日常、趣味の事などを徒然なるままに・・・。
page top
「モーツァルト!」役代わり
モーツァルト2回目観劇。
今回はWキャストの山崎くんのモーツァルトで観劇。あんまりWキャストで両方観るってしないのですが、今回は古川くんと山崎くんどっちのモーツァルトも観てみたいなと思ったのでチケット取りました。いわゆる「綺麗な山崎くん」を観るのは始めてだったりしますよ(^^;)いや、山崎くん自体はSteasの舞台だったりルキーニだったりで観た事あるのですが、いわゆる王道のプリンス的な役はないな、と。なんせレディ・ベスのロビンは加藤くんとWだしロミジュリのロミオはしろたんとWだしダンス・ウィズヴァンパイアは浦井くんとWだし~・・・ってことごとく私が観たい人とのWでね、機会がなかったのですよ(^^;)
そんなんでほぼほぼお初?な山崎くんです。
そしてアマデが加藤憲史郎だったー!!子供店長の(古い~・笑)加藤清史郎くんの弟くんでエリザベートで小ルドルフ演った子ですよ、ずっと舞台続けてるんだね、偉いな~。子役キャストは劇場行くまで解らないので誰に当たるか解らないんだよね。前のアマデくん(女の子で小河原美空ちゃん(これでアオイちゃんと読むらしいよ!!))も良かったけどね、男の子のアマデも観てみたかったので良かったです。


モーツアルト      山崎育三郎
コンスタンツェ     生田絵梨花
ヴァルトシュテッテン男爵夫人  涼風真世
アマデ        加藤憲史郎

今回、男爵夫人は香寿たつきさんとWキャストでしたがなんかこちらは2回とも涼風さんになってしまいましたが、涼風さん好きなのでまぁ、良いかと。コンスタンツェは現役アイドルの子なのですが音大に行ってる子で、そしてロミジュリのヒロインも演じたらしいのでイケコのお気に入りなのかもしれない・・・。普通に可愛く歌えてましたよ、最近のアイドルはすごいな~(笑)

幕開き、グランドピアノにモーツァルトとアマデが並んで座ってるシーンの山崎くんはグランドピアノにちゃんとジャストフィットの高さで座っておりました。うん、やっぱり古川くんの足が長すぎたんだね・・・等と余計な事をつい思ってしまったのですが山崎くんが歌うともう一気にモーツァルトの世界に引き込まれましたよ。歌上手い~~~~!!いや、解っていた事ですけどね、「僕はミュージック」を生で聞くと「ああ、本当に音楽が好きで今はまだ希望に満ちあふれてるんだな~」っていうのがすごい伝わって山崎くんのモーツァルト良いな、と思いました。どうしてもWキャストなので古川くんと比べちゃうんだけどね、それはもうWだからしょうがない。古川くんは本当に繊細そうなモーツァルトでしたが山崎くんのモーツァルトはちゃんと?馬鹿騒ぎもする破天荒な天才、でも繊細な所もちゃんとあるよ、って感じのモーツァルトでした。

コンスタツェは前回観た時はそれほど出番無い???と思ったんですがそんな事無かった!(笑)2幕、出まくり~の歌いまくり~。私は前回何を観ていたのだwwwでも舞台って2回みると1回観た時の倍以上の情報が入ってくるそうですよ。という事で、2幕はコンスタンツェが割と目立って歌ってましたよ、さすがヒロイン。生田さんは普通に上手かったと思います。
涼風さんの「空から降る金」はやっぱり感動したし、山口さんはやっぱり山口さんで、真っ赤なマント(裏地は金!)をばさっと翻すのがめちゃくちゃカコ良かったです≧▽≦

アマデくんは台詞が一言も無いのですが、カーテンコール3回目?に山崎くんと2人緞帳の前に出てきてくれて、山崎くんがマイクの無いアマデくんの為にしゃがんで山崎くんのマイク通して「ありがとうございました!」と言ってくれたのが可愛かったです(^^)
スポンサーサイト
page top
テニプリフェスタ2018
「テニスの王子様」略してテニプリも来年で連載20周年を迎えるそうでなんつーかびっくりなんですが、テニミュが15周年と考えたら原作が20年ってのも当たり前か~・・・と思いつつ、素直に驚いております。
今でも「新・テニスの王子様」が連載されていて、アプリゲームも配信されテニミュも3rdが上演されていて公式から定期的に萌えが落ちてくる・・・相変わらずすごいジャンルだったりするんですが、今日はそんなテニプリの原作者様・許斐先生のライブ「許斐剛☆パーフェクトLIVE~一人オールテニプリフェスタ20187~inパシフィコ横浜」に行ってきました!!!

許斐先生には以前、テニプリフェスタin武道館でゲスト出演していたり普通にテニミュでおみかけしたりで初めてではないのですが、まさか単独でライブをやってしまうとは、さすがハッピーメディアクリエーター様☆
2時半開演だったので友達と12時半に「みなとみらい駅」で待ち合わせしてお昼食べてまったり会場に向かい、ロビーのお花が綺麗ね~なんて言ってたらいつの間にか開演5分前になっていて慌てて席についたという(^^;)ちなみにパシフィコって乙女ゲームの聖地と言われてましてアンジェ関係で何度かお邪魔しているので、(あと去年の年度末に礼音さんがREPNやった会場ですよ)割と馴染みはあったりします。今日は後方席だったけど段差があって観やすいホールだと思います。

5分ほど遅れて始まりましたが最初からすごいです。
今回のライブは許斐先生単独ではあるのですがVRで越前リョーマ、手塚国光、不二周助、跡部景吾、忍足侑士、幸村精市、丸井ブン太、木手永四郎、白石蔵ノ介、遠山金太郎がVR(バーチャル・リアリティ)で出演する事が事前に知らされており・・・世の中の進化がすごいですよね。アニメキャラが本当に3次元に出没したかのようなクオリティ!本当に目の前に彼らが存在しているようでしたよ。
最初は1人1人がシルエットで登場、そしてぱっとライトが当たるとそこに彼らが!という演出。更にそんな彼らがずらーっと横一列に並んだ中央にポップアップで許斐先生登場!さすがですvvvそして3次元の彼らと先生が一緒の振りで踊るというなんとも豪華な信じられない光景を目の当たりにして混乱する私達・・・(笑)でもこんなん序奏でねぇ。。。

コンセプトはキャラが歌いたいという曲を先生と一緒に歌う、というのがあるのですがそれ以外にもキャラ同志で歌ったりちゃんと台詞とか掛け合いがあったり・・・。キャラの台詞は多分(というか絶対)予定調和で先に録音されてるんでしょうが、幸村の声優・永井幸子さんだけは裏にいたようでその場でアドリブ入れたり客席と会話したりしてました。(夜の部ラストで顔出ししたようです。良いな~♪)
キャラソンは氷帝というか跡部様とトリシシくらいしか知らないのですが、最近テニラビ(テニプリのアプリゲーム)やってるおかげで曲も詳しくなり、「あ、これ知ってる~」って曲を歌ってくれたりして良かったですね~。
あと個人的に鳥肌ものだったのが跡部さまがテニミュの曲を歌った事!
オールテニプリ、と銘打ってるように今回、何でもありな感なおてふぇす。途中でVRが映し出される台の所に青学メンバーがずらりと出てきてポーズ決めてるから、おお、青学も全員VR出演だ~!と思っていたら・・・なんとびっくり本物の人間で(笑)青学10代目のみんなでしたよ。しかもそこで歌ってくれたのがキャラソンの「トリコロール」。もう2次元2.5次元3次元ごちゃ混ぜです(笑)
そして跡部さまの「氷のエンペラー」ですよ。もちろん声は諏訪部さん。あの声で「跪け、崇めろ、奉れ!!」♪とか歌っちゃうんですよ!一瞬何が起こったのか???でしたよ、これCD出して欲しいな~。
これだけでも充分サプライズなんですが、これだけではまだ終わらず。。。なんとテニミュ1stの兼崎くんが登場。真田のキャラソン歌ってくれました。更にアンコールでは再び登場して先生とラケット持って「F・G・K・S」歌ってくれて、まさか又この曲生できけるとは思わなかったのでちょっとうるっと来ましたよ、ほんとありがとう。
テニプリのアプリゲームで期間限定でテニミュ曲を入れたとき、すごい拒否反応おこした人がいて公式に突撃したりとかあったんだけど、先生が「今日はオールテニプリだからね」って言って原作もアニメもテニミュもぜ~んぶひっくるめて同じ土俵にあげちゃうのほんとすごいなぁ、と思いました。原作者だからこそできる事でもあるとは思うんだけど、やっぱり大人の事情とか利権とか絡んでそう簡単にはいかないであろう事を先生は叶えてくれる、本当にすごい人だな~と思いました。

アンコールは最初「アンコール」とみんな叫んでいたのがいつのまにやら「ラブ ラブ フェスティバル!」という声に変わり、あの一体感もすごかった(笑)そしてアンコールにちゃんと「Love Festival」をやってくれてありがとうございます。ここでは再び青学10代目が出て一緒に歌ったり踊ったり。10代目のダンスのキレがものすごく良かったので今度の全国氷帝戦が楽しみになってきましたよ、みんな怪我なくがんばれー!

そんなんで終わった後は軽く魂抜けておりました。
やっぱりテニプリって良いね~。行くとなんか心が満たされて大満足!って感じで帰る事ができるんですよね。これはやっぱり許斐先生が「どうやったらみんな喜んでくれるかな」って事を常にファン目線で考えてくれてるからなんだろうなぁと思いました。ほんと先生、どうもありがとうございました!!



☆追記
楽しかった~!と友達とビールとローストビーフで乾杯し良い感じで帰って夜公演のレポを見たらなんと!!夜公演のスペシャルゲストは加藤和樹だったらし・・・。ぎゃ~~~!メス猫さんたちの悲鳴が聞こえるよう、ってか同時に行かなかった人たちの嘆き(自分含む)もすごそうだ(笑)
うわ~、完全にやられたな~。昼公演終わった後に友人と「夜は加藤君くるかな?」「いや、今大阪で1789公演中だしそれはないでしょ」という会話をしてたんだよね、恐るべし加藤君、加藤くんのテニミュにかける情熱を読み切れなかったわwwwしかも天帝とseason歌うとか何それ・・・(涙)
なんかちょっと悔しいけど(笑)兼崎くんのF・G・K・Sも涙出るくらいうれしかったし、加藤くんがテニミュを黒歴史にしてない事が嬉しいしなんかやっぱりテニプリ良いな~と思いました。
page top
「ハイキュー!」観劇
ハイステこと「ハイキュー!!」東京凱旋公演をTOKYO DOME CITY HALLにて観劇。

前回「進化の夏」で夏の東京合宿をやり、既に次の秋の公演予定が出ていてそこで青葉城西と白鳥沢との試合を纏めてやると出ていて今回はその合間の話。という事で私的にはちょっと印象が薄いので舞台ではどうするのかな~と興味津々。
今日は2バルの割と下手側で観劇だったんですが、見切れもなく目の前を遮る物も無く非常に観やすかったです。やっぱりTDCは1バルもしくは2バルの正面が一番見やすい良い席かもしれませんね~。

「ハイキュー!!」はハイステと略されるとおりミュージカルではないので歌いはしないのですが、ダンスはあります。
今回は前回無くなった八百屋舞台が復活し、春高予選の条善寺と和久南の試合をクローズアップ、1幕が条善寺、2幕が和久南という構成で休憩入れて大体2時間45分ほどの公演でした。

今回はほぼ試合なイメージですが条善寺はものすごいアクロバットが炸裂しており、和久南ではキレッキレの難度の高そうなダンスを披露して下さり、どうも条善寺はアクロバットの出来るキャストさん、和久南はダンスが得意なキャストさんを選んできたようです。おかげで2試合飽きる事なく観る事できました。ってかマジであの八百屋舞台でバク転とかすごいとしかwww凱旋公演なんでもうラスト(千秋楽)が見えては居ますが、どうぞ最後まで怪我せず頑張って下さいませ。。。

次の公演で須賀くんはじめ烏野のキャストがみんな卒業と発表されていますが、既に何人か交代したりしているのでテニミュに比べて卒業という概念がちょっと微妙なんですが(^^;)
とにかく座長で主役の日向翔陽役の須賀くんがすごいです。アドリブ(1回しか観てないので解らないけど多分アドリブ)上手いですし、試合では宙吊りとかもしますし何より演技というか声のトーン?の変化がすごい。牛島を前にテンション高く「すげー」と叫んでいたのに「コンクリート出身・日向翔陽です」って言った時のトーンがめちゃくちゃ低くてカコ良いというか、その前の台詞とのトーンの差がすごいなと。
しかし最後にちょっとおふざけで日向@須賀くんがメガネかけてユニフォームの上にジャケット着てインタビュアーのふりするようなシーンがあるんだけど・・・なんか名探偵コ〇ンくんにしか見えなかったよ(^^;) 確か彼はテレビドラマで実際演ってたよね(笑)

他、今回は縁下くんと山口くんがクローズアップされた舞台でしたね。縁下くんのキャストはテニミュ1stの六角で葵剣太郎を演った川原一馬くん。すごい演技上手いのに縁下くんなんてあまり目立たない役でもったいないな~と初演の時は正直思っていたのですが、今回の舞台のために敢えて彼を縁下に配したのか~~~~!!って思うほど、今回の舞台、演技力が必要な見せ場があり、それに答えるような迫真の演技をして良かったですよ、さすが川原君v
あとハイパープロジェクト演劇と銘打ってるだけあって、伊達工や青葉城西の映像出演もこうくるかー!って感じの演出で自然に見えて良かったです。

次の公演は人気の青白と白鳥沢の試合で、しかも烏野キャストの卒業公演。今からチケットが取れる気がしませんが、まぁとりあえずチケ取りがんばります。(最近は大千秋楽は大抵ライビュをして下さるのでちょっと気楽です・笑)
page top
宙「天は赤い河のほとり」2回目~
宙組「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」2回目観劇、そしてマイ楽です。

みな様おっしゃっておりますが、古のアニメのOPのような幕開きが最高で一気にテンションあがりますvカイル@真風くんはじめ、ラムセス@芹香くん、黒太子@愛月くん・・・・と次々と出てきてはポーズ決めていく。。。って演出がめちゃくちゃカッコ良い≧▽≦本気で2.5次元演らせたらやっぱり宝塚はすごいよね。
ビジュアルもみな様イケメンで。真風くんのさわやかな王子もききちゃんのちょっとクセのあるラムセスも愛月くんの訳あり皇太子も人の良さげな桜木くんのザナンサもみんな良い。そういや黒太子の鬘の長さは160cmと愛月さんがおっしゃったそうですが、そうは見えないのがすごいですよね、私なんて完全に引きずる長さですよ。。。
原作はばっちり読んでるし、2回目なので余裕をもって観る事できたのですが、ほんとあの28巻もの大作を90分に纏めた事に感動覚えます。そして少女漫画は基本、女の子が主役なので男役トップさん至上主義の宝塚で上演は正直微妙な所もあるのですが、鉄の継承をユーリからカイルにしたりカイルとラムセスとの決闘をラスト近くに銀橋でやる事で男役トップさんと2番手をクローズアップしたりと色々演出に工夫がされていて良かったです。
真風くんがまた爽やかなイケメンがすごい似合っていて良い作品でお披露目できたんでは無いかと。
キキちゃんも花組時代よりも生き生きとしているように感じますよ、トップさんに張るような絵に描いたようなライバル役を楽しそうに演じてるように見えました。ラストの素手での決闘というか喧嘩もすごい良い。ただ決着の仕方が鉄の剣、でのがちょっと気にくわないけど(^^;)

ショー「シトラスの風」は宝塚の王道らしいレビュー。
20年前の初演の時にトップさんの後で踊っていたすっしー組長@寿つかささんが、この公演でもお変わりなくトップさんの後で踊っていた事に感動いたしました。なんかもうね、さすがコーラスの宙組、声の厚みが違う。素直に感動です。
デュエットダンスからの男役総踊りと普段と逆の順番でしたが白いお衣装が新生宙組!って感じで良かったです。
エトワールは娘役トップの星風まどかちゃん。歌上手いよねー。ただ、エトワールは数少ない娘役さんの見せ場だから他の子にチャンスをあげて欲しかったかな。
そういやこの公演のききちゃんの、ショーでのお化粧がめちゃくちゃ綺麗でオペラグラスでガン観してしまったんですが・・・(^^;)目にくっきりダブルライン引いて紫のアイシャドーを乗せてそれがとてもよく似合って綺麗でした。しかし・・・なんか周りに比べてお化粧濃い????宙組で青系のシャドウといえば蒼羽りくくん!と思ってりくくんを観たらりくくんも今回は抑え気味のお化粧で・・・。もしかして花組時代の名残かな~とか思ったりしたんですけどどうでしょう。いや花組、昔は濃かったイメージあるので。。。

とにかく真風くんトップ就任おめでとう!
真風くん、ききちゃんという並びが思いのほか嬉しい、単なる星組ファンの私ですが新生宙組、これからも楽しみです。
page top
「モーツァルト!」観劇
ミュージカルを観るのが好きな私ですが、実はものすごく偏っておりましてwwwミュージカルだったらコレ!と言われる「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」、そして四季の「ライオン・キング」を観てない私。「モーツァルト!」も井上芳雄さんや中川晃教さんが主演だった頃、興味はあったんですが観るまでには至らず。。。
今回、4年振りに再演という事で、なんとびっくり古川くんがWキャストでヴォルフガングを演るというので行ってきました。
古川くんが帝劇で主演・・・すごいよねー!ちょうどこれが発表になった日に「1789」の再演キャストも発表になって、ロベスピエールが古川くんじゃない事にネット上ではざわざわしてたんですが、間髪入れず「モーツァルト!」の主演が発表になりみんな納得したという・・・。そりゃロベピより帝劇主演の方が良いに決まってるよね~(笑)
という事で本日はこちらのキャストで観てきました。

ヴォルフガング      古川雄大
コンスタンツェ      平野 綾

レオポルド        市村正親
コロレド大司教     山口祐一郎
ナンネール       和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人   涼風真世

4年ぶりという事で演出や舞台セットががらりと変わったそうですが前を知らないので比較はできないのですが、舞台上にどどんっと巨大なグランドピアノが置かれ、その上に乗ったり鍵盤が階段になったりグランドピアノの蓋が開いたり閉じたりと面白いセットでした。
モーツァルトの一生を描いているので決して明るいお芝居ではないのですがね、ちょいちょい笑えるシーンやジーンとするシーンがあり曲も良くて人気あるのが解ります。さすがリーヴァイさんvうん、いろんな意味でエリザと被るかもしれないwww

幕が開いて、ピアノにヴォルフガング@古川くんと小さいアマデが並んで座ってるのですが、古川くん足長っっっ。ピアノに足がつっかえていたよ、お衣装が基本スリムジーンズなんでもう足の細さ、長さが強調されちゃっててすごかったです(笑)
歌は前から下手では無かったけど、とにかく声量がなくてもう少しがんばれー!!と思っていたのですが今回、声量についてはあまり気にならず、すごい良かったですよ。ちょいちょいお父さんの市村さんに額や頭をぺちんって叩かれていて愛おしかったです。
ダンスシーンなどはあまりないので、踊る古川くんは観られませんがパク転きめたり、高い段差をあの長い足でちょいちょいって登ったり・・・そしてなにより、繊細な感じがすごい良かったです。膝を抱えてうずくまる傷ついた演技とかね、成功して無邪気に喜ぶけど家族と断絶した時に傷つく感じとか膝抱えて座り込んだりするのがなんともいえず、観てるこちらまで痛くなるような演技だなと思いました。
そんな古川くんの影としてずーっと側にいる小さいアマデくん。台詞が一切なく、基本表情も変わらないのですがヴォルフが悪友たちと騒ぎ出すと眉をしかめたり耳を塞いだり、ヴォルフの服の裾を引っ張ったり・・・ちょっとした仕草がとても可愛いvvvカーテンコールでは古川くんと手を繋いで出てきたんですが、なんか古川くん、ルドルフ、黒執事と次いでカーテンコールに子供と出てくる率多いよね、と思いました(笑)

市村さん、山口さん、涼風さんはもうさすがの貫禄と歌声でこれまた感動ですよvvv
特に涼風さんはレディ・ベスでの扱いがイマイチだったので、こちらでは沢山歌って下さり大満足。「星から振る金」という曲がもう、すばらしくて感動物ですよ!
山口さんは相変わらず山口さんで(笑)女性を侍らせたり、コロラド大司教様やりたい放題(笑)古川くんとのデュエット?掛け合いの歌もありちょっとエリザの闇が広がるを思い出したり、なんかもう山口さんは観られただけで嬉しい、ただのファンです。
市村さんを生で観るのは何年振りだろうwスイニートッド以来???昔に比べたら、そりゃ確かに年齢重ねておりますが、役柄がモーツァルトの父親なので年相応というか役柄に違和感なく威厳のある父親を演じていて、こちらもさすがベテランという感じでした。
コンスタンツエの平野さん。今年はレディベス、ブロードウェイと拳銃、と平野さんをよくお見かけ致しますね。歌が上手いのはもう解っているので安心して観られました。そういう意味ではナンネールの和音美桜さんも安心。というか、改めて観るとレディベス組多いですね(笑)イケコ演出の舞台だから出演者はやっぱり似ちゃうのかな。

そんなこんなで休憩入れて3時間、なかなか濃い舞台を観させて頂きました。
もう1回、今度は山崎育三郎くんのモーツァルトを観るので、Wキャストの妙、二人の違いなどを観てきたいと思います(^^)

  Dep8ahlVQAA4B_v.jpg
© 徒然日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG