日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
「外伝・ベルサイユのばら」観劇
神奈川県民ホールまで宝塚星組「外伝・ベルサイユのばら~ベルナール編~」を見に行ってきましたよ~。
これでよくわからん、宝塚ベルばら外伝3部作・ジェローデル編、アラン編、ベルナール編と全コンプ。ぜぇぜぇ・・・

その前に。
せっかく横浜くんだりまで行くのだからと、お約束で中華街の関帝廟でお参りし、中華を食べてきました♪
友人からお薦めのお店を聞いて、ついでにお薦め料理もメールで送ってもらってたんですが、2人だったのでそんなに種類を食べることができず・・・残念です。
でもやっぱ中華は美味しいv是非また今度は大人数で円卓囲んで食べたいです。

で、本題のベルばら。
え~と、やっとトップコンビが活かせる作りだったかな・・・と。
なにせジェローデル編ではトップコンビが、ソフィア→ジェローデルって微妙な関係だったしアラン編に至っては兄妹でしたからね。
今回トップコンビがベルナールとロザリーって恋人同士の役で良かったね♪と(笑)

安蘭けいさん(トウコちゃん)のベルナールは思ったとおり、良かったです。
黒髪に黒の衣装で、もともと影がある人なのでティリアンのようなダークヒーローっぽく、でも原作のちょっと明るい所もちゃんと取り入れてたりしてナイスでした。
外伝では本編に入らないシーンが色々組み込まれてるんですが、今回はベルナールとロザリーのプロポーズと、オスカルがカードをいじりながら、ベルナールに略奪した武器を買え!と商談するシーンが新鮮だったかしら。
涼紫央のオスカルも2回目ともなると見慣れたし☆・・・立樹遥のアンドレ、アラン二役はごめん、ちょっと笑ったけど。

しか~し!!
最後の最後で原作無視でしたね・・・・・・え~と、ベルナールは一人、歴史の証人として生き残るのか・・・・
アランと心中はしなかったのね。
でも、最後のベルナール編がこういう終わり方をしてちょっと救いがあって良かったかも。外伝のラストがみんな死んで終りじゃあまりに切なすぎる・・・。
ラストでベルナールとロザリーが抱き合ったバックにオスカルとアンドレ、フェルゼンとアントワネット様が降臨なさってたのが絵的に良かったです。

ショーは「ネオ・ダンディズム!Ⅲ」
岡田先生の過去の作品の切り張りのような作品でしたが、星はこういうナルシス系っぽいショーが非常に似合うので私は面白かったです。
ってか、「オール バイ マイセルフ」を歌われると弱い(^^;)
○年前の「ナルシス・ノアール」のシメさんの「オール~♪」を思い出して泣きたくなるのね。ほとんどパブロフの犬状態です(笑)
でも客席でトウコちゃんが朗々と歌い上げてくださり、プチディナーショーでした。
あとゴスペルのシーンとかめっちゃ良かったな~。しかし、黒い衣装を着た涼が一人、学ランに見えてしょうがなかった・・・
そしてその涼と立樹の客席降り。
ファンが持ってたパンダの手(猫の手みたいなもの)とパンダ耳のカチューシャを受け取り、それをつけて舞台でまぢめに決めポーズをする二人。
良い人だ・・・・・・

最後は恒例、ご当地ネタとご挨拶。
こういうのは大抵組長の英真さんがやるのだけど、今回は参加されてないのですねーという事で、全てトウコちゃんが取り仕切るんだけど・・・やっぱりトウコちゃんって面白い(笑)
最後まで笑いで締めてくれました。
お疲れ様です。

来年はいよいよトウコちゃん、ラストイヤーです。
がんばってついてきますーーーーーー!!!
スポンサーサイト
page top
三浦残留で嬉しいですvvv
月に1回くらいお邪魔してる馴染み(と言ってよいだろう、もう)のお寿司屋さんがあるのですが、昨日もお邪魔して、寒くなったし~って久しぶりにビール→焼酎→日本酒と飲んだら朝、起きたら喉やられてました(笑)

しかし。
このお寿司屋さん、絶対変~~~、地場がおかしい。
店長がすごい野球ファンなのね。ばりばりのロッテファンですよvで、話も面白いのでその店長目当てに野球ファンが集まるのはわかる。
かくいう私や友人なども、店長と野球の話しをするのを楽しみに通ってる節がありますよ(^^)
しか~し!!気のせいか横浜ファンが多いのはなぜ?
行ってカウンターで友人や店長と野球の話をしてると、必ずと言ってよいほど横浜ファンが釣れます(笑)
昨日も、友人3人とカウンターに座ったら、両隣を横浜ファンに挟まれましたよ。
いやもう、大人なんで(笑)見ず知らずの他人と話すのに何の抵抗もないんだけどねー、おかしすぎるでしょ!
友人曰く「横浜ファンはきっと肩身が狭く(ここ数年万年最下位ですから・・・)話してる人を見かけると嬉しくて話しかけたくなっちゃうんだよ」という事らしいんですが・・・・ふむ。
そんなんで昨日も来年の横浜について、特に三浦投手の阪神移籍は有りなのか??という話しをしてました。
私としては・・・・三浦の気持ちもわかるので、阪神に行っても応援はしようと思います。阪神ファンにはならないと思うけど。

な~んて話しをして一夜明けたら、三浦横浜残留決定って!!!
うわ~、ちょっと嬉しい。
また昨日のおじさん達とここらへんを語り合わないと!
page top
プライバシー侵害だよ!!
ネットで地図を検索できるのは知らない土地に行く時などとっても便利。
私もよく利用しております。
で、今なにかと噂のストリートビューも便利かしらと思いとりあえず我が家を検索してみたんですが・・・・・・ひーーー、何コレ!って感じ。
え~と・・・・確かに人の顔とか表札は写ってませんが(表札はぼかし?)庭先から、庭に面した窓から、カーテンが掛かってる様子まで丸わかりですよ。
これってプライバシー侵害ってか防犯上かなりやばいんじゃない???って事で、速攻、グーグルに削除依頼をかけました。

なんつーか、ネットって便利だけど映像権とか著作権とか肖像権とかが野放しになってきて、だだもれ状態でなんか怖いですよね。
我が家も全世界に見られてたかと思うと(いや、かなり自意識過剰ですが(^^;))かなり嫌な感じですよ。

うまく使うと便利だけど、使い方間違うと危険なネット。
自分なりに上手く使いこなしたいです。

しかし。
削除された後のストリートビューの我が家の所を見ると、映像が黒くなっててそれはそれでちょっとまぬけな映像だったり(笑)
でも、ストリートビューはやりすぎ・・・と思います。
皆様もお気を付け下さいね。
page top
「エリザベート」観劇
帝国劇場に「エリザベート」を観てきました。
東宝版エリザは久しぶりだったんですが、やっぱり良いですv

今回のエリザはロング公演のため、主要キャストがほぼダブルキャストだったんですが(その中で高島ルキーニだけが初演からひたすら一人で演じているのはすごいというかなんと言うか・・・)チケットを取るにあたり、どの組み合わせで取るかが悩みどころ。
全部の組み合わせを見るつもりは無いけど、全キャストは見たい・・・・ううむ・・・

なんて、実はそんなに悩んでおりません(笑)
とりあえずトートとエリザで考えた場合、実力と年齢から武田+涼風コンビはありえない。
そうなると武田+朝海、山口+涼風がベストかなと。
次にルドルフを考えたとき、私個人としては浦井くん>彼方くんなので、絵面的に考えて山口さんより武田くんとの「闇がひろがる」が見たいかな~と思って浦井くんは武田くんの方へ。
よって武田+朝海+浦井と山口+涼風+彼方ですんなり決定、チケット取りました。
その後に他のキャストを見たらうまい具合にフランツ陛下も宗馬さんと禅さんと別れててラッキー、ほぼ全キャストさんを網羅できそうです。

で、今日のキャストは以下の通り。

エリザ:朝海ひかる(コムちゃん)
トート:武田真治
フランツ:鈴木宗馬
ルキーニ:高島政弘
ルドルフ:浦井健治


東宝でのエリザ女優、一路真輝さんが寿休業中で新たに選ばれたコムちゃんとカナメ(涼風)。
コムちゃんの宝塚退団後の女優っぷりは知ってはいたんですが、さすがにエリザはううむ・・・・
もともとの声が低いので、最初のシーンがなんか少年みたいだったよ(笑)
白いドレス姿はさすが綺麗、でもやっぱり歌が弱い!
「私だけに」の最後の高音が瀬奈より短かったのはちょっと苦笑。どなたかが、「いっぱいいっぱいな感じ」と感想をあげてましたが、私もそんな感じに見えました。
武田トート閣下は前回の公演より余裕があるのか、なんつーか色気全開でした(笑)
爪を真っ黒に塗って異形の者って雰囲気が出て良かったですよ。
指先の使い方がとっても綺麗で、演技も細かく、手をのばしても届かない無念さやルドルフの頬を撫でる仕草がなんとも色っぽかったです。
なのにカーテンコールの時の笑顔がすごい可愛くて、彼も結構年齢不詳の永遠の少年っぽい人ですね、そしてコムちゃんと二人、並んで立つとめちゃくちゃ綺麗な絵になりますねー。美男美女だ。

浦井くんはもう、ルドルフ役者としては完璧。
「闇がひろがる」のシーンが大好きなんで武田くんとのデュエット、良かったです。
しかし。。。ふと伊礼くんはこれを山口さんとやるのか・・・と思うと、しまった!伊礼くんは武田くんと組ませた方が良かったかもしれない・・・と思ったり。いや経験の差で・・・山口さんには勝てまい・・・(苦笑)
まぁいいや、それはそれで楽しみです。
トートダンサーは相変わらずで、こう・・・所々ぷぷっ・・・と笑いたくなるようなシーンがあったり。相変わらず地に這う踊りなのねん(笑)
トート閣下の下僕なのに、閣下そっちのけで踊り狂ってるところが可愛いですよ。

しかし、宝塚版を見慣れてるので(一人エリザベートができるくらい・笑)東宝版を見ると色々と違和感が。
エリザの解釈は東宝版の方が好きです。宝塚版はちょっと綺麗すぎるので・・・。やっぱり「エリザベートは実はエゴイスト」とかいう台詞は欲しい。
でも東宝版のあのキプロス島でハイネに詩を捧げるシーンとドイツ民族主義のシーンは要らないと思うのです。
キプロス島のシーンは毎回眠くなるし(^^;)、民族主義のシーンは前後の流れに合ってなくてすごい違和感。第一ヒトラーとは40年ばかり時代がずれてるだろうが・・・と毎回思うのですが。まぁ作者がちょっとネオ○チ系らしいのでしょうがないのか・・・・。

とりあえず山口さん+涼風コンビのエリザも今からめちゃ楽しみですv

そしてー。
数日前に発表になったんですが来年、宝塚月組で再び「エリザベート」をやるのですね。
ルキーニ、エリザとやった瀬奈がとうとうトート閣下をおやりになるのですねぇぇぇ~~~!!!
一路みたいにトート閣下からエリザへ華麗に転身~ってのはあるけど、在団中に主要人物全員やる人も珍しいってかすごい。
これでまた当分エリザで踊れますよv
page top
フェルメール展
芸術の秋~という事で、上野の東京都美術館で開催中の「フェルメール展~光の天才画家とデルフトの巨匠たち~」に行ってきました。
最近の美術館は金曜のみ午後8時まで開館してくれて(入室は7時半までだけど)社会人にはありがたいですね。
平日の昼間なんて行けないもんね・・・・・

しかし・・・フェルメールは日本でもすごい人気なので、土日は絶対混むと思って金曜にしたんですが・・・甘かったです(^^;)
考える事はみな同じなのでしょうか(笑)すごい人、人、人・・・
フェルメールの絵の前なんてすごい人だかりですよ。
これでも空いてるほうなのかな???

オランダは昔、旅行で行った事あるので結構馴染みのある国だったりします。美術館がたくさんあって、ほぼ毎日美術館巡りをしてました。だからオランダ絵画、フェルメールやレンブラントは結構好きですvいや、今回はレンブラントは来て無いけど。

で、今回の「フェルメール展」。とりあえず各地に散らばってるフェルメールの絵が7点、まとめて見られるのでかなりお得と思います(笑)
ちなみに、その7点を見て思った事。
飾られてる絵画の横にある説明文を読んでると、7点のうち6点は色んな美術館所蔵になってるんですが、1点「ヴァージナルの前に座る若い女」が個人蔵になってたんですよ!
個人ですよ、個人ーーー!!
一体どんな方(お金持ち)が所持してるんでしょ・・・とつい下世話な事思ってしまいましたわ、おほほ(^^;)

まぁ、人も多かったけど一流の芸術に触れるのもなかなか良いものですv
page top
温泉三昧
土曜日曜と一泊二日で群馬の四万温泉へ命の洗濯に行ってきました~♪
ちょうど紅葉シーズン真っ盛りで、所々団体客様がいらっしゃいましたが、さほど窮屈な思いもせず紅葉と温泉と露天風呂を堪能してきました。

一応、紅葉を写メってみたんですが・・・腕が無いもので(^^;)

shima.jpg
shima2.jpg

あまり綺麗に写ってませんね。
あ、でも四万温泉じたい、紅葉はしてたけど色があまり鮮やかで綺麗という感じはしませんでした。
今年は暖かかったので綺麗に色づかなかったのか、紅葉の木が少ないのか・・・・
でも温泉は良かったです(^^)
page top
「マグダラなマリア」観劇
2日連続、歌舞伎町へ(笑)
今日はシアターアプルで湯澤幸一郎さん脚本・演出の舞台「マグダラなマリア~マリアさんのMad(apple)TeaParty~」を観劇してきました。
シアターアプルも木根さんのライブで通ったり色々と思いで深い劇場なので今年で閉館は寂しいですね・・・

しかしそんな感慨も吹き飛ばしてしまうマリアさんのMadParty、面白かったです。すごい笑わせて頂きましたv
さすが湯澤さん、blogで色々豪語してるだけはあります。
キャストも歌唱力重視というだけあって、みんな上手く聞きごたえあったしどたばたなコメディかと思えばちゃんと話が転がってるし、ギャグの引き際(?)も心得てて私的には非常に面白かったです。
以下、簡単な感想。

・幕開きから湯澤さんのハバネラ。歌唱力半端じゃないです。そして綺麗v
・ケンヌ~!!!(大笑)二枚目路線は捨てたんでしょうか。
客席であの踊りと歌はもうすごいとしか・・・・
・米原くん、可愛いんだけど周りが細すぎて骨太に!(笑)ネルフェスで観た時はほっそりやせてたんだけど、ケンヌやヤスカの隣にいるとやっぱり・・・・(笑)
・津田さんって芸域が広いのですね。いや~最高でした。
・市ノ瀬さんの侍、良かったvvvコマ劇のSAMURAI7とネタがリンクしてて面白かったですよ。殺陣もSAMURAIに出られるくらい迫力ありました!
・柊吾くん、ほそっっっ
・ヤスカ、綺麗というか可愛いというか・・・なんなの~!!!
・藤原くん、神尾役の彼しか知らなかったんですが、いや~3枚目のクリッパも良かったです。
・コバーケンさん、執事と2幕最初のギャップが・・・・(^^;)

とにかく、1幕ラストのケンヌと米原くんの体張った馬鹿カッコイイ(米原くん談・笑)デュエットが最高でした。
もう1回くらい観たかったよ、残念~。
page top
「SAMURAI7」観劇
新宿コマ劇場にて「SAMURAI7」を観劇。

・・・ぶっちゃけ、見に行く予定ではなかった所を急遽お誘い頂いての巻き込まれ型観劇(笑)
なので内容もキャストもほとんどチェックしてなかったので慌てて会社で公式サイトを覗いてから行ってきました(^^;)
え~と、ネルフェスですごい宣伝してた栄治さんは7人のサムライの中には入ってないのね。
主演は加藤雅也・・・って彼殺陣できるの?ガウチは楽しみ~、ってかすごいメンバー。載寧くんとか声優の高橋広樹さんとかお笑いのレイザーラモンとかの名前が連なってるよ・・・などと思いながらコマ劇へ。

コマ劇は今年で取り壊しが決定してるのですよね。
昔は演歌の殿堂で、入る機会なんて無いわね・・・と思っていたのですが、コマ劇自体が方向転回してからはゴージャスの舞台やエリザを上演してくれていつの間にか馴染みの劇場になってたので無くなるのは非常に残念です・・・
跡地は何になるのでしょうね~。

で、「SAMURAI7」。
内容は、黒沢明監督の有名な「7人の侍」をモチーフに設定を近未来にしたりしたものらしく・・・本日が初日で劇場前は大変にぎわっておりましたv

ちなみにメイン7人のキャスト
カンベエ  加藤雅也
シチロージ 載寧龍二
キュウゾウ 中河内雅貴
ヘイハチ  つだつよし 
ゴロベエ  高橋広樹
カツシロウ 篠谷聖 
キクチヨ   住谷正樹(レイザーラモン)

初日なのであまりネタばれは致しませんが、私、まったくこの話を知らなかったので結末がどうなるのか結構どきどきでした。
SAMURAIというだけあって戦がメイン。
結構容赦なく、ばったばったと人が殺られるのでね、最後どうなるの???みたいな(^^;)
まぁ・・・ああいう終りで良かったかな。

生の加藤雅也さんを始めて観たのですが。
この人、上手い!ってかとにかく見栄えがよくて声がすばらしく良いですvvv台詞もはっきり聞き取れるし、うわー、ちょっとくらっときましたよ(笑)
高橋広樹さんもすごかったなー。菊丸の声とは全く違って男っぽい良い味の侍を演じてました。そういう意味ではレイザーラモンさんもテレビの面影まったく無し!俳優さんってすごい・・・とまじで思いました。
殺陣もみんな良かったですよー。でもあれは、殺られる方の技術もすごかったんだとちょっと思いました・・・(笑)


明日は、コマ劇の下にあるシアターアプルに湯沢さんのお芝居を見に行きます。
うわー、2日連続で歌舞伎町通いですよ☆(笑)
page top
ポッキーの日!
強11月11日はポッキーの日だそうですよ。
平成11年に制定されたそうですが私は去年知りました。
そして今年知ったという、会社の同僚がお昼に秋限定のキャラメルムースポッキーを買ってきてくれました。
美味!!

いやただそれだけ・・・・・(笑)
page top
UーWAVE LIVE
6時からは宇都宮隆「UーWAVE CONCERT2008 evolutio」 in SIBUYAーAXに参加してきました。

いや実はね、地味~に落ち込んでおりました。
私は小室さんのファンではないので、何か言われる度に「阿呆だよね~」と返してたんですが、さすがにあそこまで報道されちゃうと色々と切なくなってきてですねぇ・・・
やっぱりTMとTMの3人が好きなので、今日のライブもどうなるのかしら・・・とかなり不安だったんですが、葛Gやべーやん、小室みつ子さんのblogを読んだら、なんかね・・・ふっ切れました。
特に葛Gの「元気だしてこ!」って言葉が嬉しかった。
なので今日も普通に楽しんできました。
ぶっちゃけ、席も最前のセンターと真ん中だったんでね、嫌でもテンションあがるってもんです(笑)

オープニングからメンバー全員、色鮮やかなスーツを着て「UーWAVE」で幕開き。
ウツも黒いワイシャツに真っ赤なスーツでめちゃ良かったですよv


しかし!!
前にも書いたけど、私は「UーWAVE」シリーズがイマイチ好きではないのよね(^^;)
あの途中途中に入るポエムがダメ・・・ってか要らない。
ライブのコンセプトに織り込まれてはいるのだろうけどね、ウツの声聞いてテンションあがってる所に急にポエム挟まれると、ぶつっっっと流れがぶった切られる気がするのと、テンションあがってる時に、落ち着いた声で「現在、過去、未来とは・・・」とか「愛とか平和とか・・・」って語られても頭に入ってきませんよ。
だから、このメンバーで(石井くん、野村のよっちゃん、土橋さんって最高のメンバーですよ♪)普通のウツのソロライブを是非やって頂きたい~~~。

それでも今日のライブも最高でした。
相変わらずウツは化け物で、可愛くてカコ良くて、初っ端から歌詞間違えて照れ笑いをしておりましたv
もうウツの細かい表情とか全部まるわかりで、何度も「あ、今目があったよね、私に手を振ったよね!」と幸せな勘違いをさせて頂きました。(多分、私の周りの人みんな思ってるに違いない・笑)
MCがほとんど無かったのが残念だけど、笑いもちょっとはあってウツとよっちゃんのコンビも良いかも。
そういや野村よっちゃんを始めてすごい間近で見たのですが、さすがギタリスト、指先がめっちゃ綺麗だと思いました。

約2時間強のライブ。やっぱりウツってすごい。
来年はまた普通のソロツアーをやって欲しいです。
page top
ネルフェス08とライブ
久しぶりにオーバーブッキング(^^;)
当たるはずないよね~、でもまぁ権利持ってるし申し込んでみようか・・・と思って応募したネルフェス08に当選してしまいました・・・・・・いやケンケン見たかったから当選はホント、嬉しかったんですがね。
その日は既に宇都宮さんのライブの予定が入っており・・・・
ま・・・まぁ、最近ウツのチケット運悪いし、最悪ライブ遅刻していこうかな~くらいに考えていたら。人生ってホント嫌がらせ(笑)
こういう時に限ってウツのライブチケット、最前列センターが来ましたよ。お~~い・・・・

しょうがないので(笑)とりあえずネルフェスに参加、途中退場という苦肉の策に出ました。
幸いにも友人も当たってたので友人と3時半頃、会場である品川ステラホールに行ったら長蛇の列。招待ハガキと本人確認をしてるようで入場までちょっと時間かかったけど、無事中へ。
1600人くらいご招待したのかしらね?結構空間はありましたよ。
ってか、ネルケって儲かってるのね(^^;)
これだけの規模のイベントを開いて無料で招待、更には飲み物や食べ物まで振舞ってくれるんだから太っ腹~。まぁ、私とかが普段ネルケに貢いでるお金も入ってると思うけど(笑)

さて、私的に時間が無いのでさくさくとイベントを進めて欲しいところ。
できればランガンとケンケンだけは拝んで抜けたい・・・と思ったら無事、願いが通じました(笑)
最初に*pnish*とランガンの4人が舞台に登場。*pnish*はやっぱトークが上手いですね。ってか誰か止めないとどんどん前に出て話していく感じ(笑)
ランガンも関西人らしいノリ突っ込みはあるんだけどなー、やっぱ年の功?
米原くんが相変わらず綺麗なお顔をしてました。彬くんはただのパーティーと思ってきたらちゃんと営業でびっくり・・・みたいな(笑)色々と面白かったです。
そしてー!
その次にケンケンと平田くん登場。海堂の姿以外の素の平田くんを始めて見ましたが、彼もすごい綺麗な顔してるのねー。そして今日はケンケンはお兄ちゃんでした。
彼は年下の同性に好かれるタイプね。そんなケンケンも相変わらずキラキラしておりました。
しかし、平田くんって素はあんななのね・・・・・天然というかぼーっとしてるというか(笑)

さて、ここで私的にはタイムリミット。
後ろ髪は引かれたけど、後のレポを友人に託して会場を出ました。
ほんとにちょっとしか居られなかったけど、ランガンとケンケンに会えたから良しとしよう。
司会がネルケの社長の松田さんご自身で、色々な裏話とかも聞けて楽しかったです。

外に出るとき、入り口にネルケの社員のお姉さんたちが4~5人たむろしてまして、「え・・・もうお帰りですか?」と呼び止められました(^^;)
まぁ。。。そうだよね、こんな中途半端に抜ける人も珍しい・・・。
なので「どうもありがとうございました」とお礼を言って出ましたよ。いや、ほんと充分楽しませていただきましたので。感謝です。

その後、品川まで走り山手線で原宿にいき(途中、山手線が止まりはらはらどきどき・・・)原宿からまた早歩きで無事6時にSHIBUYAーAXに着くことができました!ぜぇぜぇ・・・

そして、ライブが終わって。
友人からのレポが携帯に入ってました。
え~、津田さんや湯澤さんは見たかったです。kimeruの歌も聴きたかった。
サプライズゲストではFLOGSメンバーのルイルイや通も出て踊ったらしい。そ・・・それはちょっと羨ましい・・・・・
でもやっぱりウツは捨てられません!(笑)
page top
「ブエノスアイレスの風」観劇
3連休の中日、日本青年館にて上演中の宝塚星組・柚希礼音主演の「ブエノスアイレスの風」を観劇してきました。
先日まで大劇でやってた「スカーレット・ピンパーネル」のショーブランの評判が良かったのか、この公演も完売だそうで。礼音くん、おめでとう!!!!

しかし、宝塚も面白い脚本を書ける先生が居ないのか・・・最近はリバイバル作品が多いですねー、銀ちゃんとか。
今回のブエノス~も10年前に紫吹淳で上演した作品のリバイバル。もっともこちらは前回観劇してないので、新鮮な気持ちで見れました・・・が!
演出が正塚先生だから、先日みた「マリ・ポーサの花束」と色んな所で被るんですけど!!!(笑)
そしてやっぱりヒロイン置き去り~の男の友情~の話なんですが。群集がみんなバックでタンゴ踊ってるし~。(昔、星でやった「二人だけがワル」まで思い出しちゃいましたよ☆)
正塚テイストたっぷりの内容でした。

礼音くんのダンス、素敵でした。すらっと背も足も長いからポーズが決まる。イサベラ役の夢咲ねねちゃんとのコンビも良いのではないかしらvvv
ラスト、明確はハッピーエンドは無いけれど、二人はもう一度機会を得てオーディションを受けるのよ、その間にきっと愛が芽生えて・・・って明るい展望がおぼろげに見えました。
こういうバウ作品を見ると、大劇場公演では見切れない、下級生たちまで目が届いて良いですね~。
和涼華も紅ゆずるもチェックできました。
うん、星は安泰ね(笑)

今日は、元祖ブエノスアイレスチームが観劇という事で、カーテンコールで礼音くんがご挨拶してくれました。
誰が居たのかしら~??と終演後、見てたら丁度私達の席の後ろを通ってくださりすかさずチェック!成瀬こうきサンと嘉月絵理ちゃんは解りました。あと2名ほどオーラ漂う人が居たのですが???
でもこうやって先輩が見に来てくれるのって嬉しいですよね。

さて、終演後は新宿に出て串揚げを食べてきました。
秋になると食べたくなる串揚げ(笑)
kusiage.jpg
写真は秋限定の栗なんだけど・・・全然わかんないね(^^;)
締めはガトーショコラの串揚げ。
中身がちゃんとチョコレートで衣つけてあげてくれて生クリームまでかけてくれました。
美味でしたよ。
秋は、味覚の秋というか食欲の秋。
今週、健康診断あるので飲み過ぎないようにしないと(笑)
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG