日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
銀英伝キャスト
舞台・銀河英雄伝説のキャストさんが発表になりました。と言っても主人公のラインハルト様だけですが。
え~と・・・ミュキャストから来るかな?と思ったら特撮の子でした。
うんまぁ・・・・・・微妙。

で、彼は金髪碧眼にするんでしょうか。
おハルさんを演る上で重要な要素なんですけど>金髪の孺子

ちなみに私は圧倒的に帝国ファンですよv
なので、他のキャストもものすご~~~く気になるわけで。
赤毛で190cmのキルヒとか、金銀妖瞳のロイとか、そもそもこの物語の発端でもある絶世の美女アンネローゼ様とか・・・生半可な人じゃ化けれないような登場人物を誰が演るのか・・・ってか演れる人が居るのか気になります。
ああ、オーベも気になるな~(笑)
そしていっそ、ありえないわーーーって人が来て下さると、すっぱり切り捨てられて楽なんですけど。
小出しにする意味がわからんっっっ

ああ、ほんとなんで今更銀英伝なんだろーーー!

とりあえず、久しぶりに原作が読みたくなったので本棚から引っ張り出してみようと思います。
2巻と10巻は泣けますよっっっ
スポンサーサイト
page top
ドリライ23日昼公演
ドリライ、20日に続いて昨日23日の昼公演にも参加してきました。
私にとってのテニミュ千秋楽ですねv

20日の公演で充分満足したので、今日はまったり参加~と思ってたんですが、久しぶりにペンライト振って、なんだかんだで全力で参加して楽しんできました(笑)

もう感想は楽しかった~!のひと言で。
唯一DVDでしか見たことの無かった初代も今回、生で観る事ができて本当に満足。
今日のゲストは不動峰のマモとシュンリーが来てくれたりして相変わらずグダグダで楽しかったですよv

初日に参加して以来、この3日間はテニミュのCD、初演、不動峰、ルドルフ、山吹を聞きまくってたので全ての曲が懐かしくて、色んな思い出と繋がってなんか色々やばかったですが最後まで笑顔で終える事ができました。
まぁね、テニミュに掛けたチケ代とかCD、DVD代、遠征費を考えるとなかなか笑えないものがありますが、それを考えたら負けと思うので(笑)

とりあえず1stシーズン終了!お疲れ様でした(^^)


あー、でもコノミン先生の言う「去年のテニフェスを超えるイベントをやります!」的な発言を
考えると、もうアニプリ(声優さんたち)とテニミュが融合したイベントくらいしか思いつかないんですけどー!
page top
ドリライ初日!
テニミュファイナル!ドリライ7thに行ってきました。
場所が横浜アリーナなので都内在住者には微妙に行きにくい場所。なので今回は23日の前楽1回でいいや~と思ってたんですが、やっぱりファイナルだしな~、もう1回くらい行っておこうと急遽1週間前にチケット取りました。
当日は仕事なので、最悪遅刻か!?くらいに思ってたんですが、前日になって発表されたゲストがまさかの氷帝メンバーほぼ勢ぞろい。
これはリキ入れて行かねば!!と、最悪、東京駅から文明の利器=新幹線使うのも考えたんですが、なんとか普通に無事開演前に横アリにたどり着くことができましたv
1週間前にとった割りには良い席でしたね~。いや観やすいという点で。背が低いのでこれ重要ですよ(笑)
前も横も通路で視界が開けてたというか、ステージの左右に延びた花道のすぐ横だったのでキャストさんがすごい近くてラッキー。キャストさんが私に手を振ってくれてる~~~と、とても勘違いできる席でした(笑)
まぁ、サブステージは遠かったですけど(笑)

しかし長かったです。
7時ちょっとすぎに始まり、終わったの10時20分ですから!
でも多分これだけ伸びたのは氷帝トークのせいかと思われ・・・・(^^;)いやまぁ私は嬉しかったんですけど!!
という事で、氷帝トークのところだけレポです。

上島先生が司会で今日のゲスト登場。
ケンケン、河合くん、アキシン、瀬戸くん、ワッシーですよ、なんという氷帝メンバーvvv
初めはちょっと上島先生が話を振ってましたが途中から、完全にケンケンが仕切っておりました。
せっかくこれだけ氷帝がそろってるんだから、と今回ドリライに出てる久保田くんと細貝くんも登場。
その登場の仕方がvvv
ケンケンが呼んでもなかなかでない・・・と、「りメンバー」の歌声が。
アカペラでリメンバーを歌う久保田くんと細貝くん。そのまま全員はもりだして更に花道まで走って腕立てしてくれました。ちゃんと河合さんやワッシーもやってたよvvv
そこからグダグダトーク開始(笑)
河合さん大好きな細貝くんが河合さんと並んで本当に嬉しそうなのがなんとも微笑ましいです。そして「河合さんにお願いが」と言って二人で「下克上だぜ~、フン~フン~フン~~♪」とハミングで歌ってました。全体的にバクステとかサポーターズのネタが多かったですね(^^;)
あと氷帝ベンチの様子を再現してくれ、(日吉が2人いるので 細貝くんはジロー役!)ケンケンが本番中に「跡部!」と叫ぶのを間違えて「樺地!」と叫んで、横にいた瀬戸くんは固まったけどベンチではみんな笑いを耐えてて大変だったとか、まぁ色々。
そういやケンケンが「まさかダブルスで晃二と組んで祐介と組んで、李くんとも組んで海外にまで行くとは思わなかった」と言ってましたが、伊達くんの名前が出たのが何気に嬉しい私は単なる長太郎ファンですよ(笑)
あとはなんかダブルスの話になって、ケンケンと瀬戸くんと離れて立ってたので、久保田くんが「なんで離れてんだよ。近くに行けよ!」と言ったのがナイスでした。

とりあえず次の用意があるから・・・と久保田くんと細貝くんは捌けるんですが、その前に「氷帝コールをやっていいですか」とジャージを脱いで氷帝コールをする久保田くん。
その脱いだジャージを何気に着るワッシー・・・自由すぎるでしょっっっ久保田君に「伸びるからっっっ」とはぎ取られてました(笑)

2人が捌けた後、上島先生の「行ってよし」の言葉で花道通って中央ステージに出るゲストメンバー。
なんかもうフリーダムすぎて何がなんだか(笑)瀬戸くんとけんけんが生で「あれは・・・ジョイント!」をしてくれました(^^;)
でも瀬戸くんのジャケットがファスナーじゃなくてボタンなのでジョイントできないというオチまでついて、お辞儀してました・・・・ジャンフェスでも思ったけどほんと2人の掛け合いって面白いなぁ。
最後はみんなで自分の決め台詞を一言づつ言うという事で。
瀬戸くん「一球入魂!」
ケンケン「激ダサだぜ!」
河合くん「圭と日吉に捧げる・・・・下克上だ!」
アキシン・・・・忘れました。でも決め技のアルファベット3文字です(^^;)
そしてラストの鷲見さんが「勝つのは氷帝です!」で締めてくれました。

いや~、もうこれだけでおなか一杯vvv
ほんと20分くらいの出番でしたが満足です。

ライブもそりゃもう、色々てんこ盛り。初代青学が出たりあの歌うたったり踊ったり~。もう悔いなしっっ私、これでテニミュラストにしても良いや~・・・くらいの気持ちです。いやまぁ、あと1回参加しますが、それくらい今日の公演、大満足でした。
とりあえず初日お疲れ様ーーーー!!!
page top
エリザ解禁!
エリザの公式サイトで石丸さんとしろたんのトートコス姿がやっと披露されましたよーーー!!
予想に違わずお美しくてテンションあがりました。
でも希望としてはしろたんのトート閣下のカツラは銀髪が良かったなぁ・・・とか思ったりして。
石丸さんのトートは、思った以上にお美しくて嬉しい悲鳴をあげておりますよvvv石丸トートは絶対観に行こう!と思っていたのですが俄然、チケット取りに力が入りそうですvvv

そんなんで朝からテンションあがってた所に明日のドリライ日替わりゲストが発表になり、まさかの氷帝メンバー勢揃いで更にテンションMAXですよvvv
こういう読みや運は全くというほど、当たらないというか無いんですが、今回ばかりはチケット押さえといて私偉い!!と思いました(笑)
あとはがんばって横浜アリーナにたどり着くだけです。それが一番難しいんですが・・・・がんばります。
page top
「罠」観劇
会社帰りに銀河劇場で「罠」を観てきました。
去年、加藤和樹主演で観たお芝居で、主演の加藤くん以外出演者も演出家も一掃した新生「罠」です。
前回はラストを知らずに観たので、普通のサスペンス舞台としてどきどきしながら観ましたが、今回はラストを知ってるので、逆に「ああ、あれはこういう事ね、なるほどー」と思いながら観る事ができ、違う楽しみ方ができて面白かったです。

今回のキャストはこんな感じ。

ダニエル 加藤和樹
エリザベート 辺見えみり
カンタン警部 岡田浩暉
マクシマン神父 上山竜司
メルルーシュ 松田賢二
ベルトン 初風緑

ダニエルの衣裳が前回と比べて良くなってました(笑)
そして相変わらず加藤くん、足長いっっっ(^^)怯える演技が秀逸ですよvvv
エリザベートのえみりサンは貫禄ありました。なんつーか・・・悪女が板に付いてる感じ。
そしてすっごい台詞が聞き取りやすくて良かったです。
逆にすっごい聞き取りにくかったのがカンタン警部の岡田さん。
台詞劇なのに、結構噛み噛みだったのも残念。
個人的に大口くんがお気に入りなので、カンタン警部は前回のが良かったなぁ。
上山くんと松田さんは上手いですねー。細かいお芝居が良いのですよ。
結末を知ってるから、ああ、ここでこんな事やってたのね~とか気が付くことが多々あって面白かったです。
そして~!
今回の舞台はもちろん加藤くんが主演という事で観劇を決めたんですが、思わぬ副産物が!(笑)
共演者の中にガイチが居るーーーー。
ガイチとは初風さんの事ね。
彼女は宝塚でトップ街道を走ってたのに、劇団側の妨害にあって不遇のまま退団してしまった人なのですよ。そのあとしばらく舞台からは遠ざかっていたのですが、久しぶりにガイチを観てめちゃ嬉しかったです。
ベルトン登場のシーンから心の中で「ガイチだ、ガイチだ~vv女優やってるよ~vvv」と叫んでおりました(笑)

公演後は出演者全員でのトークイベント。
思ったよりは長く話してくれましたね~。6人和気藹々、仲の良いカンパニーって感じで色々笑わせて頂きましたv
上山くんのダニエル、加藤くんの神父、ガイチのカンタン警部、えみりサンのメルルーシュ・・・是非観てみたいです。
page top
銀魂
銀魂ってくだらなかったり下品だったり、ちょっと・・・な作品もあるんだけど、中にはほろりとさせたりすっごい良い作品があったりもして。
そんな中で「紅桜編」は最高に良い話と思っているので、「劇場版銀魂 新訳紅桜編」を見て来ました。

見て正解。
テレビシリーズの紅桜も良かったけど、映画になって更にパワーアップ。
絵のクオリティも落ちてないし、銀さんとヅラの殺陣シーンがとにかくすごいv大画面で見ると迫力倍増で感動です。
原作やテレビでは出番の無い真撰組も不自然でなく、うま~く登場させてるし映画ならではの作りで色々面白かったですよ。
DOESの曲も相変わらず良いvvv

銀魂らしいお遊びやオチ・・・というかネタも所々にあって笑わせて頂きましたv
色々語りたいけど語るとネタバレになるんで気にな方は是非見てください(笑)
page top
浪川さんトークイベント
声優の浪川大輔さんが監督を務める映画「Wonderful World」の公開を6月に控え、浪川さんの「公開まで待てない!スペシャルトークショー」が六本木のTOHOシネマズであったので行ってきました。
映画はまだできてないので(笑) 特報映像2分28秒を流し、後はひたすら松村清秀さん(ゲーム☆アクションの監督)を司会に浪川監督のトーク90分。
非常に濃くて面白かったです(^^)

お2人ともラフな格好で出てきて軽く挨拶をして、じゃ、とりあえず映画の内容のお話を・・・と松村さんが振ったら、浪川さん、しゃべるしゃべるしゃべる・・・・・・・・・・・
細かくあらすじを語りだし、最後のオチまで言ってしまうのか???という所で松村さんが止めてました(笑)

ちなみに映画の主要キャストは浪川さんの人脈を駆使していろんな業界の人とのコラボを目指したとの事で、声優界はもちろん、役者さん、モデルさん、芸人さん、ミュージシャン・・・と様々。
そんな中で主演をはるのは、宮野真守くん。あらまぁ・・・・
ちなみに映画の中でマモは弁護士で浪川さんとは兄弟だそうですよー。
脚本はあて書きも多く、特に主役はまだマモに出演交渉もしてないのに途中からは完全にマモ仕様で書いてたそうで。(あ、でもちゃんと脚本家をたててもらったので、浪川さんが脚本書いたわけではないです)完成した時「そういやマモに交渉してないや」と慌ててオファーしたらしいです。忙しいマモが空いてて良かったね~。
他にも出てほしい人や、出る、と言ってくれた人もいたけど時間調整ができず諦めた人も多数居たそうですよ。

来月の公開を控え睡眠時間が毎日3時間という浪川さん、かなりお疲れモードでしたが、映画にかける情熱はすごく、映画にこめたメッセージとか本当に色々と語ってくれました。
すっごい真面目でしたよ。こんな浪川さん、始めて(笑)
ご本人様も「こんなに笑いの無いイベント始めてです」とおっしゃってましたが、いやいやそれなりに楽しませて頂きましたv
もちろん、映画の裏話的な事やキャスト一人一人の印象なんかも話してくれて楽しかったです。
中でも印象に残ったのは、斎賀みつきさん。
「山寺(宏一)さんにオカマの役をやってもらうので、オカマがいたらオナベも必要だろうって、斎賀さんに「斎賀さん、オナベの役で出てよ」って言ったら「いいよー」って即答してくれました」的な事をおっしゃってまして・・・・さすが斎賀さん、男らしいなぁ・・・と(笑)
他、やっぱ声優さんキャストの話には笑いが起きましたね。杉田さんとか森川さん、森久保さんとか・・・想像できるだけに笑えます。

まだまだ細かい作業が残ってるそうで、撮り初めから本当に時間が無い中での作業のようですがあと1ヶ月、頑張ってください。

とりあえず、みんなblogなどで宣伝してね☆という事なのでよろしくv
page top
花組「虞美人」観劇
花組「虞美人」を観劇してきました。
長与善郎作「項羽と劉邦」が原作らしいんですが・・・・私「項羽と劉邦」って史実としては知ってますけど、学生時代に漢文で四面楚歌とか虞や虞や汝を~って習ったくらいで実はよく知らないんですよね~。
なので、歴史上の人物として真飛の項羽と壮くんの劉邦が史実的にどうだったかは解らないんですが、宝塚的には非常に良かったです。
「太王四神記」についでの大陸ものなので、色々被りそう・・・と思ったけど、真飛も壮くんもきっちり役を作ってきたしv
ってか、個人的に壮くんの演じた劉邦のような飄々としてとらえどころの無い、でもやる時はやる~みたいな人、好きなんです。なので今回の壮くんの役は私的にツボでしたv

観る前に壮くんのお茶会に行っちゃったんで、お茶会では???なネタバレ的なトークも観劇して色々と納得。
漢王となった劉邦の死から始まるんですが、花野じゅりあちゃんの恐妻ぶりがすごかったです。死ぬ直前の劉邦に向かって延々恨み言・・・もはや呪詛です。
でも、今回壮くんがつけてるアクセサリーのうち2点はじゅりあちゃんが作ってくれたそうですよ。そんでもう1点は彩音ちゃん作らしいvvv
あ、壮さん曰く寝ながら歌うのはそんなに苦じゃないそうです。
あと「男子高校生並のトークをしてます!」のシーン。(秦の後宮の女性の品定めをしてるシーンです)
東京では音量下げられちゃったらしく、会話があんまり聞こえないのが残念なんですが笑わせて頂きました。こういう小芝居が楽しいvvv
それとやっぱり「東へ」を歌う壮くんが素敵でしたね~。

他、張良の未涼亜希さん、策士の役がお似合いで。こういう人は敵にまわすと怖いです。
時期トップ娘役の戚役、蘭乃はなちゃん。今回は壮くんの愛人役だったけど花に溶け込んでまとぶんの新しいお嫁さんになって下さいv

そしてこの作品で退団する娘役トップの桜乃彩音ちゃん。
ずっと妹キャラが定着しちゃってて気の毒だったんだけどラストで素敵な役をもらって良かったね~という感じの清楚な虞美人でした。
ずっと項羽に寄り添ってる姿が娘役トップの立ち位置と重なって、改めて真飛・彩音コンビ良かったな~と思いました。
お芝居ラスト、壮くんの歌う「虞美人」の歌にあわせて白い衣装で踊る項羽と虞美人のダンスが良かったですね~。
どんな悲恋でもガラスの馬車で迎えに来るよv的な救いが宝塚はあるので良いです。ハッピーエンド好きな私でも後味が良いのです。

フィナーレも良かったvvvが!
彩音ちゃんが白いドレスで踊るソロダンス。素敵でした。
そこにまとぶん登場!
しかし着てたのは黒のタキシード!え~!!ここは絶対白の燕尾でしょーーーと思ったのは私だけ?
やっぱりラストは白のデュエットで締めて欲しかったなぁ。
でも彩音ちゃんのラストを意識したような振りつけだったしまとぶん渾身のリフトも見れたし満足です。
page top
壮くんお茶会v
花組の壮一帆さんのお茶会に行ってきました。
場所はいつもの某ホテルの宴会場。

今回のお茶会はもちろん今上演中の「虞美人」のお茶会なんですが。。。。実は私まだこれ観てないんですよね(^^;)
以前「太王四神記」のお茶会で壮くんに「まだ観てない人は・・・・居ないよね」と言われた時、冷や汗もんだったので(笑)それ以来ちゃんと観劇してからお茶会に参加してたんですが、今回は色々立て込んでて事前に観ることができず・・・
壮くん、ごめんね明後日行きますから~みたいな(^^;)

この公演から日曜の公演時間が変わり、4時開演になった為お茶会が始まるのも必然的に遅くなり・・・始まったのは8時半過ぎでしたね。
なので終わりももちろん遅くなり・・・お茶会終了は10時過ぎ。
日曜にこれはちときつい・・・ってか地方から来てる人はちょっと気の毒。おまけに月曜は宝塚休演日にしちゃったから1泊しても観劇できないという・・・・関係者さん、もう少し上演予定を考えた方が良くないですか・・・とか思ったりして。

お茶会の方は、相変わらず壮くんのトークが冴えわたり非常~に楽しかったです!
舞台「虞美人」の話から、前回の舞台「相棒」が終わった後にハワイに行った時の写真をスライドで見せながらのハワイの話、そしてスタッフさんが考えた渾身の5択クイズ大会などなど、相変わらず盛りだくさん。

一番受けたのは、ハワイでの話。
イルカを見るために船に乗ったけど、すごい海が荒れてて結局イルカは見えず・・・。
一緒にいた桜一花ちゃんが「代わりに私がイルカの歌をうたいます!」と言ってイルカの「なごり雪」を船の上で歌い始めたとか・・・。非常に受けました(笑)

今月一杯まで東京宝塚劇場で「虞美人」をやった後、すぐ村に帰り、「麗しのサブリナ」のお稽古に入るとか。
こちらは「虞美人」とちがってライトで明るいラブコメっぽいお芝居らしいので、それはそれで楽しみです。

壮君、今が色々と正念場。
頑張ってください!!!!
page top
御柱祭
今年の黄金休みは、2泊3日で長野県の諏訪へ行ってきました、
目的は7年に1度行われるという「御柱祭」を見る為。
長野はよく行くんですが御柱を見たこと無かったんですよね。
予定をみたら4月に「山出し(木落とし)」5月に「里曳き(建御柱)」6月に「宝殿遷座祭」となっており、ちょうど黄金週間中が上社御柱祭の里曳きに当たるので、これはチャンス!と思って行ってきました。

茅野まではもちろん特急あずさ。そして茅野駅から里曳きの行われる場所までバスで向かったんですが、駅から「御柱祭」の幟がそこかしこに立てられてて街中が「御柱」って感じ。こんなの長年茅野駅きてるけど始めて!!さすが7年に1度の祭り(笑)

「里曳き」とは、山から切り出したご神木である丸太を人力で本宮まで運ぶ事なんですが、とにかく人がすごい!人人人で肝心なご神木が見えない(笑)
うん、こんな感じ。↓
onbasira2.jpg

onbasira3.jpg

onbasira.jpg

そんな中、つて・コネのおかげで沿道に作られた桟敷席に入る事ができ、そこで真昼間からビールと枡酒を飲みながらまったり見学v
お酒以外にも揚げ物とか巻き寿司とかおつまみとか、色々振舞ってもらっちゃってなんとも・・・ありがたいvvv
ちなみに枡酒は茅野の地酒「ダイヤ菊」でした。
樽で置いてあり、枡をもらった後はほぼ飲み放題状態(笑)
柄杓でついで頂いたんですが、これがめっちゃ美味でした。檜の香りとマッチして良い感じ。おもわずついでくれたおじさんに「すごい美味しいからお土産に買っていきますね~」って言ったら「お土産のはまずいよ。これは樽だから美味いんだ」と言われました・・・。そ・・・そういうものなのね(^^;)

「里曳き」は3日かけて行うものなので、私がみたのは御柱4本中2本目と3本目だけでしたが、だいたい雰囲気はわかりました。
うん、こんなお祭り毎年やったら身がもたないと思います。色々な意味で(笑)
7年に1度くらいが丁度良いのかもしれないっつーか、7年に1度だからこそ死人が出るくらい全力でやるお祭りなんだな~と思いました。
・・・あんまり感想になってないけど、こういうのは直接見てないと雰囲気を伝えるのは難しいです・・・(^^;)
興味のある方は是非7年後に長野においで下さい、良いですよ~(^^)

お祭り見た後は、例によって温泉行ったり美味しいもの食べたり。とりあえずお休みを満喫しておりますよ。
あと1日お休みだと思うと嬉しいv
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG