしく。。。。何度か舞台上でよろけそうになった時、瀬奈さんがぐっっっと手に力をいれて支えてくれたりしたそうです(笑)
あと、ドクトル・ゼブルガーのシーンでシロタンがマントをばさっとカッコ良く脱ぐシーンが練習で上手くいかなかった時、瀬奈さんがお手本を見せてくれたそうです。
で、今ここでやってみて下さいというむちゃ振りがあって、瀬奈様、可愛いドレスを着てたにも関わらず、マントを脱ぐシーンを再現してくださいました。
いや~、さすが男役○年?ドレス着ててもなんか男らしくてカッコ良い(笑)こう・・・手の角度が違います。
シロタンも「あー、やっぱこのマントを放り投げた後の手が違いますね。うん、次からここ意識します」と言ってました(笑)
司会の塩田さんがしっかり仕切って下さったので、それほどぐだぐだにもならず、非常に楽しいトークイベでした。

さて、次の観劇はこれまた楽しみな石丸トート閣下ですよ。
やっぱりエリザは楽しいvvv
page top
観劇の前と後
今日は会社の有休をとり、帝劇へ「エリザベート」トークイベント付き~に行ってきました。

今日のキャストは瀬奈エリザに城田トートに伊礼ルドルフ。

始めて城田トートを観ましたが・・・良いです!
某さまのお言葉をお借りしてなんですが、今までで最強・最凶の美ジュアルトート閣下でした!!!
城田ファンの私が言うのも説得力が無いのですが(^^;)めちゃ良いですv
トートは今回限りと宣言してるので、もし迷ってる方が居るなら超お薦めですよ。

まぁエリザの感想は改めて書くとして。

せっかく平日のお休み、美味しい物が食べたい~と思い、まず観劇前に新宿のカフェ・ナチュレで早めのランチ。
休日は並ばないと入れないんですが、さすがに平日早めの時間だったのですんなり入れました。
ここは、デザート系が有名でベリーとクリームのホッツの写真がめちゃ美味しそうだったんですが、本日はお食事系で。
nature.jpg
サービズセットでドリンク付きで1,200円なり。
空いてたので、ゆっくりお茶まで堪能して帝劇へ。

帝劇で観劇後は、ハプスブルクのちょっとリッチな気分のまま、銀座のピエール・マルコリーニ・カフェへ。
ここも休日は並ばないと入れないお店らしいですが、さすがに平日は空いてましたv
そこでチョコレートパフェを注文。
pier.jpg
こちらのパフェは1,680円ね(笑)
やっぱりチョコレート専門店だけあってチョコレートが濃厚で美味しかったですよvvv
そこで、友人と「シロタン良かったねー」トークを延々してきました(笑)
いや~、充実した一日でした。


さて、明日からダイエットでもしましょうか・・・・・・でもこれから食欲の秋・・・・・・・・(笑)


page top
雪「ロジェ」「ロック・オン!」再び
9月に入っても毎日暑いです。
日中34度とかね・・・・今年はほんと異常気象。・・・・地球、大丈夫かな・・・・(^^;)

そんな中、本日2回目の、そしてマイ楽である雪組「ロジェ」「ロック・オン!」を観劇。

2回目なので観る方にも余裕ができ、水さんをロックオンしつつ、まわりもチェック。
友人に教わりやっと早霧せいな君のお顔がわかりました(爆)
しかし「やっぱりスーツ姿の水さんはカッコ良いなぁ・・・」というありきたりな感想しかもう出てきませんよ(笑)
ショーもね、幕開きの「ロック・オン!」がめちゃカッコ良くてすごい好きv
このシーンだけ何度でも観たいなぁ。まさしくロックコンサートみたいな感じで千秋楽はここでみんな立ちたがると良いよ!とか思いながら観ておりました。
ちなみにこのシーン、生徒さんたちがわらわらと客席に下りてきて我々を煽って下さるのですが、今日は1階席前方、通路側だったため真横に生徒さんが立ってくださり、その時ばかりはこの生徒さんにロックオン!(笑)
間近で観たけどめっさ綺麗な子でした。でも名前もわからぬ下級生さんだったので誰だったのかしら・・・とちょっと気になったりして。

ショーの中詰め、アドリブの所では、「本日は及川光博さんがいらしてます!!」と叫び「及川さん、なにか一言お願いします!」と無茶振りをするトップスター水夏希さん(笑)
でもそんな事にも動じないミッチー、すっと立ち上がり逆に水を指差し「One More Baby!」と叫んでくださいました。
そりゃもう拍手喝さいですよね(笑)さすがミッチー王子。この方、結構宝塚観劇なさってるんですよねー、遭遇率高いです(笑)
曲のラストにしっかり「ご協力ありがとうございましたー」と頭を下げる水も素敵でした。

ショーの後半、水が一人で踊る中、たくさんのスポットライトが中心に集まっていき1つ重なるシーンがすごい好きです。そしてショーのラストで、黒燕尾の男役が総出演で銀橋に一人立つ水を1列になって見送るシーンにうるっときました。
ああ、これでもう男役「水夏希」の見納めなのね~と思うとね、やっぱりトップさんの退団は寂しいです。
とりあえず水さん、お疲れ様でした。
水さんのアオセトナ大好きでしたーーーーーvvv


さて、これで雪は暫く見納めでしょうか。
やっぱり水さんはもちろん、ユミコさんもハマコさんも居ない雪は魅力がないですよ・・・・・orzそこにもって次回作にロミジュリもってこられちゃ星ファンとしてはちょっと複雑なので・・・・・心の狭いファンで申し訳ない(笑)
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG