日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
テニミュ凱旋公演
池袋の東京芸術劇場にてテニミュ「The Imperial Presence氷帝feat比嘉」東京凱旋公演を観劇。

なんで本公演より凱旋公演の方がキャパが狭い会場でやるのよーーという話を耳にする度「ご・・・ごめんね、青年館は今宝塚上演中なんだよ・・・」と呟く私(笑)
しかし今日の凱旋公演。
3年前に青年館の2階席から「The Imperial Much氷帝学園」を見てすとんと落ちた初代氷帝メンバーを、そして加藤和樹の跡部様を再び生で見れる日が来るとは思いませんでした。人間長生きするもんですね~(笑)

で、2ヶ月以上ぶりに見た舞台ですが・・・・すごい!
前回とまるで別物を見てるようでした、みんなすっごい上達してる。伊達に何公演もこなし海外まで行ってないよね、歌もダンスもほんとすごい。
そして加藤くんの跡部様は噂どおり、神がかっておりました。もうねぇ、隙が無い。
寸分のブレもなく圧倒的な存在感で君臨しておりました。もう感嘆のため息しか出ませんよ・・・

氷帝のメンバーは試合でもベンチワークでも色々遊びを入れるなど余裕を感じさせるほど。もう、氷帝サイドにほぼロックオンでした。
だってほんと、小芝居がすごいんですもの~~~~~vvv
個人的には試合に負けた日吉にお水を渡そうとするけど、受け取ってもらえずそっと足元に水を置いてあげる長太郎とか、宍戸さんを吊り上げる長太郎とか、seazonでの宍戸さんと長太郎のアイコンタクトとかが非常~にツボでした(笑)

凱旋公演から増えたseazonはやっぱり泣きそうになりますね、いや泣きませんけど。(でも既にケンケンがうるうるしてましたよ、それ見てこっちもじ~ん・・・みたいな)
ほんと良い曲。
そして恒例のラスト「F・G・K・S」での客席降り。
今日は、本当にありがたいことに客席のど真ん中で観劇させて頂いたものですから、左右、どちらの通路からも遠くキャストさんをガン見というわけにはいきませんでしたが、それでもそれなりにケンケンや渡辺くん、工さん、古川君(^^;)を堪能させて頂きました。

終演後は暫く魂抜けてましたね(笑)やっぱり加藤くんが入った氷帝公演はすごかったです。語彙が少なくて申し訳ないけどそれしか言えません。あー満足。

これで本当に氷帝戦はお終い。
あー、なんか私の中でもテニミュに一区切りついた感じが致しますよ。←所詮氷帝ファンv
でも感慨にふける間もなくすぐに四天宝寺戦が始まるんですよね~。
ケンケンも瀬戸くんも東京じゃ見られないのが哀しい(涙)でも久保田くんの跡部様が又見られるのは嬉しいので、チケ取りがんばりますよー。まぁ氷帝ほど力が入らないのは否めませんが(笑)


今日の反省
あまりに公演に魂持ってかれたもんで、先に着いてパンフを買っておいてくれた友達にお金払うの忘れました・・・だめだめです。
友よ、すまん・・・・・・
スポンサーサイト
page top
宝塚雪組公演観劇
相変わらず宝塚行脚。
この熱しやすくて冷めにくい性格をどうにかしたい今日この頃・・・

昨日は東京宝塚劇場で雪組公演「ソロモンの指輪」と「マリ・ポーサの花」を見てきました。
いつもはお芝居が先で、2幕めがショーという形式が多いんですが、今回はショーが先で芝居が後という変則公演。そしてショーが荻田先生、お芝居が正塚先生という・・・なんつーかすごい組み合わせと思うのは私だけでしょうか。←いや世界観が全然違うお二人だよな~。。。と思ったもんで(^^;)
しかし、正直、会社帰りに見るにはかなり辛いお芝居でしたよ、あはは・・・(汗)

ショー「ソロモンの指輪」はもう幕開きから、オギーワールド全開。
黒と紫と金の色使いがすごい!セットもゴージャス!!
指輪のリングが回ったり囲いの中に人が居たりリングが開いて綺麗な湾曲の舞台セットになったり鳥籠が吊るされてたり、視覚的にも良かったですよ!!!!
青いドレスのスパニッシュとか極楽鳥とか白い羽の天使とかひたすら耽美でゴージャスでした。
観劇直前に荻田先生の退団を知ったので、もうこれが見納めと思うとすごい残念です。
外でもご活躍なさるとは思いますが、宝塚と荻田先生の組み合わせが良かったのにね。(あの耽美さは宝塚の美しさがあってこそ映えると思うのですよ)

しかし、雪組ってこんなにメイク濃かったっけ???
彩吹さんのアイラインが水色でびっくり(^^;)昔の花組を彷彿させる色使いですよ。そんで水ちゃんも紫のアイラインが入ってたりでなんか衣裳もジェンヌさんも色彩豊かで凄かったですよ・・・そういや音月桂ちゃんが最初見つからず焦りました。彼女、顔変わった?痩せたのかしら???
しかし、ショーって通常55分なのに、今回のショーは30分。
短い!!!中締め終わってさぁこれから!!って所で幕。えええ~~~~って感じ。
なんかあっという間に終わってしまい、もの足りない感一杯でした。もう少し最後のオギーワールドを堪能したかったです。

・・・どうせ退団なさるなら、トウコちゃんの退団公演を演出して一緒に退団して下されば良かったのに~~~とふと思いましたよ。まぁ劇団側や演出家さんの都合もあるのでしょうが。オギーワールドの住人のトウコちゃんのラストを是非演出して欲しかったです。

そんな短いショーの余韻に浸る暇もなく石田先生のお芝居「マリ・ポーサの花」。
え~と・・・
なぜに宝塚で台詞劇???みたいな・・・ほんとこれもう少し短く纏まらないですかね?
それかいっそ2時間なんて半端な作りしないで、もうちょっと付け足していバウで1本ものとしてやった方が良かったんじゃないでしょーか。

しかし、男の友情書かせたら右に出る者は居ない(と思われる・笑)石田作品。
要所要所はかなりツボでした。
そんで、やっぱり水さんと彩吹さん、2人の男の友情が目立って白羽ゆりちゃんとのラブシーンがなんかぼんやりぼやけて見えたよ。でもああいう男の友情、好きです。
ってか彩吹さんのゲリラの戦闘服が似合いすぎてどうしようかと!!!(笑)
そして階段下りのゆりちゃんのピンクのお衣装がめっちゃ可愛かったですvvv
page top
「銀ちゃんの恋」観劇
つかこうへい氏の『蒲田行進曲』の宝塚版『銀ちゃんの恋』を日本青年館にて観劇。

「銀ちゃんの恋」と言えば1996年、久世星佳、風花舞、汐風幸で上演され、はっきり言って私の中でこの舞台がすっごい美化されているので(もうこの3人の演技は宝塚を越えててすごかったです)大空祐飛くんの銀ちゃんってどうなの?銀ちゃんが良くてもこの芝居はヤスが居て成り立つのよ、幸ちゃんみたいな演技者が今の花に居るの!?と期待と不安を抱えて見に行ったんですが・・・そんな心配いりませんでしたね。ごめんなさい・・・って感じ(^^;)

私の周りに祐飛くんファンって結構居るんですが、イマイチ私には彼女の魅力がわからなかったんですが(スミマセン)考えてみたら、彼女のちゃんとした舞台を見た事が無く。
彼女主演の舞台を始めて観て、なんか納得しました。銀ちゃんという役柄もありますが、やっぱり花がありますね。
あの赤や紫のシャツ、ペイズリー柄のベストやジャケットを着こなせるのはやっぱ祐飛くんしか居ません(笑)あのネクタイとかほんと、どこで手に入れてきたんですかね~?
役と顔の濃さが良い具合にマッチしてわがままで自己チューだけど寂しがり屋で憎めない銀ちゃんをとても素敵に演じてくれました。蝿たたきを操る動作も素敵ですv
そしてヤス!
やっぱりね、幸ちゃんのヤスには及ばないけど(第一、華形ひかるサンはヤスにしては顔が綺麗すぎ~・笑)すみれコード無視のちょび髭に緑のジャージ、真っ赤な靴下で、一途に銀ちゃんにつくすヤスを熱演、階段落ちのシーンはラストのオチを知っててもじ~んときました。
後半、ちょっと声がかすれぎみだったのが心配。あと2公演、がんばって下さい!
小夏役の野々すみ花ちゃんも綺麗で良かったな~。
大部屋のみんなの演技も細かくて、小芝居がきいてて観ててホント面白かった。豆もやしを素でほおばるみんな、偉い(笑)
この作品、つか氏原作だけあって、はっきり言って宝塚っぽくないんですが、宝塚でもここまでできるんだぞ!って作品で本当に良いですよ。


カーテンコールの後、緞帳が下りきる寸前まで手を振るみんな。
最後は床に腹ばいになってぎりぎりまで手を振り、色々アピールをしてくれました。最近、某ミュージカルではよく見る光景ですが(笑)宝塚本公演では絶対見る事のできない光景でして・・・そんな些細な事にも、みんなこの舞台を楽しんでやってるんだな~って思って嬉しくなりました。
最後まで祐飛くんは憎めない銀ちゃんでしたvvv
この作品を観劇できて本当に良かった(笑)
page top
ドラマ
今期のドラマもほぼ出そろったようですが、とりあえず「チーム・バチスタの栄光」と「流星の絆」と「相棒」を見ております。バチスタも流星も原作読んでるんですが面白いです!

☆「チーム・バチスタの栄光」
キャストの印象とか思う所はまぁ色々。
田口先生の伊藤くんとと藤原さんの名取裕子は良いと思うのよ。
個人的に伊原剛も好きな役者さんなんで、桐生先生も良いと思ったんだけどね~、ドラマはちょっと嫌な感じに描かれてたね。
原作のあの潔癖さが伊原さんには似合うと思ったのだけれど。
まぁ許容範囲。
仲村トオルも、原作の白鳥さんとはちと違うけどこれまた結構好きな役者さんなんで、良し(笑)やっぱ良い男の方が画面見てて楽しいし~♪
でもファンの欲目無しに、破天荒な感じは出てたしなにより伊藤くん扮する田口先生とのやり取りが面白い。会話のテンポが良いよね、仲村トオルが上手いのかな。

原作者様は本当の医師だそうで、原作は医療の専門用語がびしばし。
正直、???で解らない言葉があったり理解しずらいシーンがあったりで斜め読みした部分もあるんだけど、そういうのはドラマの方が解りやすく説明してくれそうね。
バチスタ手術もドラマの説明でよ~く解りました。

しかし、番宣によると犯人は原作とは違うらしい・・・という事は裏をかえすと原作で犯人な人はドラマじゃ絶対に犯人じゃないって事!?
でも、1話見た限りでは原作どおり、○が犯人でも良いような気がするんだけど・・・・犯人誰にしちゃうんだろうね???
ううむ、ちょっと楽しみです。でも毎週、見てられるかな~(^^;)

☆「流星の絆」
東野圭吾はこう・・・作品によってすごい好き嫌いがあるというか後味が悪いのがあったりとか微妙なんですが、これはラストも良かった!
こういう終わり方もできるじゃない!って感心したほど(笑)
なのでドラマもかなり期待大です。
そしてこちらの犯人は原作どおりという事で・・・・なるほど、なかなか良いキャスト人選じゃないでしょーか。
こちらも楽しみ~なんだけど週末の金曜日放送なんだよね、これまた毎週見てられるかな。
page top
週末色々、ディアボとか(笑)
高校の友人達が我が家に遊びに来てくれてまたもや大宴会。
TMのライブ仲間も居たので、他の友人の意見は無視して無理矢理ウツのライブDVDを流したり、(これで友人は一気にテンションあがってビール一気飲みしてました・笑)昔話しに花が咲いたり。楽しかった~~~~~。
みんな20年以上のつきあいなので、お互いの性格も解ってて、私の腐り具合も良い感じで黙認しててくれるのでとてもありがたい友達ですよ。
でもまぁ一応、棚にずら~って並んでたテニミュのDVDは隠したけど(笑)

※ ※ ※ ※ ※

今月の月マガを読み逃してしまった!!
まだどっかに売ってないかしら。
え~と、ディアボサイト様の今月の月マガ感想から察するに!
瑞穂vs成田中央の前にACT2は締めて、月マガ1月号からACT3とするらしい。
つまりACT2は全30巻で纏めるのかな。まぁ買う方としては、何巻まで買ったか段々訳解らなくなってるので、それはそれで良いかも。
そしてーーーー!!!
2年半ぶりに湘南が復活・・・らしいですよーーーvvv
瑞穂vs天童寺の決勝戦(これはもう予定調和の決定事項ですよね)まで歩ちゃんの復活は無いと思っていたので(決勝戦はトーヤの応援に絶対来るとは思ってたが・笑)まさかの早期復活ににんまりですよ。8神御大はほんと腐女子の心情を解っていらっしゃるvvv
今後も全国大会決勝に向けて、オールキャスト出演の予感。
御大は負けたチームのその後まで丁寧に描いて下さるからほんと嬉しい。
そして来月の月マガで重大発表があるそうですよ。
え~と・・・冬のミュの発表ですかね????(笑)
page top
クラシック
実はクラシックも好きです、コンサートには高くてそうそう行けないけど(^^;)
で、今回はご招待頂き「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の定期演奏会に行ってきました。
場所は東京オペラシティコンサートホール。建物自体はよく眺めておりましたが、中に入るのは初めてです。
いや~、綺麗ですね。
そしていかにもクラシックを奏でる場所という感じで天井も高く、椅子も良く3階まである客席は豪華でした。
今回の演奏内容は
ムソルグスキー 歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」よりポロネーズ
リムスキー・コルサコフ 組曲「金鶏」
チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調作品64

え~と、クラシックに関しては感想云々を書けるほど耳が肥えてないので(^^;)感想は無いんですが、フルオーケストラはやはり良いですね。
ヴァイオリンの音が好きなので、すごい心地よかったです。耳に優しい音色。
そして、指揮者ってのは体力勝負だな・・・と(笑)
page top
退団発表
良い作品(スカピン)を見るとやはりその世界に引き戻されますね・・・という事で、久しぶりに最近宝塚に浸っております。

個人的に☆組大好きなんですが、とうとうトップの安蘭けいサンが退団発表されましたね。
うん、解ってはいたんですが新聞にはっきり載っちゃうと、ちょっと切ないってか凹みます。久しぶりに好きなトップさんだったので残念です。
まぁね、トップになったら後は退団するしか無いわけで・・・前々回のお茶会だったかな、その時に「まだまだやりますよ、全国公演のベルナールも私がやりますから」と言ったらファンからどよめきがおこり「あ、みんなさっさと辞めると思ったでしょ、私も思った」と言ってたのが懐かしいです(涙)

スカピンのトウコさんは本当に素敵だったし、あと何回トウコさんを拝めるかわかりませんが全力で観劇したいですね。
そして、今年もあとちょっとですが・・・そのちょっとの中でとりあえず最低4回、宝塚の観劇予定が入っておりますよ。
一番嵌ってた時代(15年くらい前ですかね(^^;))に比べたら格段に通う回数減ってますが、やっぱり宝塚って楽しいv
これでもっと良い作品に巡り会えるとなお嬉しいんですが(笑)
page top
3連休最終日つれづれ
今日は体育の日~。
すこぶる良い天気。10日からハッピーマンデーに移っても体育の日は天気が良いのか。

で、今日はテニミュ凱旋公演の追加公演の発売日だったりして、私は追加は行かないってか、行けないけど、欲しいという友達がいたのでちょっと朝からPC開いて参戦してみたけど、瞬殺だったようで全くお役にたてず。申し訳ない・・・・ってか相変わらずすごいね、テニミュ恐るべし。

午後は天気も良いし友人と久しぶりに新宿の街を徘徊。
もうお店のウィンドウが秋から冬仕様になってますね。暑いのも苦手だけど寒いのも超苦手なのよね~、早く春が来ないかしら(^^;)
page top
「ベルサイユのばら」外伝観劇
宝塚のベルばら外伝3部作の第2作目「ベルサイユのばら」~アラン編~を市川文化会館まで観劇してきました。
もうねぇ、ベルばら飽きたよ、もういいよ・・・と言いつつ踊らされておりますよ(^^;)

今回は、前回の雪組「ジェローデル編」についで、花組の「アラン編」。
え~と・・・前回のジェローデル編よりは突っ込みどころも少なく、まぁ良かったかな。
しかし、アラン編だと娘役トップをどうするのかと思ったら、やっぱりディアンヌ役に配置という事で・・・桜乃彩音ちゃんは何作目の妹キャラですか!!!(爆)
なんかねぇ、彼女の「お兄ちゃん」という台詞も板についてきたような気が致します。
更にやっぱり。。。と思ったのが、革命後にアランが昔を振り返る・・・という展開だったので、その聞き役がディアンヌの亡霊という・・・・おーい!トップコンビが恋人同士じゃなくて、しかも人間と亡霊に別れているよ・・・・(^^;)ここまでくるとすげぇ。。。と素直に感動しますね、いやまじで。
そんでもってディアンヌの自殺の理由がなぁ・・・深読みするとちょっと怖い(笑)

外伝でアラン編なので、一応アランが主人公で物語は展開。
それでもオスカルとアンドレは登場するけど、2番手壮くんがアンドレ役だったので、オスカルより出番が多いという(^^;)
でも壮くんのアンドレも良かったなー。最近役の幅が広がったのかノーブルな役以外でも結構こなしてますよねv・・・ってファンの贔屓目。
本編ではなかなか描かれない、アランとアンドレの喧嘩のシーンや目が見えないなら残れと説得するシーンなどはちょっときましたね、真飛も良い芝居します。
あとは、アランとオスカルのキスシーンがあったのが外伝ならではというか、初お目見えのシーンだったんじゃないかな。

ジェローデル編と同じで、ラストはアランの最期で幕でしたが、しっかりナポレオンを出してくるあたりすごいです。
ってかハッチさんのナポレオン、良いですよ!!さすが貫禄~。いや本当はもっと背が低くて小太りな男なんだけどね、貫禄は充分ナポレオンでした。
アランの最期は漫画「エロイカ」で描かれてるんですが、え~と・・・確かに雪の舞う中で死んだんだけど。。。。あんなカッコ良い死に方だったかな???
そんでベルナールも一緒だった気がするんですが、これは今度の「ベルナール編」でやるのでしょうか・・・。
やっぱり、3部作全部見ろということなのでしょうね。解っているけど踊らされまくりなのがちょっと悔しい(笑)
でも次は星だし、楽しみっちゃ楽しみです。

で、ショーは酒井先生の「エンター・ザ・レビュー」
う~む・・・昔、春野寿美礼ちゃんがトップだった時のショーで見たはず・・・なんだけど内容全然覚えておらず・・・・すごい新鮮でした(笑)
真飛の女装が大層綺麗でしたよ。まぁ既に「雨に唄えば」で女装は拝見済みでしが、なんとも明るくも妖艶な美女っぷりでしたね。
幕開きが黒の燕尾と白いドレスで「ああ、花組~~」って感じで良かったですし、中締めのショーも明るくて楽しいし、最後のワイン色のお衣装でのデュエットダンスがまた綺麗で素敵でした。
やっぱり花も人材豊富だよな~。
page top
出産祝い
竹馬の友が先月、無事赤ちゃんを産みましたv
色々リスクのある出産だったみたいだけど、母子ともに健康だそうで良かったです。なんか小さい時から知ってる同級生がお母さんって変というか不思議な感じね、いやもちろん嬉しいんだけど(笑)

そんで、遅ればせながら何かお祝いを・・・と思って今日、会社の帰りにデパート寄ってきました。
友に「お祝い何が欲しい?」と聞いた所、即答で「睡眠!!」と答えられたんだけどね(^^;)さすがにそれは無理なので、何か赤ちゃんのお洋服でも・・・と思ってベビー用品売り場に行ったんだけど・・・わけわからんっ!!!!!
色んな物がありすぎて、何がなにやらさっぱり・・・・・・
こりは昔、姉に頼まれて、チビのオムツを買いに行かされた時の感覚に似てますよ(^^;)そう、昔ね、実家に来てた姉に「オムツ買ってきて~」と頼まれて、「いいよ」と軽く答えた私は、スーパーのオムツ売り場の前で途方にくれましたよ、あまりに種類が多すぎて何をどう買っていけばよいのか???ちんぷんかんぷん。恥ずかしながら、オムツに男の子用と女の子用があるなんてその時始めて知りました(笑)
今日も、そんな感覚を思い出しましたね、まじ何を買ってあげれば良いのか全然わかんないっ!
なにせ、ここ数年(笑)私の周りで結婚した友達も出産した友達も皆無だったんで(本当に類は友を呼ぶですよ・・・・)こんなお祝い贈るのも超久しぶりだったもんで、迷う迷う。お店の人に傾向を聞いたりして、閉店時間ぎりぎりで決めました。
ありがちだけど、手触りの良い上着とベビー服。喜んでくれると良いのだけど・・・もう解りません~~~(笑)
page top
お誕生日会
久しぶりにいつものお友達、ダブルRさんお二人をお招きして我が家で宴会をしました(^^) 

予定をあわせていったら偶然10月4日(土)なりまして。
この日はなんと跡部様のお誕生日!よし、ならついでに跡部様と9月29日生まれの宍戸さんの誕生日も祝ってしまえ~と、ホールのケーキを買ってきてね♪とお願いしたりして、パーティーの始まりです。
我が家に来るといつも色々とお料理をつくってくれるお二人。悪いな~・・・と思いつつ、できないもんんは仕方がないので、あいもかわらずせっせとサラダを作っておもてなしv
今回は基本、デパ地下で色々と調達してきてもらったんですが、それでもキッチンに立ってもらって申し訳ない~。
おかげで、今回も所狭しとすばらしい料理が並びましたよ~。
cake2.jpg

そしてケーキ!
羞恥プレイでちゃんとカードに「景吾くん、亮くん、お誕生日おめでとうv」ってプレートに書いてもらうんだよ!!とお願いして、わくわくしてケーキの箱をあけたらなんと、私の名前まで入っておりましたよ。びっくり~~~~!!!
cake.jpg
小さくて読めないかな(^^;)
こんなケーキでお祝いしてもらうのも久しぶりなら、蝋燭の火を消したのも久しぶり。いや~、いくつになっても嬉しいもんですな(照)どうもありがとうございますvvv

お二人とはイベントとか観劇で個々に会ってたりはしてたんで、あんまり久しぶりという気はしなかったんですが、それでも3人で集まるのが久しぶりのせいか、いつものごとく飲んで食べて話してすごかった!(笑)
私の知らない世界の話や、腐った話やまじめな話やイベントの話やなんかもう色々・・・時間のたつのがあっという間~って感じちゃうくらい色々と語りつくしました。
楽しい時間をありがと~。
場所はいつでも提供するので、美味しいお料理込みで次回の来訪お待ちしております♪
page top
T.M.Revolutionライブ
2年ぶりにT.M.Revolutionのライブin国際フォーラムに行ってきました。
去年は「ハウトゥー・サクシード」の舞台に出てたりabsの活動をしてたりでTMRとしての活動は久しぶり。
やっぱり舞台に立つ西川よりライブで歌ってる西川が良いですね~。
しかしライブのタイトルが「転生降臨之章」って・・・チケットが真っ黒で鯉が泳いでるんですが・・・(^^;)ツアーグッズに印籠とかあるんですけど・・・今回のライブのコンセプトは何?

西川のライブは毎回視覚的にも色々楽しませてくれるんですが、今回もすごい凝ってました。
やっぱり中央には階段が作られており、両側には日本のお城の欄干みたいなのがあるし・・・相変わらず宝塚!?って感じでした(笑)
そして前回同様、ライブ前半はストーリー仕立てで中央に据えられたスクリーンでは西川主演のドラマが流れてるという・・・。

前回はゴシック調というか、ドラキュラをモチーフにしたようなヴィスコンティっぽい作りでしたが、今回はNEO歌舞伎?
黒澤明監督のよう。。。と言ったら褒めすぎと思うので、え~と角○映画のようでした(笑)
着物をモチーフにしたような衣装を着て刀を差して、体には梵字が彫られてて自分の中の黒い力と戦うとかなんかそんな感じの話でした。←かなりいい加減
鎧兜やドクロも出てきたり、日本の戦国時代のようでそうじゃない・・・みたいな。
いやでも面白かったですよ、映像も綺麗でしたし途中で、軽くR指定っぽい映像もあったし(笑)
でもすみません、私、西川の裸体にはあんまりときめかないの(^^;)なので、セックスアピールされても・・・・今回も「あ、なんか筋肉ついた?前とちがってアバラが出てないよv」とか思っておりました(笑)いやでも一人のアーティストとしてとても綺麗だとは思いましたよ、抽象的な妖しさがありますね、彼は。
とりあえず、ストーリー上で敵を倒した後は通常のライブ形式になりひたすら飛ばしてました。

今回はアルバムもシングルも出してないでのツアーだったので、結構懐かしい曲をやってくれましたね。
TMR-e時代の曲もやってくれたし・・・というか。本当に久しぶりの西川だったので、曲、すごい忘れてました、私(^^;)
前奏聴いても解らない曲が多々あり「あ、この曲知らない~新曲?」と思って聞いてたらサビで思い出したり、曲名がどうしても思い出せなかったり・・・・・・・・・・久しぶりにじっくり西川のアルバムが聞きたくなりました。

アンコールは2回、ラストは西川にとってもファンにとっても特別であろう曲「HEART OF SWORD~夜明け前~」で締め。
相変わらず西川は、とても30代とは思えないような格好をしてくれたり、激しい曲から泣かせるバラードまで色々楽しませてくれましたv
次はそんなに間があかないうちに行きたいけど・・・とりあえず年末のライブはパスですよ・・・残念(^^;)

余談
ラストのメンバー紹介でなんと!ギターに柴崎浩さんが入ってましたよ、紹介されるまで全然気がつかなかった!
absのメンバーなのは知ってたんですが、まさかTMのバックにも入ってるとは思わなかったのでびっくり。生の柴崎さんを見るのはWANDSのライブ以来なので15年ぶりくらい?
なんかすごい懐かしくて、元気な姿が見られて嬉しかったですv
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG