FC2ブログ
日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
雪組「ソルフェリーノの夜明け」観劇
雪組「ソルフェリーノの夜明け~アンリー・デュナンの生涯~」ショー「Carnevale睡夢~水面に浮かぶ風景~」観劇。

ユミコさん(彩吹さん)の退団公演ですよー(涙)
ここまできて退団とは。。。色々と大人の事情というか劇団内部の噂も聞きますが純粋に残念です。水とのコンビ好きだったんだけど・・・。
そんな退団公演は赤十字を創立した、スイス人の実業家アンリー・デュナンのお話。・・・なんだけど作・演出が植田紳爾なので、まったっくもって期待してなかったんですが・・・・ううう、泣かされました。
植田に負けたようで非常~に悔しいんですが(^^;)、脚本というより雪組の演技に泣かされましたね~。

幕開きがみんな白いドレスと燕尾を来て板付きで主題歌を歌う・・・というもので、ここらへんはもう植田(^^;)もうベルばらにしか見えない。曲も似てるから「薔薇ベ~ルサイ~ユ~薔薇ベ~ルサイ~ユ~♪」というフレーズと暫く混同してました(笑)
とにかくユミコさんが大人の演技で良かったですよ。2番手だけあって水と対立する役が多かったですが、今回は同じ同志という事で友情・・・まではいきませんが良き理解者という立場でいましたからね、水と2人のシーンとかなんか新鮮でした。
で、出立前のアンリエットを抱きしめるシーン、あれはラブシーンと見てよいのですよね???2人ハッピーエンドなんですよね???
逆に今回、主役である水さんのラブシーンが全くなくて笑いました。娘役の愛原実花ちゃんと全然絡んでないような・・・(^^;)
いやでも、ラストの鬼気迫る演技はさすがの迫力でした。今回、アベ・マリアのシーンと、赤十字を作るシーンとラストでちょっとうるっときましたね。水さんすごすぎ。

ショーはベネチアの謝肉祭をモチーフにしたもの。
お芝居とうってかわって明るい陽気なショーでした。
ユミコさんの他にハマコさん(未来優希さん)も今回で退団なのですよね。最近まで知らなくて、じつはユミコさん以上にショックを受けたという・・・・。ハマコさんの歌声好きだったんですよ。ハマコさんは絶対専科まで行ってくださると思っていたのに・・・・ううう
そんなハマコさん、ショーでは道先案内人になったりソロで歌ったり大活躍。宝塚って退団者に対してかなり配慮してくれるのが嬉しいですよね。
ハマコさんのエトワールは嬉しかったです。これが聞き納めなのは残念っっっ
ユミコさんは中盤の水とのダンス共演がめちゃ良かった!楽しそうで水さんものりのりで見てる方が楽しいダンスでした。
あとは水さんの女装ドレスからの黒燕尾への早代わりとか、まぁ見所は色々。ただなんかラストのデュエットダンスが一瞬で・・・まるで相手娘役さんも辞めるような気になったのは気のせいかしら。いやお芝居でもくっつかないからさ・・・

さて、4月はなんか色々と予定がてんこ盛りなので、早々に観劇してしまった雪ですがどこかでもう1回くらい観に行こうかな~。これで見納めなのはちょっともったいない。
スポンサーサイト
page top
もっと学園祭の王子様
寒いーーーー

先週東京も桜の開花宣言をしたというのに、それ以来雨が降ったり気温が下がったり・・・全然春らしくないんですけどー。
今日も最高気温9度とかありえないー。
という事で、まったりコタツに入ってプチ引きこもり。ええ、まだコタツも仕舞ってませんし衣更えもしてませんよー。毎日着ていく物が困ります。でも寒いもんは寒いんで周りは気にしないっ!!(笑)

で、今日は何をしてたかというと、買ったまま開封もせずほったらかしにしておいたDSのテニプリゲーム「もっと学園祭の王子様」をやりましたー。
これ、先にPS2で出してて友人宅でやらせてもらったんですが、DS版が出て、更にフルボイスというのに惹かれて買いました(笑)ついでに名前を呼んでくれる機能もついたんだけどね・・・あらかじめゲームに登録されてる名前でしか呼んでもらえず・・・私の名字って微妙にありそうで無い名字なんで(^^;)呼んでもらえませんでした~・・・なんてもともと本名で登録なんてしませんけど☆

で、もちろん最初は鳳くんですよv
やっぱり浪川ヴォイスを聞きたいじゃん(笑)
で、鳳を落とそうとがんばったんだけど・・・・うまくいかない~~~。
これって要は恋愛ゲームで8月20日(だっけかな)から31日までに相手とのらぶらぶ度をあげて9月3日4日に開かれる学園祭で告白される!というゲームなんですが・・・鳳なかなか手強いです。
3回自力でがんばったんですが・・・らぶらぶ度をあげてもデートに誘われず、告白もされなかったので、さっさと攻略サイトを見ました(爆)・・・い・・・いや一応、友人宅では攻略みないでちゃんと鳳落としてるんですよーーー。なので今回はまぁ時間ももったいないし良いか~という事で(^^;)ダメな大人です。
で、さくさくとイベントをこなし、らぶらぶ度をあげ、告白される条件は全て満たした!と意気揚々として文化祭を迎えたわけですよ。
しかし!!!
ここでまさかのどんでん返し!?
文化祭でのアトラクションコンテストで鳳が優勝しない!
アトラクションの結果発表の後、主人公が一緒に模擬店見ようと誘ったのに断られる!
氷帝の喫茶店で事件が発生しても主人公が「しょうがないですよね・・・」と対策を練らない!
・・・・おかしい・・・
以前やった時は、確かアトラクションでは狙った子(今回で言えば鳳)が優勝するはず。
そして、事件に対しても主人公が何かしらの提案をするはず・・・
案の定、告白されませんでしたよ。なぜ~~~~????

でもね、攻略サイトみても8月31日までの攻略は載ってても9月に入ってからの攻略は書いてないのよー。えええ~~~?つまりここまで手順どおりにいけば絶対告白されるって事?でも現に私は9月に入ってからつまづいてるんですけどーーーーー。
でもどこを見ても8月31日までの攻略しか無いから何が悪いのかさっぱり解らない・・・
という事で9月1日から3回やり直して・・・3回目にやーっとクリアしました。
う~ん・・・・なにがいけなかったのかしら????
とりあえず選択できる所はひたすら鳳選んでましたけどーーー??
2人で模擬店行った時は菊丸と健太郎の所に行きましたー。
あとは・・・何か選択できる所あったっけ???
う~ん・・・・
まぁいいか・・・DSなんでやっぱり音はそんなに綺麗じゃないんだけど浪川ヴォイスで告白されるのはなかなか照れますよ(笑)
次は宍戸さんをおとしたいですvそしたら友人にDSごと貸す予定(笑)
page top
3連休
いや~、3連休ってあっっっという間ですね。本当にあっという間に終わってしまいました(笑)
1日目、20日(土)
Kちゃんと中野散策。
中野には美味しいお店がたくさんあるんだよね~vvv夜も美味しいけど昼のランチも色々とお得です。
そんなんでお昼に集合、美味しいパスタを食べた後はやっぱり中野(笑)ちょっくらまんだらけに行ってきました。
そんで、有吉京子の「SWAN」の続編?の「まいあ」を購入~。
え~と、俗に言う次世代漫画ってやつで、SWANの主役、真澄とレオンの娘の話なんだけど・・・まぁ、ちょくちょく真澄やレオン、葵さんも出てくるわけで。どっちかっていうと本編よりそっちをお目当てに読んでたりしますが・・・ううう・・・レオンが老けて親ばかになってちょっと悲しい・・・・(笑)
いや~、でも中学時代、夢中で読んだよなぁSWAN。又本編が読みたくなった!

2日目
ほぼ引きこもり~(笑)
お洗濯して掃除して、図書館行って・・・ってなんか細々と動きつつ引きこもりしてました。
あ、でも図書館で宮部みゆきサンの「パーフェクトブルー」の続きの「心とろけるような」があったので借りてきました。文庫本なので、通勤電車で読める!ハードはちょっと重くて無理なので(^^;)
ついでに4月に小田原に日帰りで行く予定なので、そのガイドブックも借りてきました。
上手く桜の時期に当たってくれると嬉しいんだけど・・・そうすると、人もすごそうですよね~。
今年はどこかでお花見できるかな。

3日目
姉夫婦来襲。
ほぼチビの相手。うんまぁ、私とチビの精神年齢は非常~に近いらしい。実年齢は本当の親子ほど離れておりますが(笑)
母に生ごみを捨てる穴を庭に掘って欲しいと頼まれたので、チビとむきになって穴を掘りました。
おかげで腕が筋肉痛です。

そんなこんなな3日間。
楽しかったです。
こんな日常が幸せ(笑)
page top
星「ハプスブルクの宝剣」観劇
改めて星組「ハプスブルクの宝剣」「BORERO」を観劇してきました。
前回は2階のほぼ最後列からの観劇でしたが、今回は1階前方ど真ん中ですよー、肉眼でみんなの表情が見える距離!やっぱ迫力が違います。いやまぁそれでもオペラグラスは必須ですけどv

2回目なので内容もすんなり頭に入って来たんですが、とにかく礼音くんがすごかった!
エリヤーフー(エドゥアルト)って非常~に複雑で難しい役だと思うのですが、1時間半の中で見事に凝縮して演じてくれましたよね~。
ユダヤ人狩りのシーンなんて、本物の涙流しての熱演。場面的にも泣けるシーンなんですが、それ以上に礼音くんの熱さに泣けました。

エリザの作曲者・シルヴェスター・リーヴァイ氏作曲のテーマ曲「Candle in your mind~魂に宿る光(希望)~」が本当に良い曲で。久しぶりに観劇した後にも頭に残りました。今もぐるぐる回っておりますよvvv
礼音くんがソロで歌うのも良いのだけど、ラストにキャンドル持ってみんなで歌う所がじ~んと来ますね、この歌の魅力を最大限に表現してくれるシーンで感動します。
ちなみに、私が礼音くんに堕ちた理由の1つは多分歌声です。
トウコさんみたいに超絶上手いわけでは無いのですがね(^^;)(むしろ昔は歌が弱点だった・・・)のびやかで深みのある歌声をしているのですよね、彼女。観てる者の心の奥に届くというか・・・こういうのって上手い下手じゃなくて感性?まぁ単純に彼女の声質が私の好みど真ん中っ!って事ですが(笑)礼音くんの歌う「Candle in ~」は本当に私の心に響きました。

物語全体もあの膨大な原作から、よくここまでまとめたな~と感心するほど。
ただエドゥアルドを中心に描いているから、フランツとテレーゼの人となりがほとんど描かれてなくてそれが残念~。特にフランツは・・・なぜユダヤ人のエドゥアルドと友情を深めたのかとか、フランツ自身の生い立ちや苦悩がほとんど描かれてないから、単に良い人になってしまったのがなんとも・・・
カナメちゃんのフランツの立ち姿は美しく皇帝そのもので良かったんだけどね~。
そういう意味では涼さんのジャカンも原作にぴったりで良かったんだけど、いかんせん見せ場が少ないのでね(^^;)非常にもったいなかったです。
あ、オイゲン公の一樹千尋さんも最高でしたー、さすが元星組組長☆☆☆
こういう方が居ると芝居が締まって良いですねv今の星でこれを観せてくれて本当に良かったです。


ショー「BORERO」は草野先生の作品。
なにげに草野先生とは相性が良い私です。
今回も草野先生お得意の色彩色豊かなお衣装での幕開け。
すごい極彩色で目が眩しいーーーーvvv
そして・・・・「ボレロ」なのになぜにキリマンジャロ????意味解らん・・・と思ってたんですが・・・
いや、最後まで意味不明なんですが(^^;)極彩色で始まったショーが後半からどんどん色がシンプルになりラストは黒の燕尾。
鳥肌もんでした。

赤い衣裳で円卓の上で裸足で踊るトップコンビが妖しくてぞくぞくしました。
ねねちゃんもしっかり礼音くんについてってすごかった!!まぁ個人的には、ラスト円卓に駆け登るくらいのもっと激しいダンスを魅せて頂きたかったですが、それでもこのシーンとラストのデュエットダンスは本当に素敵でした。
コンビ2作目でこれだけ艶のある妖しいダンスを踊れるとは!今後がますます楽しみなトップコンビです。
太王四神記ではほとんど踊らなかったカナメちゃんも今回はダンス全開で、ほぼ全てのシーンに登場。やっぱトップコンビにセカンドが絡むと層が厚くなって良いですなvvv
礼音くんもカナメちゃんも背があるから見栄えがいいし、絵的にも綺麗で非常に目の保養でした。
黄金一色のボレロも圧巻。あの曲で踊る事じたいすごい挑戦だなぁと思うのですが(なにせボレロといえばベジャール的な所ありますからねぇ)、なんつーか宝塚らしいというか星組らしいボレロで感動しました。ここから後の流れもこれぞ宝塚!って感じで良かったなぁ。
やっぱり大階段からの黒燕尾の男役総踊りは宝塚の醍醐味です☆
page top
楠田さんトークイベント
本日、無事テニミュが千秋楽を迎えたみたいですね。
ビューイングに行った友人から「とても良い公演だった」とメールが届いて見てない私もなんかじ~んときました。

そんな私は、友人とのビューイング鑑賞を蹴って(ごめん・・・)楠田敏之さんのトークイベントに行ってきました。一応どっち取るか悩んだんですが、やはり楠田さんの方が貴重だろうとこっち取りました。
とはいえ・・・基本、小心者なのでこの手のイベントに行くのは非常~に勇気がいります(^^;)声優さん関係はまだまだ敷居が高い・・・なのでこっそり5時過ぎに会場に行ったら、みなさま既に会場入り、私最後列でした(笑)
更に、椅子に座ると同時に地震発生。初め緊張して自分がめまい起こしてるのかと思ったよ(^^;)ってか、ここ9階!!このビルの中で死にたくない~と一瞬まじで思いました・・・。
でも、その地震のおかげでお隣に座ったお嬢さんとなんか色々お話できて良かったです。一人でぼーっと待ってるのってちょっと切ないのよね。でもそのお嬢さんはぴちぴちのジョシコーセーさんでしたよ、うわ、ごめんね、こんな年上の相手させて(汗)

そんなこんなで時間通りに松井PのMCでイベント開始。
松井Pも「今日は各地で色んなイベントがあるのよね。テニミュも今日が千秋楽でしょ。そんな中このイベントに来てくれて・・・」的な事を言って受けました(笑)

登場した楠田さんはやっぱカコ可愛いお兄さんでしたvvv
楠田さんのblogを拝見すると、なんかいつも徹夜なイメージがあるんですが、そう思ってるのは私だけでは無い様で、昨日のイベントでも「寝てくださいね」と声かける人が続出だったようで。。。今日はちゃんと5時間は寝てきたそうです(^^;)体が資本なので、無理はしないで下さいねー。
トークは松井P相手にまぁ色々・・・まとめるには散漫すぎてとても無理!でも2時間(!)笑いが耐えないトークでした。

最後にプレゼントがあったんですが、楠田さん相手にじゃんけん勝負だったんですが・・・え~と・・・私、この手のものにはとんと縁が無いんですが・・・珍しく!最後まで残りました!!でも最後の最後で負けました!!!(爆)・・・まさしく私の人生そのもの(笑)ここぞという時に弱い私です。でも隣りのお嬢さんが楠田さんのミニドラマのシナリオをゲットしたので、じっくり見させて頂きましたvvv

これで本来は終了~な所ですが、なんと楠田さんが個人的にファンイベントで旅行した時のお土産を会場の全員に買って来てくれました!しかも楠田さんからの手渡し。まさかのサプライズ!
って事で、最後にそれを受け取り会場から退場・・・・という形になったんですが、最後列だったのでそれなりに待たされましたがなんか周りの方とお話できて良かったです。ってか今回、周りが一人参加の方が多かったので、非常~に心強かったですーーーーー←チキン
で、実際に松井Pと楠田さんを目の前にして何を言ったかといえば。。。「じゃんけんが悔しかったです!」という・・・他に言う事はないのか!!!って感じですが(笑)お2人とも笑って「ごめんねー、でもきっと他で良い事があるよ」とおっしゃってくれて嬉しかったですv

そんなんで、結局2時間以上の長いイベントでした。これが777円のシングルCDの特典なんて美味しすぎる!松井Pに感謝!
楠田さんもありがとうございます。宍戸さんが楠田さんで本当に良かったです(^^)
page top
テニミュラストー!!!
え~と、JCBホールでテニミュ凱旋公演「The Final Match 立海 Second Feat The Rivals」を観てきました。
ぶっちゃけ、前に観たのが去年の12月19日なので、約3ヶ月ぶりのテニミュ・・・・内容ほとんど忘れてたので、色々新鮮でした(笑)
というか・・・地方や既に凱旋観た方たちから、色々進化しててすごいよ!!!というお話聞いてたんですが・・・比べられるほど前を覚えてないという・・・・(^^;)
いやでも、OPからみんな気合入っていたと思います。

今回、2階席だったのですが全体が見渡せてめちゃ観やすかったです。
本命がいなくて、F・G・K・Sの置いてきぼり感さえ我慢すれば、バルコニー席センターは非常に見やすいと思います。
改めてライトの使い方や照明の美しさ、タイミングの絶妙さに感動しました。
そしてリョーマ役のりゅーきがすごかったです。スケジュールと舞台の内容を見てどこかで倒れるんじゃないか?!と心配してましたが、今日も声を枯らす事なく、切れのあるダンスも観せてくれました。
多分、リューキも他のキャストさんたちも満身創痍だと思うけど(足が痣だらけ・・・)みんなよくがんばったよね、あと1日頑張ってください。

ラスト2曲のOn My WayとF・G・K・Sは楽しくて、毎回目がいくつあっても足りない状態。それでもなんとなく氷帝メンバーを追ってしまうのですが(笑)今回は割かし全体を観るよう努めたんですが・・・やっぱり真田の壊れっぷりは観そびれました(^^;)
そのかわり、幸村が白石に絡んでる図とか、金ちゃんと不二がふざけてる図とか、他校メンバーが絡んでる図が色々と観られて良かったです。自分の学校以外のキャラたちと交流があるのって、なんか観ていてほっこり、嬉しいですよねー。
ラストの緞帳が降りるぎりぎりまでみんなが色々やってくれて、笑って終われて良かったですv

本当にテニミュが終わるかイマイチわかりませんが(誰もが突っ込んでいる1stシーズン終了ってどゆ事???笑)とりあえず一旦終了、みんなお疲れ様でした!!


観劇後は一緒に観劇した友人をそのまま我が家へご招待、氷帝祭りをしました(笑)
いや、単にお酒飲みながらDVDを観ただけなんですけど・・・・最初に、有無も言わせず去年のテニフェスの中の氷帝のシーンだけ抜粋して見せ(チャームポイント~とか氷帝エタニティねv)後はひたすらテニミュ(笑)ドリライ3とか氷帝都大会編とか六角とか・・・・
結局、氷帝の出るテニミュが一番好きなようです(笑)
そして明日は、そんな氷帝学園の宍戸さんのトークイベントに行ってきます(^^)
page top
「いい加減にしてみました3」観劇
あまりテレビでお笑い番組やコントは見ないのですが、やっぱり生の舞台は別です。
今日は、下北沢の本多劇場で伊東四朗・三宅裕司のコントライブ「いい加減にしてみました3」を観てきました。
5本のショートコントをノンストップ、2時間かけて演じていくんですが・・・もう最高に面白かったです!!
基本、舞台はスペシャルゲストの沢口靖子を入れての3人芝居・・・というかコント。
沢口さんは以前、三谷幸喜さんのお芝居で観た事があり(そういやそれにも伊東さん出てたなぁ。確か「バッドニュース・グッドタイミング」というお芝居だったような気が・・・)その時にコメディのセンスある方だな~と思ってたんですが、今日も伊東さん三宅さんに挟まれ充分
天然ボケ?的なコントを披露してくださいました。
いや~、あんな美人女優さんがコントするのってなんか新鮮vvv

1本20分くらいのコントを5本やったんですが、コントとコントの間の繋ぎをどうしたかというと、舞台に楽屋を作り、そこで衣装変えとかをしちゃうという趣向。
つまり楽屋の様子も観客には丸見え。伊東さんと三宅さんが素でトークをしながら生着替え(笑)をしてくれました。
その時に、その前にやったコントの反省とかしてくれるんですよね~。
「さっきのあれさぁ、薬落としたでしょ」とか「あの台詞言えてなかったよね」「ごめん、ちょっと台詞忘れてねぇ」とか、もうさっきのコントをネタにして更に笑わしてくれる。すごいと思いました。
ちなみに伊東四朗さんは今年72歳だそうですよ、まだまだ現役でがんばっていただきたいです。

いや~、若手の舞台も良いけどこういうベテランさんの舞台も味があって面白いです。
page top
B’Z LIVEーGYM2010“Ain’t No Magic”
B’ZのLIVEーGYM2010“Ain’t No Magic”in東京ドームに行ってきました~!!

去年は大きなツアーが無かったので、約1年半ぶりのB'Zですよvvv
6時開演だったんですが、今回からB'Zのファンクラブチケットは引換券が送られてきて、当日入り口で座席番号と交換するまで座席がわからないという方法に変わったんですよね。
で、マイミクさんの日記などを読むと、入り口で相当時間がかかり1時間ちかく開演が遅れた・・・という話も聞いたので、外で待たされるよりは中で待つ方が良い!という事で、5時には会場に向かいましたよ。
おかげで、すんなり座席番号の書いたチケットと交換して中へ入れました。
やっぱり、他の人たちも色々噂聞いてるんですかね?その時点でかなり会場埋まってて、ライブもほとんど定刻どおり、6時10分には始まりました!

以下、多少のネタバレありの感想。
やっぱりB’Zはすごいなぁ・・・というのが一番の感想ですが(笑)
「DIVE」で幕開け。アルバム「MAGIC」を中心にアンコール含め2時間半強、さすがのライブを見せ付けてくれました。
ツアーの場合、大抵アルバムを中心にシングル曲を挟んで、更に懐かしい曲を1~2曲・・・というパターンが多いんですが、今回のライブで懐かしくて嬉しい曲は「LOVE is DEAD」。この曲大好きv
ってか、B’Zは好きな曲が多々あって、あれもこれも聞きたいので、そんな中であれやこれをやってくれてホント嬉しかったですv
「DIVE」で始まったのでラストは「Freedom Train」で締めるのかな~と思ったら、甘い!!その後もまだまだ嬉しい曲てんこ盛り。
久しぶりに「LOVE PHANTOM」や「MOVE」が聞けたのも嬉しかった!
アンコールも「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」と「イチブトゼンブ」の2曲やってくれたし、もういう事なし~v

もちろん、演奏以外でもバックに映る映像や炎や特効、テープ、風船も色々すごかったんですがやっぱり一番すごかったのは某ジャ○ーズもびっくりのあの舞台の大移動・・・ですかね?
あれはジャ○ーズが特許取ってるって聞いた覚えがあるんですが・・・ジャ○ーさんに話つけたのかな?(笑)
まぁ稲葉さんってかB’Zのお2人ともジャ○ーズの子たちと中良いですもんねvちょっとあの大移動は感動しました。
ってか、あれとかそれとか、解りづらい日記ですみません(笑)

やっぱりB’Z、最高です
page top
エリザベート!!!
噂って恐ろしいってか侮れない・・・

2010年東宝版エリザベートの配役が発表されましたね。
噂どおりトート閣下に城田優ですよ・・・・えええ・・・・!!!!
嬉しいけど複雑。
そしてルドルフ皇太子にはまた浦井くんと伊礼くんか~。
石丸幹二さんも噂どおりですね。これは楽しみv絶対観たい!!
他、山口さんが降りないのも、エリザの2人も高嶋兄がまだルキーニやるのも噂どおり・・・いや~、噂ってすごい!(笑)

さて、これから又どういう組み合わせでチケット取るか考えないと。
とりあえず私は山口さんはもういいかな~。初演から観てるので飽きた・・・
まぁそれを言うなら高嶋兄のルキーニもホントどうにかして頂きたいんですが・・・(^^;)

石丸+朝海+浦井+寿さん
城田+瀬奈+彼方+杜さん
城田+朝海+浦井+寿さん

こんな感じかな~。
あー、でも城たんのトート閣下・・・う~ん・・・
城たんと浦井くんで「闇が広がる」をやられたらめちゃ美しいけど・・・タキシード仮面様の共演と思うと笑える(笑)
page top
パーフェクト・ブルー
今更だけど。
2月頭にWOWOWで放映されたドラマ「パーフェクト・ブルー」をやーーーっと見ました。

もうねぇ、これ手に入れるの苦労しましたよ!!!
私はもちろん、周りにWOWOW加入してる人が全然居ないんですもんっっっ
もうマイミクさん巻き込んで(O様、R様、その説は本当にお世話になりました、ありがとうございますvvv)色々お願いしてたんですが・・・・・
放送日直前になって、思いもかけない方面から「おためしでWOWOW入るから今なら録画できるけど」というメールが!!いや~、ある程度カミングアウトはしておくもんですね(笑)
即答しましたよ。「お願い!録画して!!!」と(^^;)

ちなみになんでこんなにこのドラマが見たかったかというと、金髪な瀬戸祐介くんが出てたからなんですが。

え~と・・・・かなりネタバレ感想なので、これから見る方や原作読む方、ミステリーファンな方はこの先読むのをお控え下さいませね(^^;)
あ、瀬戸くんの感想は、良かったよ~!!!という事で(^^)




この「パーフェクト・ブルー」は宮部みゆきサンの長編小説が原作です。
宮部さんは何気に好きで何冊か読んでるんですが(なかでも「火車」はおもしろいですよー。未読の方が居たら是非お薦めです!!!)これは未読だったので、DVD受け取るまで時間あるから原作読んでおこ~と、図書館で借りてきました。

ドラマのキャストを重ねて読む事は無かったんですが、一応、瀬戸くんの役名は「山瀬」と聞いてたので、なんとなく「山瀬」くんだけはチェック(笑)
本の登場人物紹介に「山瀬浩・・・克彦の元チームメイト」とあったので、ふむふむ・・・・元野球少年でグレちゃった役かしら???と思って読み進めていったら・・・・
山瀬くん最初の登場シーンは・・・・死体でした(爆)

えええ~!という事は、瀬戸くんは死体で出演???動いてるシーン無し???
金髪までしたのに~・・・・と思わず思ってしまった(笑)

まぁ、その後に過去話でちゃんと出番があって良かったんですが・・・(^^;)
ドラマだとどのくらい、「山瀬」くんの出番はあるのかな~と思ったら割とありましたねv
実際ドラマでちゃんと死体も演じておりましたし(^^;)殺されるシーンは迫真の演技というか、あの台詞が切なかったです・・・
「山瀬」くんは、原作には無い台詞が多々あったんですが、それがなんか全部切ないんですよ。「俺に野球やらせろよ!」とかね。
「山瀬」くんに関してはドラマの方が原作には無い見せ場もあって良かったかな。
野球のユニフォーム来てる瀬戸くんが可愛いv
レアな(?)瀬戸くんが見られて満足です。

ドラマの方はやっぱり原作と比べると色々端折られてて物足りない部分もあったけど、面白かったです。
元警察犬のマサが可愛いvvv
原作はこのマサ視点で事件が書かれてるんですが、原作もほんと面白いのでお薦めです。

パーフェクトブルー2

↑写真は、頂いたDVDの絵柄。
ちゃんとパーフェクト・ブルーの本の表紙と出演者や放送日が印刷されたピクチャーレーベル仕様ですよーーーーー!!
もうこれだけでも感動です。
どうもありがとうございます・・・・・家宝にします。
page top
星「ハプスブルクの宝剣」観劇
星組「ハプルブルクの宝剣」「BOLERO」観劇。

今日のお席は天井桟敷!2階のほぼ最後列ですよっ
2週間後にもう1回観るのですが、その席がとても良いお席なので(友人に感謝~vvv)、その前に遠くからでも1回全体を観ておこうと、B席での観劇です。
なので今日の日記は舞台の感想ってより作品の感想かな。

「ハプスブルクの宝剣は」藤本ひとみさんの小説が元になってるんですが・・・原作ってものすご~く長いんですよね。
上下巻で、あわせて1000ページ近い長編小説。図書館にリクエストしたら2冊同時に来たので、2週間、ものすごい勢いで読んだ記憶があります。
内容は、一言で言えばマリア・レテジアの話なんですが(いや、主役はテレジアが憧れる男性エドゥアルドだけど)、マリア・テレジアの人となりを考えてみたら、アントワネット様の母上で16人も子供産んで、オーストラリアを治めて・・・って上辺的な事くらいしか知らず、この本読んでテレジアがどういう人なのか初めて知りましたよ。
いやまぁ・・・小説なので史実とは色々異なるとは思いますが・・・これ読んだ限りはすげーーー我が儘でプライドの高い人!という感じでした(笑)
だってエドゥアルドが、オーストリアの為に!!と苦労して作戦たてるのを、ことごとくテレジアのプライドが邪魔するんですもん。いい加減にしろ~と思ってしまった(^^;)
でも全編とおしてすごい面白かったです、読むの大変だけど西洋史好き、ハプスブルク好きな方にはお薦めです♪

そんな大作を宝塚でわずか1時間半でやるんですよ、それは無理だろう・・・と最初からあまり期待せず。10年以上前に一路真輝主演で上演した同じく藤本ひとみサン原作の「ブルボンの封印」再び・・・で大胆に脚色された、ほぼオリジナル~な感じで上演されるのかしら・・・と思ったら案の定、エドゥアルト最大にて宿命のライバル・フリードリッヒが出てこない~~~。
他にも、拷問シーンがなかったり、それによってエデゥアルトが隻眼にならなかったり、だからダビデの星のついた眼帯なんかもでてこないし、なんかもう違う意味で色々すごい!
ラストもなんか全ての因縁、因習を飛び越してハッピーエンド?って感じでなんという力技!(大笑)

でも原作を抜きにして考えたら(それもどうかと思うけど)面白かったです。
やっぱ今の星は安定していて良いですな~。
礼音くんがとにかく、人に聞かせる、響く歌を歌えるようになったのが強みですね。原作のエドゥアルトにもぴったりで良かったです。
かなめちゃんの使い方はちょっともったいなかったけど・・・まぁ、礼音くんやかなめちゃんなど個々の感想はまた次に観た時に。
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG